音楽

2017年4月14日 (金)

しょうこのリスニング・ダイアリー。『ラフマニノフ自作自演集』




1196011162_2


『ラフマニノフ・プレイズ・ラフマニノフ』を聴いていると、もうジャズやロックンロールのほんの一歩手前というか、クラシックを聴いているという感じがしない。分厚いハード・ブギーとかエキセントリックなハード・バップ、みたいな感じさえする。



バッハを聴いていても異常にジャズを感じることがあるけれど、ラフマニノフの“ジャズ感”はもう殆どロックである。



それにしても何と高貴な美しいタッチ、何と沈鬱な曲であり音色なのか。何だか湖の水が蒼く鈍く光るような音。気持ちがその湖に沈んでいってしまうので、あまり長時間聴きたくないってのも本音だ。
~35分経過。~
ア~もう限界!こんなピアノを聴いていたら心理療法やセラピーでも受けたくなってしまう。「近代的自我」という病、ってフレーズが浮かんできて仕方無い。



ラフマニノフ、もの凄い天才だけれど私には合わなかった。マーラーとかブルックナーがダメであるように、ラフマニノフもまた♪駄目な私ネ~~♪なのであった。やはりしんそこ魅きつけられるのはバッハ師匠やアマデさん(モーツァルトのことデス)=バロックから古典派、ロマン派はショパン様までなのであった。


近代以前の音楽は純粋に「音楽」そのものに聴こえる。自我や自意識ってものが多量に混入していない。



ラフマニノフもマーラーもブルックナーも、音に混入した自意識の割合が大き過ぎ過剰過ぎる、というふうに聴こえる(いや凄い人たちなんですけどネ、音楽はホラ、趣味趣味なものだから。。。)


ともすれば「音楽」より「俺の苦悩」とか「俺の葛藤」とかが前面に出てきてうるさい(と感じる)。だから苦手。って話が終わっちゃった!


アマデさんは「俺の苦悩」も「俺の葛藤」もあらわれる前に音にしてしまう、音に「移し変え」たり音にしようと「意図したり考え」たりする時間が皆無。葛藤も苦悩も、舞い上がるような高揚や至福のように表現してしまう。生と死が、歓喜と絶望がひとつのものになってしまう。



(35分だけど)ラフマニノフを聴けば聴くほどアマデさんが恋しくなって戻って来てしまう。
ラフマニノフの音はこの上なく美しい、が、恐い。



モーツァルトも美し過ぎて怖いがあの恐さとなにか根本的にちがう。モーツァルトは聴き手の心を薔薇色の天空に誘うが、ラフマニノフが誘うのは蒼く鈍く光る湖の底なのだ。

2017年3月27日 (月)

『英雄』完走!

「英雄ポロネーズ」ついに完走。


やったやったーミスタッチ全体で3回くらいしたけど、オクターブ連打のリピート・タイムで一回止まっちゃったけど、


「英雄ポロネーズ」ついに完走。14のときの夢に何と、51にもなって手が届いた!うれしい!!勝手にテンション高くてスミマセン!(くわしくは2015年12月2日とか2016年7月7日とか、2016年8月31日の記事をお読みくださいませ。)


ショパン様の誕生月のうちに完走出来てよかった。。。2017年はショパン様生誕207年だ。


何だかしみじみと嬉しい、この嬉しさは何だろう。14のあたしが51の私をちょっと、だいぶ見直しているせいかもしれない。

もっと練習してもっと自分の演奏になったら録音してみよう。その時はぜひ聴いてやってくださいませね。

夜な夜な練習↓。この「夜連」が非常~に、ヒジョ~に役立った。

タイヘンだったけれどやっぱり転居してよかった(涙)!

170324_194902

5/17に発売される『コイズミクロニクル1982~2017』に

20170321koizumikyoko02_2


2017年5月17日に発売される小泉今日子さんのコンプリート・ベスト

『コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト1982-2017』

に『優しい雨』が収録されます!(初回豪華特典BOOK1「コイズミシングル~小泉今日子と50の

シングル物語」では『優しい雨』の制作秘話?をインタビューしていただきました)。

2017年2月25日 (土)

リハーサル快調♪♪!

Dpp_41_originaljpgsmall_2

Dpp_204_originaljpgsmall

Dpp_28_originaljpgsmall2_2

Dpp_229_originaljpgsmall

2017年2月12日 (日)

谷津干潟自然観察センターに、

Yjimagea11b8ge9


山本拓夫さんの木管六重奏グループ・Haloclineの演奏会を

谷津干潟自然観察センターに聴きにゆく。

木管楽器のアンサンブルに惹きつけられたきっかけは忘れもしない、

モーツァルトの『フリーメイソンのためのレクイエムK.477』と、

『グラン・パルティータK.331』だった。

ひそやかでひめやかで、それでいて心の奥に入り込んでくる深い音色。

弦ともちがう、声ともちがう独特の重層感。

木管楽器=WOODWINDというように、風の音、水の流れ、空気の揺れ、

自然のなかに在る「音」(あるいは「無音」)にいちばん近い気がする。

パウル・クレーが「音楽の構造や秩序を絵画で表現する」ことを目指した、

Haloclineの音を聴いているといつもそのことを想い出す。

「自然の構造と秩序を音で表現した」なら、それはHaloclineの音楽になる。

演奏会が終わってセンターの門を出たら、

恒星みたいな満月が干潟のうえに浮かんでいた。

170211_205501

谷津商店街で素敵な喫茶店をみつけて、テーブルの真横の

大きなアンティークの本棚を開けてみたら、まさにちょうど目のまえに

アマデさんの評伝(高橋英夫さん著『モーツァルト』)!1時間かけて

完読。シンクロしちゃうんだなァこういう時って。。。

アマデさんの音楽に間違いようもないくらい強くあらわれている

歓喜と絶望の理由がわかった。ほかならぬアマデさん自身が歓喜と絶望のなかで、

命の際で生きていたからだ。

なんだか言葉にならない畏れのようなものを感じながら、

ト短調シンフォニーを口ずさんで京成谷津駅に向かった。

2017年2月 2日 (木)

明日2/3は

ソールドアウトしておりますが、当日券があるかも??

0368055077

エムズ・カンティーナ

までお問合せくださいませ!

明日も北風がつよいそうなのでどうか暖かくしていらしてくださいませ。

帰りには暑く(熱く?)なっていることをお約束いたします♪。

2017年1月20日 (金)

2017年2月3日、

ひさびさの新曲のアレンジをしてくださり、これもひさびさのバンド・セットのライブでも

ご一緒する菅原弘明さんと、

駒澤大学エムズ・カンティーナにてライブをいたします!

2月3日といえば。。。バディ・ホリーとジョー・ミーク、

そしてフィル・スぺクターを結ぶロックンロール史上問題の一日。。。

その日にあえて!菅原さんのライブ・シリーズの♪ニュー・イヤー・スペシャル♪、

そして♪『CANDY APPLE RED』DSDハイレゾ配信記念ライブ前夜祭♪の

意味も込めて、メロウでロックンロールな一夜を駒澤大学・

エムズ・カンティーナにてお過ごしになりませんか??

Nejiretirasi2323

<菅原弘明 ネジレたオトコのライブ vol.5 〜新春スペシャル(ゲスト:鈴木祥子)>★2月3日(金)19時開演〜「エムズ・カンティーナ」

★出演:菅原弘明(vo g)/鈴木祥子(vo pf)★1月5日(木)午前0時より予約受付開始:

2017年1月12日 (木)

「OTONANO」webに

「OTONANO」ウェブにライブのお知らせを掲載していただきました♪。

http://www.110107.com/mob/news/newsShw.php?site=OTONANO&ima=0145&cd=TP00426

 

2016年11月27日 (日)

『CANDY APPLE RED』in DSD!

1997年作品『キャンディ・アップル・レッド』DSD配信開始!
Candyapplered


2016年12月21日㈬
e-onkyo music/mora/HD-musicにて
DSD配信が開始されます。
同時に1988年から1997年まで、エピック・
ソニー在籍時の作品を
i-tunes/レコチョク/moraで通常配信。
ただいま『キャンディ・アップル・レッド』
DSD配信記念ライブを計画中ですので、どうか詳細をお待ちくださいませ。

1997⇒2017.

Candeapplesmall8

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ