鈴木祥子

2017年8月18日 (金)

8月19日SARAVAH東京「いろいろあったよ、いろいろね」当日券発売のお知らせです。

明日8月19日SARAVAH東京「いろいろいろあったよ、いろいろね」
当日券発売のお知らせです。SARAVAH東京さんのホームページにてどうかご確認くださいませ!


詳細ページ
http://l-amusee.com/saravah/ schedule/log/20170819.php

あなたのお越しを心よりお待ちいたしております♪。

2017年8月15日 (火)

音楽ニュースサイト・BARKSに

音楽ニュースサイト・BARKSに7/17アルテリオ小劇場のライブ・レポートが掲載されました。

◆ニュース : 鈴木祥子 「【ライブレポート】鈴木祥子、時代を重ねる3台の鍵盤楽器との共演」
    https://www.barks.jp/c/DUp9M

伊藤緑さま、どうもありがとうございました♪!

2017年8月 1日 (火)

BEARFOREST RECORDSよりお詫びとお知らせです。

大変申し訳ございません。「鈴木祥子最新録音集」第2刷は9/8(金)の発売となりました。


当初8/15入荷と御伝えいたしましたが、御願いしておりますプレス工場さんの夏期休業の時期に当たることを考慮しておりませんでした。


第一刷をバラつきの無い良い音で仕上げてくださり、国内プレスの品質の高さを再確認した思いが致しました。


配慮が足らず間違った入荷日を御伝えしてしまいました。発売前はこんなに御好評をいただけると予想しておらず、

前のめりなお知らせをしてしまいましたことを、もう一度深く反省して心よりお詫び申し上げます。


9/8にリニューアルして御目見えいたします「鈴木祥子最新録音集~北鎌倉駅/遠く去るもの(ファーラウェイ・ソング)」、

どうか、どうか御期待くださいますよう御願い申し上げます!


ベアフォレスト・レコーズ通販部より。

2017年7月26日 (水)

『鈴木祥子最新録音集』第一刷が

『鈴木祥子最新録音集~北鎌倉駅/遠く去るもの(ファーラウエイ・ソング)』


おかげさまで非常に御好評をいただき、第一刷が完売いたしました。本当にありがとうございました!!

18_xlargemoziiri2_2
増刷ぶんは9/8の発売となります。

メールでのお申し込みは引き続き承っておりますが、お届けは9/8(金)以降となります。入荷までどうか、いま少しお待ちくださいませ。

なお、増刷にともないジャケットや盤面、ライナーノート、インレー(CDケース)などをちょっぴり違ったイメージにリニューアルしております。
そちらもどうかお楽しみいただけましたら大変、幸いです!
寄せてくださったCDのご感想、じょじょに掲載させていただく予定であります。
心のこもったお手紙。。。じゃなくてメール、いつもほんとうにありがとうございます。


(CD・ライナーノート共に、内容そのものに第一刷との変更はございません。)

2017年7月21日 (金)

7月17日(月・祝)『Syoko With Klavier vol,1』

7月17日(月・祝)、暑いなかをアルテリオ小劇場『Syoko With Kkavier vol,1』にいらしてくださって本当にありがとうございました。


連日朝から本当に暑くて、でも翌18日の東京はお昼過ぎから夕方まで雷雨!お天気が1日ズレなくてホントによかった、と思ったのでした。


やっぱり自分のピアノを弾くことにして良かったです。なんだかいちばんの味方がそばに居てくれたような感じ。サスガは永年の親友でパートナーだなァと、ライブで演奏して再認識いたしました。ナーンダ、もっと早くそうすれば良かった。これからはずっとそうしよう!決めた、決めた、おまえ~と道連れに~♪。。。と、思わず遠藤実先生メロディを口ずさみたくなっちゃいます。

レッド&ブラックの鮮やかなチェンバロは「鈴木祥子最新録音集」のジャケットにも写っているのですが、黒い服に赤い口紅とネイルをしたのはチェンバロに合わせたんじゃないのです。なんかその日の気分で赤いリップとネイルをして黒い服で行ったらチェンバロがレッド&ブラックだったのです!


17日、アルテリオ小劇場の赤いシートと真っ赤なチェンバロが何とも似合っているのを見たとき、今日はうまくいく!と確信?しました。ギタルラ社(東京古典楽器センター)さま所蔵のフレンチ・スタイル、二段鍵盤のチェンバロをお借りしました。



そういうシンクロってほんとうに面白い。これだからやめられないゼ、と思ってしまうのです。

ホーナーのクラヴィネットのオモチャっぽいような、シンセサイザーみたいな生楽器みたいな不思議な音も、やっぱり大好きだナーと再確認。

弾きかたしだいでリリカルにもドライにも、ユーモラスにも格好良くもなる。リズムを出せるしアルペジオも綺麗。もっと奏法を工夫して、またクラヴィネットを使って録音やライヴをやってみたいです。

本編さいごに新曲をやるというチャレンジングなココロミでしたが「好き!」「新曲良かった!」と言ってくださる方が多くてホッ。。とひと安心しております。別名「シャボン玉ホリデー・7月の歌」(←に勝手に決めました)本タイトルは「星のまばたき」です!


いつだったかのブログの記事のまるで“書かされた”みたいにアッというまに出来た、というのはこの曲のことで、


本棚を開けたら突然サビの部分が出来て、夜中にパッと目が覚めて残りの部分が出来て、また寝て朝方起きたら完成、みたいな、


自動書記のようなかんじで何の苦もなく出来てしまったので、何か自分にとって意味がある曲になりそうな気がしています。



秋には録音してあらためて聴いていただきたいナーと思いますので、どうか楽しみにしていてくださいませね。サーテ、どんなふうに録るかなァ(←ここからが長いんですよネ、いつも。反省して短縮を計りたいと思います!)


アルテリオ小劇場の池田健児館長、船岡優花さま、技術の堀内敬さま、照明の森下恵子さま、

東京音響通信研究所の大野泰伸さま、石金慎太郎さま、

ギタルラ社(東京古典楽器センター)の吉田忠則さま、

舞台監督の志村典隆さま、プレルーディオの寺部和貴さま、

小学生のころからピアノの調律をしてくださっていて、今回「自分のピアノを使ったら?」と背中を押してくださったピアノサウンドの印南さま、

サウンドクルーの藤井孝志さま、

孝雄さま真紀子さま梅子さま、本当に、本当にありがとうございました。「舞台」を作る楽しさと大変さをあらためて実感し、よりよいものを作ってゆこうとあらたな気持ちになれたのはお力をお貸しくださったおかげです。もういちど、本当にどうもありがとうございました。



美味しいお菓子やお花をいつもありがとうございます!ハンドクラップもリクエストもとてもうれしかったです。しかし久しぶりの舞台空間に緊張し、MCが堅くてスミマセン(涙)。これも反省して改善することを誓います!



vol.1は独りだけど独りじゃない、私とピアノ、そしてチェンバロとクラヴィネットの演奏をお送りいたしましたが、これからもいろんな時代のKlavierたちと共演してゆけたら、豊かで楽しい「音」をお届け出来たら。。。と希っております。どうか御期待くださいませ!!

170715_182501cembalo

先日ピアノが一足さきに行ってしまって、広くなったけどなんだかサビシイ音楽室で孤塁を守る?チェンバロ。

170721_132801piano

ウエルカム・ホーム、やっぱりきみはThere’s No Other.♪。

170718_131102himawari
いただいたひまわり、夏らしくてきれい!

本番直前、顔が硬い(笑)。→170717_162201cyokuzen

2017年7月20日 (木)

久しぶりの京都でのライブが決まりました!

From東京To京都、久しぶりのライブのお知らせです!


Photo
『しょうこの《帰ってきたAbsolutely alone in京都拾得》』

10月9日(月・祝・ジョン・レノンの誕生日。)

於:京都拾得
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/

開場17:30
開演18:30

¥5500(drink別)
2007年いらい何と10年ぶり!に京都に演奏しに参ります。10年何をしていたかというと。。。


生きておりました、いやマジで。アブソルートリーアローン、と銘打って?独りでライブをやるようになったのは、そしてその楽しさに気づいたのは2005年の、京都拾得のライブがいちばん最初だったのです。


いいえ、拾得の良い音を吸い込んだステージが、京都の町が私にそれを教えてくれた、
というのがただしく、その拾得でちょうど10年ぶり(2007→2017)に演奏出来るのが
嬉しくてたまりません。東京で生まれた女が京都に戻って参ります。
あなたに逢える時を待っていたのです。


京都拾得にてメール予約を受付中です。参加を希望される方は、7月17日午前零時より、拾得のメールフォームよりお申し込みくださいませ!

DSD配信中です!

Dpp_140_originalsmall_2




http://www.e-onkyo.com/music/album/beep027/

6/10より、1月7日レコーディング・ライブ『しょうことスタインウエイのお正月』

より4曲、e-onkyo musicよりDSD配信中です!

Audio_2


発売中のNet Audio 7月号、ハイレゾ・レビューのコーナーでも

取り上げていただきました。

1.そしてなお永遠に

2.旅立つことを決めれば

3.この世のどこかに

4.両手いっぱい

DSDネイティブならではの透明感と臨場感。。。低音から高音までを

美しく再現する音を、あなたの耳でぜひ体感してみてくださいませ!

☆1/7レコーディング・ライブの模様をこちらで紹介していただいております♪。

◆NEWS: 鈴木祥子が贈る前代未聞のスタジオ・ライヴ第2弾『しょうことスタインウェイのお正月』の模様をDSD 11.2MHzで!
http://www.e-onkyo.com/news/618/

2017年6月11日 (日)

7月17日(月・祝)『Syoko.With Klavier』は

お知らせが遅くなって申し訳ありません!7月17日(月・祝)アルテリオ小劇場

『Syoko.With Klavier』は全席自由です。どうかお好きなお席にお座りくださいませ。

イーチベアーズ・ミュージックサーヴィスより。

2017年6月 1日 (木)

7月17日『Syoko.With Klavier』のチケットは6/3に発送予定です!

大変お待たせいたしました。7月17日(月・祝)アルテリオ小劇場での

『Syoko.With Klavier』のチケットは6/3発送予定です!

6/1の発送予定からじゃっかん遅れしましたことをお詫びいたします。

到着までどうか、今しばらくお待ちくださいませ!

イーチベアーズ・ミュージックサーヴィスより。

2017年5月 8日 (月)

スズキのあきる野通信♪。

スズキのあきる野通信♪。


近くの渓谷の風景がもう夏です。同じ場所から撮っても全然ちがう!


Photo


←やっぱり4月は春らしく♪ウ~ララカ、ウ~ララカ~♪なのに、


立夏になったとたん男性的でダイナミックな風景→Photo_2


に。。。季節ってすごい、魔法のようです。



じつは4月の終わりから5月の2日くらいまで、妙に気分が不安定だったのでした。アレッ?♪そして体温は不安定~♪な3月は過ぎたのにナゼ?その不安定さが何かこう、心の揺れ、とかいった繊細なものじゃなくぎゅーっ、と圧がかかってるような息苦しいかんじ。


それが5月2日、3日、4日と進むうちにだんだんラクになって、5日になったらパワー全開(?)!まったく普通に戻りました。なんで?と思ったら立夏、そして4月の終わりは春の土用なのでした。


考え過ぎ?!と思ったけれど、後からこの風景を見て納得です。何かがドラマチックに移り変わる時期なんだから、人間にも影響があって当然ですよネ。



そういえばうちの裏は家も建物もない竹林ですし、周りはコンクリート無しのむき出しの土。だから「土の気」が盛んになる土用の気をまともに受けたのかもしれません。特に夜間が凄かった、本当に闇が濃くなって、空気の中に「何かが在る」感じ。ちょっとバリ島に行った時感じたものに似ていました。



こわいとか云うことじゃなく、自然や季節のダイナミックさを身体で感じられることが、ちょっと野性に戻ったみたいで嬉しい(?)スズキなのでした。もうちょっとしたら草刈りしなきゃナ~!

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ