鈴木祥子

2017年12月 7日 (木)

文月想子@広報部です!クリスマスの25日まで、

文月想子@ベアフォレスト・レコーズ広報部☆です!

クリスマスの25日まで、毎週木曜日と(たまに)火曜日のこの時間に、ベアフォレスト・レコーズのイチ推しアイテムをご紹介してゆきます。『火宅の人』ならぬ“火木の女”、『レイニー・デイ・ウーマン』が頭の中で鳴っているのはナゼ?

♪エブリバディマストゲットSTO~NED!


ー今日ご紹介するのはもちろん


『MERRY CHRISTMAS from BEARFOREST RECORDS~ベアフォレストのクリスマス(Complete Edition)』。

Merry_christmas_from_bearforest_rec





こちらのアイテム、岡田崇さんデザインのジャケットは『ブルーノートのクリスマス』を、アイデアはフィレスのクリスマス・アルバム『クリスマス・ギフト・フォー・ユー』を踏襲したという神をも恐れぬチャレンジ作。

鈴木祥子の音楽の中心であるアメリカン・ミュージックからの影響、生まれ育った日本の叙情歌、ふたつの要素がバッチリ♪生かされた仕上がりとなっております。


あ、ちょっと主宰者がやって来たので訊いてみましょう。日本の唱歌・伝承歌のなかでも独特の位置を占める『カチューシャの唄』『竹田の子守唄』を取り上げたのは何故なんでしょう?

「あ、こんにちはスズキです。えーと、これは遠藤実先生の『星影のワルツ』を歌ったことにも通じるんですが、歌詞のなかの♪神に願いを、(ララ)かけましょか、のこの「ララ」が非常に強力なフックになっている、

これが無かったらこの曲はこんなに残っていないだろうというのをインタビューで仰っていて、


メロディというより「歌詞」を伝えるための「歌」、「言葉」のリズムって思ってたよりずっと深いものなんじゃないかって。。。


この頃から「日本語」っていうものに凄く意識が向いてくるんですね。以前はやっぱり、洋楽聴いて育っちゃったので、メロディとサウンドが好きだし大事だったんです。しかし歌、ってやはり言葉を伝えるものなんだって意識が、

『カチューシャ』とか『竹田の。。』を歌ってるうちに芽生えてきた。日本語、母国語の歌。その根幹って何なんだろうとか、凄く考えるようになったんですね。」




「ーあとポイントとしては2曲ともフェンダー・ローズを使って、非常に洋楽的なコードを付けています。『カチューシャ』も『竹田』も純粋なオリジナルにはハーモニーの要素はありませんが、

『竹田』の赤い鳥やオフコースの有名なバージョンはとても洋楽的です。

洋楽的、っていうとそのルーツはもちろんヨーロッパの教会音楽になりますけども、日本のメロディに教会音楽的なコードでハーモニー感を出すことによって、自分の受けた影響をどっちも表現出来る、

それが録音してて凄く楽しかったし、音楽的な聴きどころなのかナーと思います。」


なーるほど、これらの歌を聞く、知っているってだけじゃなく「歌う」「演奏する」ことで意識が切り替わったんですね。


ーそんな鈴木祥子史上重要な(おおげさ)2曲をふくむクリスマス・アルバム『MERRY CHRISTMAS from BEARFOREST RECORDS~ベアフォレストのクリスマス(Complete Edition)』

ただいま絶賛♪発売中です!これを聴くまでクリスマスは終わらない!

Img_0140small_3




2017年11月29日 (水)

こちら文月想子@ベアフォレスト・レコーズ広報部☆です。

鈴木祥子@BEARFOREST RECORDSのツイッターで御挨拶させていただきました

わたくし、ベアフォレスト・レコーズの怪しい新構成員・文月想子と申します。

主に広報を担当させていただきます。ただいま渋谷タワー・レコードで開催中の

ベアフォレスト・フェア。おかげさまで大変御好評をいただいております!

ベアフォレスト・レコーズが送り出してきたファビュラスなアイテム達が、

あなたのお越しをココロよりお待ちしております!!

もちろん最新のクリスマス・アルバム、12月に入りましたら強力PUSH!!してゆきたいと思います!!

ベアフォレスト・レコーズの今日の動向をお伝えするこのコーナー(っていつ出来たんだ?!今ですいま)、ただいま鈴木祥子は金沢を経て富山に居ります。

Photo_2


先週、曲の御依頼のための打ち合わせで代官山にゆき、グッドアイディアを思いついた

そうですよ~。ヒントは30周年!そういえば来年は平成30年、鈴木祥子はデビュー

30周年。。。何かしら運命を感じます!

☆さてここからはベアフォレストのファビュラス☆アイテム達を文月@広報部の

独断で御紹介してゆきますね。

今日ご紹介するのは2010年のシングル、『青空のようにC/Wロックンロールお年玉』。

Photo_3

☆大滝詠一の傑作・1978年作品『ナイアガラ・カレンダー』から6月の曲、1月の曲を

カバー。不可能を可能にする女・スズキが独りナイアガラ・サウンドに挑戦!

アナログ16チャンネルによる一人多重録音に、サキソフォーンはマルチ・リード演奏家の

山本拓夫。カップリングは2009年ジャック達・かわいしのぶ・山本拓夫を迎えた渋谷AXでのライブ録音。

ナイアガラ・サウンドを独りでやる意味って何?とお訊ねの、

ちょとイジワルなあなたにあなた!大滝さんは仰っています、

「ソロソロと足をつけるのではなく、アカプルコの海にいきなり飛び込むのが

ナイアガラ流」と。。。ならば飛び込もうではないか!

そして。。。「この途中に入ってる曲何?なんでこんなの入ってんの?なんか意味あんの?」

と発売当時ネット上に書いてくださったあなた!

Gogo

これは1976年作品『GO!GO!NIAGARA』収録『ニコニコ笑って』の一部ですゾ!

そんなことも知らずにコメントするな!

ナイアガラーを名乗るな!(と、思わずアツくなる主宰者、ま~押さえておさえて。。。)

このシングルを作ったとき、その「途中に入ってる」状態のことを大瀧さんは

『ニコニコ・メドレー』と呼んでくださいました。

「ニコニコ顔、しかめっつら、きみはお天気やさん。。。」と歌う『青空のように』と、

「だからだからこっち向いて、ニコニコ笑ってよ。」

と歌う『ニコニコ笑って』を、(勝手に)繋げた意味をわかってくださったのです。

「あの『ニコニコ・メドレー』はみぞおちに来ました。」

そう言ってくださった言葉は、ミュージシャンとしてのわたしの一生の誇り、宝物です。

そんな『青空のように』のシングル、ベアフォレスト・フェアにてSOLD OUTと

なりました!残念というのか嬉しいというのか、もうわたし(主宰者)の手元にも

一枚たりともありません!!御好評心から、心から感謝いたします。

ほんとうにありがとうございました!!

☆いかがでしたか?『青空のように』のソールド・アウト、ほんとうにうれしいです。

文月想子@ベアフォレスト・レコーズ広報部がお伝えしました。SEE YOU NEXT DAY!

(←って明日!)

Photo_4

↑きのうの主宰者です。あんまし寝てないので眠そうですがこの後爆睡したそうです。

2017年11月27日 (月)

『MERRY CHRISTMAS fromBEARFOREST RECORDS~ベアフォレストのクリスマス(Complete Edition)』お申込みを受けつけております!


Merrychristmasfrombearforestrecords

♪渋谷タワーレコード5F・パイドパイパーハウスさま、ディスク・ユニオンさまでもお取り扱いいただいております!

取扱店舗:新宿日本のロック・インディーズ館/昭和歌謡館/お茶の水駅前店/神保町店/下北沢店/吉祥寺店/池袋店/渋谷中古センター/大阪店
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1007531120
(特典☆ポストカード)

☆galaboxさま(通販)
http://www.galabox.jp/product/486
(特典☆ポストカード)

☆武蔵小山ペットサウンズ・レコードさま(店舗&通販)
http://www.petsounds.co.jp/ordertop.html
(特典☆特製缶バッジ+インタビュー掲載リーフレット)

☆パイドパイパーハウスさま【タワーレコード渋谷店5F】(店舗)
https://twitter.com/PiedPiperHouse

『Merry Christmas from BEARFOREST RECORDS~ベアフォレストのクリスマス~(Complete Edition)』

2017,11.25 RELEASE

2CD w/20p booklet

BECD-018

¥3500(+tax)

BEARFOREST RECORDS

☆CDを希望される方は、タイトル欄に

「クリスマスアルバム」

とお書きになり、

①御名前

②郵便番号

③御住所

を明記のうえ、

eachbearsmusicservice72821@gmail.com

まで!追って詳細のメールを送らせていただきます♪。

__2

Img_0066small

2017年11月25日 (土)

本日発売です!!

『MERRY CHISTMAS from BEARFOREST RECORDS~ベアフォレストのクリスマス(Complete Edition)』本日発売です!!

Merry_christmas_from_bearforest_r_2
「毎日がクリスマスだったら」。。。
それは鈴木さえ子さんの超・名曲のタイトルですが、
まさにそんな言葉を思い浮かべるアルバムになりました☆。
すべての制作管理をして素晴らしく仕上げてくださった平澤直孝さん、
可愛くて暖かい、素敵なデザインをしてくださった岡田崇さん、
透明感ある良い音を作ってくださった中村宗一郎さん、
本当に、本当にありがとうございました!!
聴いてくださった方に暖かい12月をお届け出来たら良いナ。。。♪
☆インターネットでベアフォレスト通販部にお申込みくださった皆さま、
23日の午後に発送をいたしております!入荷の都合上お届けが
じゃっかん遅くなりましたことを、また地域によりお届け日にばらつきが
生じますことを、心よりお詫び申し上げます。
どうか到着まで今すこしお待ちくださいませ!!

2017年11月17日 (金)

11/20『パイドパイパーアワー』に出演させていただきます♪。弾き語りします!

11/20(月)20時~、パイドパイパーハウス店頭から生放送の音楽トーク番組『パイドパイパーアワー』ゲストでルルルルズのみなさまとともに出演させていただきます。どうか御覧になって&遊びにいらしてくださいね。弾き語りもします♪!

2017年10月26日 (木)

クリスマス・ライブのおしらせです♪。

☆お申し込みが定員に達しましたので、受付をしめきらせていただきました。

たくさんの御予約、本当にありがとうございました!!

☆☆クリスマス・ライブのおしらせです!

_


「ベアフォレストのクリスマス・in横浜日ノ出町」

日時:2017年12月16日(土)

於:横浜日ノ出町・試聴室その3
http://shicho.org/

横浜市長者町9-159 第一田浦ビル2F

出演

鈴木祥子(piano,vocal,FenderRhodes)

開場17:00

開演17:30

(演奏終了は19:30過ぎを予定しております。)

前売り予約

¥5500+1drink(¥500)

※試聴室その3のホームページにて予約受付いたします。

http://shicho.org/2017/12/3event171216/


12月は日ノ出町試聴室その3で、ベアフォレストの聖夜を(ちょと前のめりで。。。)御一緒いたしませんか?

試聴室その3のアップライト・ピアノはとても柔らかく素敵な音。ピアノさんが歌ってくださると歌は頑張らなくても歌になる、これ音楽のナナフシギ。そんな不思議がたくさん起こる一夜になること請け合いなのです。




Merry_christmas_from_bearforest_r_2


この日は2012年に発表したクリスマス・アルバムの再々リイシュー、その名も「コンプリート・エディション」発売記念ライブ。

素敵な予感に煽られて、アルバムで大活躍
なさっているフェンダー・ローズさん↓も張り切って登場。ひとりじゃないって素敵なことネ。わたしとピアノとフェンダー・ローズ、

Fenderrhodes_3


三人が繰り広げるベアフォレスト仕様の聖夜にぜひ御期待くださいませ☆。

2017年10月18日 (水)

京都拾得3。

京都拾得のライブにいらしてくださったかたから、

とても素敵なメールをいただいたので掲載させていただきますネ。

「Absolutely Alone@拾得、参加させていただきました。
10年ぶりの祥子さんの生歌に感激しっ放しでした、
ありがとうございました!
 
まさか”Hourglass”で始まって”Farewell Song”で本編が終わるなんて
夢にも思いませんでした、あまりにも素敵なサプライズです。
切れ味抜群の”Frederick”、大好きな大好きな”I was there,I’m here”、
「この愛を」のピアノ間奏なんてもう、どう感想を書いていいのか分からない
くらい感動的でした。
 
個人的に1番心に沁みたのは”5years,/AND THEN...”でした。
祥子さんはいつも本当に真摯に自分自身に向き合っていらして、
私達が自分では手の届かない、心の奥深くにある感情を、
祥子さんの歌はいつも呼び覚ましてくれる気がします。
うまく言えませんが、そんな歌を聴かせてくれるのは、私の
知る限りでは祥子さんだけなのです。
 
歌もピアノも飾りなくダイレクトに客席に届く「拾得」は、”Absolutely Alone”
にはピッタリだと思います。
本当に長い間ずっと待ち続けていましたが、祥子さんの歌声を聴いた瞬間、
10年会えなかった事実が、どこかに飛んで行ってしまった気がしました。
CDももちろん良いのですが、やっぱり祥子さんの歌は、生で聴くのが100倍素敵です。
 
4か月後にまたお目にかかれるなんて、嘘みたいな話ですが(笑)
くれぐれも無理をなさらぬようご自愛ください。
いつもここでお待ちしていますから。
お母様手作りのアームバンド、商品化が楽しみです(笑)
 
今日は本当にありがとうございました。すごく幸せな気分です。
おやすみなさい。」
_
武井祐二さま。
こちらこそほんとうにありがとうございました!御返事が遅れてしまって
ごめんなさい。
10年間、5yearsの2倍ですネ。ほんとうにそんな時間が経ったなんて
嘘みたいです。嘘だったりして。。。
absolutely aloneっていうタイトルは、2005年当時半ばヤケクソで(笑)
つけたタイトルでした。京都に行って、友達もいない、知り合いもいない、
東京に帰りたい(自分で京都に住みたい!と思ったクセに)、と
毎日泣いていまして、そしてまた2005年の冬は京都史上1.2を
あらそうくらいの寒さでほぼ毎日雪だったのです。
もういいや、寒いしさびしいけどこうなったらとことん独りを満喫してやる、
独りだからできること、視えてくるものがきっとあるにちがいない!。。。
ね、ヤケクソでしょ(笑)?そんなふうにしてはじまった拾得での独りライブ、
2007年に東京に戻って、それから10年経ってふたたびお逢いできたことに、
何かしら意味を感じずにはいられません。
そうそう、たしか2005年は「歌、そしてコトバ」ってサブタイトルがついていましたね。
あのときは「歌、ってなんだろう、言葉、って何?」
という疑問符いっぱいでつけたんだと思いますが、
今は言葉って素敵だなー、歌っていいナ。
素直にそんな気持ちになったりしております。
♪あたし、あのころより成長したのかな?(笑)。
長くてごめんなさい、来年にきっとまたお逢いできること、
わたしも心から楽しみに待っています。
(ちかぢか日にちをお知らせできそうですヨ!)
p.s
アームバンド商品化計画。。。地味ぃに進行中でアリマス♪。
鈴木祥子。

2017年10月17日 (火)

10/9(月・祝)京都拾得セットリストです。

10/9(月・祝)京都拾得 『しょうこの≪帰ってきたabsolutely alone in 京都拾得≫』

setlist

1.Hourglass

2.(Don't wanna be )SAVED

3.愛の名前

4.この愛を

5.Frederick

6.愛と幻想の旅立ち

7.45minutes

8.I was there,I'm here

~ジョン・レノン生誕77年記念♪ジョン曲縛りリクエストコーナー~

9.Girl~トロイカ(ロシア民謡)~小さい秋見つけた(スラヴ旋律三大噺。)

10.Help!

11.Woman

12.Weaver of love~愛を織る人~

~リクエスト・コーナー~

13.風待ちジェット(ワンハーフ・ヴァージョン)

14.忘却

15.Farewell Song

en,

1.東京で生まれた女

2.5 years,AND/THEN...

3.星のまばたき

4.風の扉(a capella)

2017年10月16日 (月)

10/9京都拾得2。

10/9に拾得にいらしてくださったみなさま、あらためて本当にありがとうございました。とても暖かいメールをたくさんいただきましたのに、まだ御返事も出来ていなくてごめんなさい。


そう、ライブの前って「ひどい演奏になりそうな予感」がして恐いのですが、10/9はナゼかそれが最高潮だったのです(涙)!


理由はいくつかあるのですが、10年ぶりの京都、10年ぶりの拾得というブランク、「その日にその街に着いて演奏する」という感覚をすっかり忘れてしまっていたこと、


拾得のピアノは独特の堅めのタッチで、とても良い音なのですがどう弾けば歌ってくれるのかがなかなか掴めず、リハーサルでもまだ掴み切れていなかった。。。そんないろいろが理由だったと思います(ピアノって一緒に歌ってくれるようになるまで、なかなか時間がかかるのです。)

2階の楽屋で18:19くらいになってから「今日ちゃんとやれるでしょうか?!」ってコイン占いしちゃったくらい恐かったです。


コイン占いの結果は。。。良かったのです、これが。。。それに勇気づけられて?やり始めたらやっぱり、楽しいとか緊張するとかハチのアタマとか言ってる場面じゃなく今演っているこの曲を生かし切るというか、


曲が曲として存在出来るのはそれが演奏されるから、誰かに歌われるからなんですね。録音が残るってことは重要なことですが、それとちょっと意味がちがうというか。。。


その曲が自分を通して肉体をもつ=生きるときに、それを目撃してくれる、体感してくれるひとが居るって本当にすごいことです。拾得ではそのことにしんそこ感動してしまって。。。


演奏家のいちばんの師は誰よりも良き聴き手なのである、と中村紘子さんが書いておられましたがもう、まさにその通りなのです。。。わたし、本当に素敵な師に恵まれている。終演後に笑顔で話しかけてくださってとてもとてもうれしかったです。

本当に、本当にありがとうございました。


拾得の素晴らしいスタッフのみなさま、オーナーのテリー様、奥様のふみこ様、良い音と素敵な環境と、やさしい御心遣いを本当にありがとうございました。


「歌声喫茶・風の扉」京都店、いや~楽しかったですねェ~。。。4か月後にまた京都でお逢い出来ることを心から楽しみにしております!(←前のめり)。

Syoko_sunglasses_3

10/9、8時5分の電車で新横浜駅に向かっているスズキ。既に緊張の色が!

2017年10月 4日 (水)

ジョン縛りリクエスト途中報告。

From東京To京都、久しぶりのライブのお知らせです!


Photo
『しょうこの《帰ってきたAbsolutely alone in京都拾得》』

10月9日(月・祝・ジョン・レノンの誕生日。)

於:京都拾得
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/

開場17:30
開演18:30

¥5500(drink別)
2007年いらい何と10年ぶり!に京都に演奏しに参ります。10年何をしていたかというと。。。


生きておりました、いやマジで。アブソルートリーアローン、と銘打って?独りでライブをやるようになったのは、そしてその楽しさに気づいたのは2005年の、京都拾得のライブがいちばん最初だったのです。


いいえ、拾得の良い音を吸い込んだステージが、京都の町が私にそれを教えてくれた、
というのがただしく、その拾得でちょうど10年ぶり(2007→2017)に演奏出来るのが
嬉しくてたまりません。東京で生まれた女が京都に戻って参ります。
あなたに逢える時を待っていたのです。


京都拾得にてメール予約を受付中です。参加を希望される方は、7月17日午前零時より、拾得のメールフォームよりお申し込みくださいませ。
☆生誕77周年ジョン縛りリクエストにたくさんのメール、本当にありがとうございます!!
いまのところ「Woman」、「Girl」強しであります。私は女なので男性目線で歌うことになりますが、
ジョン・レノンの女性観にはほんとうにマン・リブを感じます。ウーマン・リブに対してのマン・リブ、
つまり「男だから」強くなくたっていいんだ、「男だから」泣いちゃいけないなんて
思わなくていいんだ、というシンプルな視点。。。
ジョンの人生にとってヨーコの影響はほんとうに、ほんとうに大きいものだった。
そのことがようやく偏見なしにひとびとに伝わって、やっと共有されはじめた。。。
ってことを最近強く感じるので、それを反映したリクエストでもあるのかナ??なんて
思うのでした!

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ