鈴木祥子

2019年4月 3日 (水)

『It's Monday,A New Day5/20』

こんにちは、ウィーン帰りの(笑)「かつて鈴木祥子といわれた女」です。

呼ばれた、でも云われた、でもかまいません。

『It's Monday,A New Day5/20』菅原弘明さんと郷田祐美子さんと共に

カバーと、それに新曲だけを演奏します。鈴木祥子の曲、も少し

やるかもしれません。次の場所へ、あたらしい場所へ向かいます。

520_1

いま言いたいことは

「命令なんか聞けるか!」

。。。と申しますのも、Wienに住みたいとまで思った理由のひとつに、

「ロ〇コン・ア〇メ絵」

がどこにも無い、

そもそもそういったものが存在しないし

そういう概念自体が無い、

ということがあります。

インターネットに接続すれば、

電車に乗れば、

駅のホームに立てば、

強制的に視界に入ってくる

「ロリコン・アニメ絵」。あ、書いちゃった。

あれが視界に一瞬たりとも存在しない日々のなんという心地よさ!!

強制と命令はどう違う?違わないと思います。

今強制と感じるものが、命令になったらどうするのか?

精神の自由=命を、いったい誰が守ってくれるのか?

音楽は自由です。強制や、命令とは何の関係もありません。

鈴木祥子、という人は私ではありますが、

鈴木祥子、の名前で何か規定されるものがあるのならば

そんなものは必要無いし、

鈴木祥子が作ったものはそのまま、そこに在ればいい、

関わってくれた人の音ともに、すごく好きだしこれからもずっと演奏してゆくでしょう。

いま思っているのはこんなことなのです。

P・S

さきほどHarmonyという音楽の言葉が元号の説明(対・外国)に使われている、

というのを聞いて、ウィーン帰り(笑)の私の怒りが爆発しました。

外国は日本より進んでいる、勝っている、そういう概念を植えつけてきたのは

誰だったのか?外国は進んでなど、勝ってなどいません。

寧ろ古いもの、受け継がれたものを大切に守っています。

見てきたばかりの街並み、楽友協会ホール、オペラ座、シュテファン寺院、

モーツァルトの家、ザンクト・マルクス墓地、

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の音。

みな古いものです。残っている、残している、護っているのです。

何を?

文化です。それによって生き、それによって生活し、歴史を受け継ぎ、

力を与えられ、さらに明日を生きてゆこうとする意志です。

それを壊しておいて何がハーモニーか。ふざけるのもいい加減にしろ。

P・S2

ちょと説明不足だったかもしれないので補足したいと思います、

西欧最高!日本も見習うべき!ということを言ってるのではなく、

西欧が日本より優れているとか、進んでいるとか、

今までさんざん聞かされ、思いこまされていることがおかしいと思うのです。

私個人が感銘を受けたヨーロッパの壮麗な建造物、音楽、

それとは異質な優れた文化を日本は持っているのに、その文化を失くそうとしてきたこと、

いまも失くしつつあることに抵抗したいのです。

“脱亜入欧”。明治政府がスローガン?としたというこの言葉を、こんなにも

空しく感じたことはありません。

入欧、と云った時点でもう、甚だしく間違えている。

そこから卑下に転じるなら、それもまた著しく間違っている。

それが元凶だった!と思い知ったウィーンへの旅なのでした。

 

 

 

2019年3月27日 (水)

「鈴木祥子」の年季も明けて。。。

 


先日金沢に行った帰り、参加させていただいている句会のための「春」の


句をかんがえていて、やはり時節柄平成、という言葉を使いたいナーと思い、


平成に終わり告げたる桜かな


というのを作りました。お恥ずかしい!金沢で作ったほかの句は


白山の頂白く春の朝


うすみどり冴えて春服出番なり


 


Img_3009


 


ピンク、白、うすみどりの“色シリーズ”でせまってみました。白山の頂は本当に真っ白で美しく爽やかで、


アルプスの雄大な眺めとともに、


「日本の景観って、自然ってほんとうに素晴らしい。。。」と、


心から感じ入ってしまいました。


同時に感慨深く思ったのは、ほぼ平成とともにデビューして、ほぼ平成の終わりとともに


30周年を迎え、それを終えた「鈴木祥子」という人のこと、


それは私自身にはちがいないのですが、


そもそもの始まりが「シンガー&ソングライター」としてのデビューだったので


今までそれを生きてきた、という一面もあったかと思うのです。


。。。そう言っては語弊があるのですが、


「シンガー&ソングライターの鈴木祥子」って人は30年で完結した!って気がしました。


やり残したことも、後悔も全然ありません。


すごく誤解を招く言い方ですが、あれは過去になった、終わったって意味じゃなく、


自分という人間を知るための、音楽家としての自分を作るための30年が過ぎて、


平成の終わりとともに次の自分、次の音楽。。。が生まれてくるような予感、というか革新、


(あらっ、確信、って言おうとしたらこの字が出てきたのでこのままにしますネ!)


そういうワクワク感でいっぱいになってきたのです。


どんなふうなやり方、活動になるかはまだわかりませんが、プリンスみたいに(畏れ多い!)言うのなら


かつて「鈴木祥子」と呼ばれた女、がこれからどんなことをやるのか、どんな音楽をつくるのか。。。


ぜひぜひ御期待いただければ、、、と思います!あ~なんかワクワクする♪。


Img_3017


 


 


明後日はゴーインto Austria,以前ドイツに行ったときは英語があまり通じなくて


ジェスチャーとダンケシェ~ン!で乗り切ったが今回はどうか?!

2019年3月12日 (火)

3/9(土)横須賀ヤンガーザンイエスタデイ『港のショーコ・クリハマ・ヨコスカ』

3/9(土)横須賀ヤンガーザンイエスタデイ『港のショーコ・クリハマ・ヨコスカ』に
いらしてくださって本当にありがとうございました!
twitterにも素敵なコメントをありがとうございます(いつも
とっても嬉しく読ませていただいております♪!)
素晴らしいミュージシャンの素晴らしい演奏に
ただ身をまかせていればいい。。。歌い手冥利、とはこのことだと思います。
本当に楽しくて最高の夜でした。
いっしょに演奏してくださったDr.kyOnさま、
矢部浩志さま、名村武さま、菅原弘明さま、
Kyonsanntosuzuki
本当にほんとうにありがとうございました。
7月の東京と京都、
11月の神戸と3月の横須賀、
30周年の節目のツアーを御一緒していただけたこと、
心から嬉しく誇りに思います。
Hiroakisannyabesanntosuzuki_4
(ばたばたして名村さんとツーショットを撮っていなかった(涙!)。。。
何か3/9は30周年年、ラストをしめくくる
リベンジ編?だったこともあって、
30年の年季も明けて。。。っていうのは
はんぶん洒落で言っていたんですけども、
本当に
年季が
明けた!!!(嬉)
って気分なのです、何なのでしょうこのかつてない解放感は。。。
たぶん、いろいろなこと、主に音楽のことですが、つまりデビューしてからやってきた形というかルールというか、
30年それをやって(途中休止もありつつ。。。)来れたことへの感謝と、
ともすればその「形」に縛られていたこともあった、という反省?と、
もうそういうものに縛られなくていい、
という解放感なのかナ、と思います。
ひとりで圧を感じ、自分に何かを押しつけたり
思い込んだりというのは本当に、ギャグみたいですがその時は
超・大真面目です。
デビューして2年くらい経った頃、
24~5くらいの生意気盛りというか、自分は音楽をこんなふうに考えてる!
私はミュージシャン、若いからってナメられたくない、
女の子っぽく見られたくない!
。。。とかそういう自意識がありました。
先日Cranberriesのドロレスのことを書きましたが、
彼女にもきっとそういう思いはあっただろうと思います。
先日横須賀で演奏した「光の駅」という曲が入っている
『Long long way home』
のジャケット撮影のとき、ぜったい女の子っぽく写りたくない、
ブリッ子みたいに思われたくないと思っていて、
自分としては「クール」で「大人っぽい」(←笑、)
表情を作った。。。つもりになっていました。
その写真がこちらです。
Syoko24
ポーっとした若い女の子、いがいの何者にも見えません(笑。。。)大人っぽいとか
ぶりっ子は嫌だとか、その過剰な自意識は何だったのでしょう。
自分は自分いがいの何者にもなれない。
よく言われることですが実感するには時間がすごくかかる、
場合がある。私は私、という自信と確信が無い、あっても
じゅうぶん育っていない。。。せいなんだと思います。
(長くなったのでつづきます!)

2019年3月 5日 (火)

30年の年季も明けて、3月9日(土)鈴木祥子IN『港のショーコ・クリハマ・ヨコスカ』


Syoko2019a
鈴木祥子デビュー30周年ラスト、最強の男たちと共に

最高のセットリストでお送りするめくるめくロックンロール・レヴュー、

30年の年季も明けて、サンキュー(3/9!)の日のサタデーナイト、

港町ヨコスカにふらり、と降り立った女ドラマー・ショーコの

明日はどっちだ?!

『港のショーコ・クリハマ・ヨコスカ』

日時;2019年3月9日(土)

於;横須賀・ヤンガーザンイエスタデイhttp://www.yty-jp.com/

open;16:00

start;17:00

入場料 

¥8200(+1drink/1food)



Syoko2019b 横須賀ヤンガーザンイエスタデイ/リベンジ編、

御予約を受付いたしております!

1.御名前

2.御住所

3.参加人数(2名さままで)

をお書きになり、タイトルを

「3/9横須賀」として

eachbearsmusicservice72821@gmail.com

までお寄せくださいませ。追って詳細のメールをお送りいたします。

members;

鈴木祥子 Lead Vocals,Drums

Img_1653


菅原弘明 Guitars

Img_1654


名村武 Bass

Img_1655


矢部浩志 Drums




Img_1652


Dr.kyOn Keyboards,Guitars

 

2019年2月23日 (土)

ベアフォレスト・ミュージック・ワークショップ?!

1ecaccbb6ff84d0695a780234e9f1fd0

絵本みたいな雪景色!

Twitterのほうにコメントをくださってありがとうございます!
あ、2月だから「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」歌いたい、と思い、手元のiPadを
分厚いクレイジー・キャッツ写真集とパウル・クレーの画集で押さえながら(タブレット・スタンド未所持、)
歌ったのですが、

気に入っていただけて嬉しい〜!

そのときふと歌いたいと思った曲をこんなふうに、ふとアップしてゆけたら、と思います。
それが自分らしいSNSとの、最新のキカイ?との接し方なんじゃないかとも思いました。

不定期・洋邦・新旧問わず、あきる野のスズキ宅・旅先・屋外(?!)そのとき居る場所から。。。
そのうちゲストもお呼びしてベアフォレスト・ミュージック・ワークショップ、みたいになったら
面白いナ〜、なんて勝手に想像しております(理想は『ロニー・ウッド・ショウ』!)

何度も何度も聴いて親しんでる曲も、歌ってみるとまた新鮮な発見があるのです♪。


C2bf53a3f87044469ef4c59483c8d32e

北に行くのよ北へゆく〜♪。

2018年12月15日 (土)

『Syk30/721』♥️『THE COMPLETE WARNER RECORDINGS』♥️一般発売を開始いたしました!

スズキ初!フル・ライブアルバム『Syk30/721』、御好評をいただいている『THE COMPLETE WARNER RECORDINGS』、クリスマスの定番!『Merry Christmas from BEARFOREST
RECORDS』の一般発売が始まりました!

Syk30721

取り扱ってくださるお店は

■パイドパイパーハウスさま(タワーレコード渋谷・5F)
https://twitter.com/PiedPiperHouse

■武蔵小山ペットサウンズレコードさま(店舗及び通販)
http://www.petsounds.co.jp/

■disk unionさま(各店舗様及び通販)
「Syk30/721」
https://diskunion.net/jp/ct/detail/1007819692
「THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000」
https://diskunion.net/jp/ct/detail/DF181025-012
「Merry Christmas From BEARFOREST RECORDS」 https://diskunion.net/jp/ct/detail/1007531120

■galaboxさま(通販)
「Syk30/721」
http://www.galabox.jp/product/508
「THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000」
http://www.galabox.jp/product/507
「Merry Christmas From BEARFOREST RECORDS」
http://www.galabox.jp/product/486

■amazon(通販)
「Syk30/721」
https://www.amazon.co.jp/dp/B07L4HW2J9/
「THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000」
https://www.amazon.co.jp/dp/B07H384VHN/
「Merry Christmas From BEARFOREST RECORDS」
https://www.amazon.co.jp//dp/B077SZ3YXF/

また「THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000」は、
一般発売に伴いイーチベアーズ・ミュージックサーヴィスでの
販売を締切らせていただきました。たくさんのお申し込み、
まことにありがとうございました!

 

2018年12月11日 (火)

1/26(土)シンポジウム&ライブ、予約を開始いたしました。


1/26(土)横浜日の出町・試聴室その3で行われる
「シンポジウム&ライブ/アルバム『SWEET SERENITY』を考える」
予約を開始いたしました!こちら👇の試聴室その3のメールフォームから
御申し込みくださいませ❣️

http://shicho.org/2019/01/3event190126/


2018年12月 9日 (日)

2019年1月26日(土)「シンポジウム&ライブ/アルバム『SWEET SERENITY』を考える」

もう来年のお話をする季節になってまいりました!2019年1月22日、

Serenitysweet
鈴木祥子の2008年作品『SWEET SERENITY』がニュージャケット、

ニュー曲順、ニュー音源を2曲収録、充実の2018年アナログ作品として

発売になります♪。

1月26日(土)、横浜試聴室その2にてシンポジウム&ライブの最終回が決定いたしました。

鈴木祥子デビュー30周年記念シンポジウム&ライブ第3回・「アルバム『SWEET SERENITY』を考える」

日時:2019年1月26日(土)
於:横浜日の出町 試聴室その2

開場:17:00
開演:18:00

参加料

¥4000

Img_1094_4
デビュー30周年記念シンポジウム&ライブもいよいよラスト、第3回目は2008年作品、
2019年1月22日にGREAT TRACKSよりアナログ盤の発売が決定している『SWEET SERENITY』を取り上げます。

2008年、それはあのリーマン・ショックの年。スズキ・デビュー20周年の年は
波乱また波乱、の1年でした。その中で生まれたこのアルバム、外見はタイトルどおり
穏やかでSWEET、中身は。。。聴いてくださった方にいろいろな御意見を
うかがいたく、ぜひこのアルバムの第一印象や10年後のいま感じること、を
教えていただければ幸いです。

10年という月日は私たちにとって、音楽にとって、どんな意味があったのでしょうか。10年前(2008)と現在(2018)で変わったことは、また変わらないことは何なのでしょうか。

当日は討論?必至、ラストにして波乱の?!シンポジウム&ライブ第3回『SWEET SERENITYを考える』、アルバム全曲演奏とともにお送りいたします。

こちらはBEARFOREST RECORDS lnあきる野、あたし、あの頃より、
成長したのかな?

SONYMUSICのサイトに、

「SWEET SERENITY」発売日含め追加情報が公開されました!

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=DQJL000000733

  ☆更新情報☆(2018/12/6)


Img_1094_7
●発売日が決定しました。

122()発売.。

●ジャケット写真が変わりました。

鈴木祥子本人の希望によりジャケットの絵柄がCDとは変わり、よりアナログ盤らしいデザインになりました。

カメラマンの舞山秀一さんの写真をオリジナル・デザイナーの平野文子さんが新たにデザイン。

●曲順が変更されました。

アナログ盤は収録時間で音質が左右されるため、なるべくA面とB面が同じ長さになるよう曲順を変更しました。

●セルフライナーノートが掲載されます。

CD発売から10年後の2018年、鈴木祥子が全曲を振り返って解説を書きました。

セルフライナーノート「10years,/...STILL IN LOVE.」

●カッティングはSony Music Studios Tokyo

カッティングは鈴木祥子立ち合いのもと、オリジナル・トラックダウンマスターを再マスタリングし行われました。

http://eachandeveryday.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/sweetserenity-6.html

2018年11月15日 (木)

11/11横須賀YTYの振替公演が決定いたしました!


11月11日横須賀ヤンガーザンイエスダデイの
振替日が決定致しました!

港のショーコ・クリハマ・ヨコスカ

日時:2019年3月9日(土)
於:横須賀・ヤンガーザンイエスタデイ

開場;16:00
開演;17:00

入場料
¥8200

お申し込みの詳細はもうしばらくお待ちくださいませ!

本当に、ほんとうにお騒がせいたしました。このお知らせが出来て
よかった。。。少し先になってしまいますが、最高の
ロックンロール・レヴューにすることをお約束いたします!!

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ