音楽

2019年4月17日 (水)

『港が見える丘』で逢いましょう。

Hiranoaiko1

 

平野愛子さんのあまりにも有名なこの曲をはじめて知ったのは

大瀧詠一さんがインタビューと、ラジオ番組『日本ポップス伝』で

紹介されていたのがきっかけでした。2010年だったと思います。

儚げでモダンで。。。なんて素敵な曲なんだろうと感動し、

プロデューサー&アレンジャーの山本隆二さんにアレンジと、

ピアノを御願いしてライブで歌ったのですが、

何とも難しくて歌いきれなかった。。。という想い出があります。

いま歌ってみると凄く胸に入ってくるというか、

9年前は所謂「昭和歌謡の名曲!」という認識だったのが、まるで

歌詞の中の女性になってしまったような切なさを感じるから不思議です。

私もちょっとは成長した。。。ということでしょうか(笑)。

 

この曲の音楽的なポイントは(私にとっては)3つあって、

まずオリジナルである平野愛子バージョンのE♭(イーフラット)という調性ですね。

非常に高いのです。最初Cのキーでやってみて、なんか違うナと思い

あらためてオリジナルを聴き直したらE♭でした(高っ)。最高音もE♭なので

音域が広く、それを9年前の私は難しいと感じたのでしょう。

 

これは意図的にそうなっていて、このキーだからこそ地声と裏声を

自在に行ったり来たり出来るのですね。その声の切り替えの面白さ、ユニークさが

まずひとつ。。。

 

そして

♪色あせた桜ただひとつ♪

の色あせ

『た』

の音はB♮(ビーナチュラル)です。

これが私的にはこの曲の最重要ポイント!!

普通に考えたら

色あせ

『た』

の音はB♭(ビーフラット)になるのですが、それをあえて半音上げることで

桜の花びらの散るような儚さ、を醸し出すとともに、

ちょっとジャジーで、オフビートな「外し」の感覚が込められています。

 

私にはそのようにしか聴こえないのですが、いろいろなカバー・バージョンを聴いても

ここは半音上げずに普通に歌われている場合が多い。。。

いやここはBのナチュラルでなきゃ許せません~!(←私見ですが。。。)

 

そしてジャジー、という言葉が出たように、

この曲は4ビートのリズムをもっています。

バラードでは無いのですね。これも普通に考えたら

「バラード然」!としたドラマチックな解釈をしてしまいがちですが、

4ビートのリズムはドラマチックというよりはリズミック、

モダンな軽さと、躍動感を含んでいます。

Kikuchiakiko1

平野愛子の歌唱は同じ昭和22年に発売された名曲『星の流れに』の

菊池章子を思わせるところがあり、

直接的にか間接的にか、アメリカのジャズ・シンガーの影響を受けていると思います。

ちょっと蓮っ葉で艶っぽい、清純、純情というのとは違う感覚、

それがなんとも格好良いのですね。いや、格好良いといっては

語弊があります。だってこの2曲のテーマには「戦争」というものが

抗いがたい影を落としている。

 

「流行歌」が時代とともにある以上、戦後わずか2年で歌われた歌だということの意味を考えずにはいられないのです。

バラードでもなく演歌でももちろん無い、日本風であって和風では無い、歌謡曲から逸脱したジャズのフィーリング。。。

矛盾しています。

そこに留意しないと作曲家の意図からズレていってしまう、

非常に微妙な難しさをもった曲であり(正直、誰がどうカバーしても難しいでしょう。歌っておいて

ムセキニンなのですが。。。)

同時に作詞・作曲の東辰三先生の、非凡な洋楽的なセンス、を感じるところでもあるのです。

 

非凡な、洋楽的なセンス。その言葉から浮かんでくるのは。。。

大瀧さんの音楽!ですね。

だからこの曲を愛し、『日本ポップス伝』やインタビューで何度も紹介されたのだと思います。

こんな勝手な解釈をして怒られるんじゃないか。。。と思いながらも、

これからもどんどん勝手に解釈してゆく。。。(笑)でしょう。

『日本ポップス伝』は何よりも音楽を「考える」ことを教えてくれました。

Img_3680

昭和22年、まだ生まれていません。

戦後ちょうど20年経って生まれたバブル世代&均等法世代&新人類ですが、

昭和生まれ、もいよいよ(昭和当時の)明治生まれと同じポジションに。。。

しかし私はもう元号は使わないつもりです~。

 

 

 

 

2019年3月 4日 (月)

雨の日と月曜日は~Rainy days and Mondaysのゆううつ。

月曜日に雨、とくればこの曲ですネ。雨にまつわる名曲といえば
Bob DylanのRainy day woman ,
RandyNewmanのI think it's gonna rain today,
タイトルに雨は出てこないけれど、雨の情景が印象的な
Janis Joplin、Nina SimoneのLittle girl blueとか
♪雨はこわれたピアノさ~♪、といえばかのBachelor girl、
明日に向かって撃て!の主題歌、Bacharach&Davidの名曲
Raindrops keep fallin'on my head、
スズキがキョンキョンに提供した優しい雨。。。
パッと思いつくだけでもたくさんあります。
Rainy_days_and_mondays_2
実はこれ、よ~く知っていましたが歌ったのははじめて。良い曲ですが難しい!
Roger NicholsとPaul Williams、名ソングライター・コンビの名曲です。
♪「とても年をとったような気がする。。。」そう独り言を言う
時々終わらせたくなるの、すべてが違うような気がして
雨の日と月曜日はいつもこんな気分になる。。。
Carpentersの曲は優しく軽快で、明るく希望にあふれて。。。などいないのです!
とくにリリックはとてもゆううつ。本当に軽快なのは、オリジナルでは
Top of the worldくらいじゃないでしょうか。
♪こんな気分はよくあること、前もあったわ
声高に言うようなことでも無い、誰だって覚えがある
歩き廻るけど、気持ちは晴れない
雨の日と月曜日はいつもゆううつな気分。。。
うーん。その後のKarenの運命をかんがえると、なんとも複雑な気分に
なってしまいます。今度はGoodbye to loveなんかも
歌ってみたいですネ。これも哀しい歌ですがほんとうに名曲です。
この歌のように人がネガティブな気持ちになったり、
もうやめたい。。。なんて思ってしまうのは、
聞くところによると人間の本能?らしいですネ。
ネガティブになることで自分を衛る、というか。。。
だから雨の日や月曜日にLIKE TO QUITで
NOTHING TO DO BUT FROWNになってしまったら、
「出たな!本能!」
と思ってやり過ごすのが良いですネ。私は料理なんかするのが気分転換になると
思います!

2019年2月28日 (木)

誠実さとはなんと淋しい言葉だろう。-Billy Joel『Honesty』。

Honesty_single
twitterにも書いたのですがこの曲をはじめて聴いたのは1978年、
中1のときでした。
ネッスルのチョコホット、という粉末ココアミックス(瓶入り。)のCMソングで、
テレビで見た瞬間
「誰、誰?!めちゃめちゃいい曲!」
と盛り上がり、翌日早速学校の友達と
「ねーねー、チョコホットのCMみた?
あの音楽すごいいいよね!」
と意気投合し、いっしょにシングル盤を買いにゆきました。
インターネットとかスマホ、なんて影もかたちも無かった時代です。
今だったら
“チョコホット、CM、音楽”
とかで“ググる”ことでしょう(笑)。
「素顔のままで」「ストレンジャー」「ニューヨークの想い」「アレンタウン」。。。
Billy Joelの名曲はたくさんあり過ぎて数え切れないですが、
日本での「オネスティ」人気はあのCMの果たした役割もとても大きかったんじゃないでしょうか。
Choco_hot_cm
私は当時「英語部」に入っていまして、この曲の歌詞を部員みんなで音読しながら、
意味について、使われている単語について、歌われているメッセージについて
検討しあったりしたのも良い想い出です。勉強と音楽とテレビ、が結びついて、
実りある青春の一時期だったナー、などと思います。
今は何か娯楽は娯楽、
学校は学校、音楽は音楽。。。と分断されているんじゃないか??
と思えて、
それがぜんぶ共にあった(と思えた、あるいはそう信じることの出来た)時代を懐かしく想ったりするのです。
中学生には大変に難しく感じられた歌詞も、大人になってから聴くと
まるで今の時代、を歌っているかのよう。それも音楽というものの魔法なのですね。
「『誠実さ』とはなんと淋しい言葉だろう、
誰もがあまりに不誠実だから、
誠実、という言葉を耳にすることは少ないが、
それこそ私があなたから欲しいものなのだ。」

2019年2月20日 (水)

2月の歌、「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」。

Yjimage2 大滝詠一さんの『ナイアガラ・カレンダー’78』は私の永遠の憧れのアルバムです。
1月から12月まで、音楽で綴るカレンダー。。。というコンセプトも憧れなら、
一曲一曲の楽しさ、メロディの美しさ。。。なによりも日本、というものとアメリカ、というもの、
アメリカで産まれたロックンロールやポップスの洗礼を受けた者は決して避けて
通れないこのテーマを、こんなにも自由にユーモラスに音楽化できる、
そのことに驚き、をこえて逆上、してしまい、何故こんなことが出来るのだろうと
聴いても聴いても研究しても未だにその謎には近づけない、近づいた!。。。
と思うと遠くなる。。。永遠の憧れたる所以なのです。
1 憧れが高じて2010年には同アルバムから6月の歌、アルバム中最も大好きな
「青空のように」をカバーするという暴挙に。。。
やる直前まで本当にやっていいのか、と悩んだのですが、
今思えば生きている大滝さんに聴いていただけてよかったと、
心からそう思わずにはいられません。
「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」はアルバム中屈指の美しい曲です。特に
♪たとえほかの 女の子から プレゼントされても、
僕はきみからのでなきゃ、うれしくないのさ♪。
この部分の転調→転調→解決の美しさはひとつの様式美、構造の美だと
感じます。大滝さん御自身が愛してやまなかったアルドン・ミュージックの
スタッフ・ライターたち(ニール・セダカ、キャロル・キング、ジェフ・バリー&エリー・
グリニッチ、バリー・マン&シンシア・ウエイルなど)からの影響がいかんなく
発揮されて、その見事さにため息が出るくらいです。

2018年10月15日 (月)

11月7日に発売される安野希世乃さんのアルバム『笑顔。』に

11月7日に発売される安野希世乃さんのアルバム『笑顔。』に、

詞・曲・編曲で参加させていただきました。

51gynazo3fl__sx355_

『かすかなかなしみ』という曲はバスの中から空を見ていたら出て来た言葉で、

ああ、空が蒼いよ、まるでかすかなかなしみの色だ。

と、そのときのメモに書いてあります。(最初“微かな悲しみ”、って漢字で書かれて

いたものが、メモの終わりでひらがなになっている。)

メモにはそんなふうにまだ歌詞にならない前の言葉がたくさん書かれているのですが、

安野希世乃さんの声を聴いたときにそのかすかなかなしみ、

という言葉を想い出してピアノを弾き出したら。。。

何だか一瞬で曲になったのでした(いや、一瞬はおおげさ、じっさいには1時間くらいです!)。

メロディや言葉を呼ぶのはやっぱり声、なのですよね。予知の“予”っていう字とか、

喚声の“喚”っていう字とかを思い浮かべてしまいます。

(「ただしい旋律」や「ただしい言葉」なんて無くて、それは「予め知っていた」もの、

「なにかに喚ばれて生まれてくる」声なのかもしれないナーと思います。)

録音は菅原弘明さん(Guitar&Programming&Co-Arrangement)、名村武さん(Bass)、

矢部浩志さん(Drums)、Dr.kyOnさん(Fender Rhodes、Organ)、

11月のツアーでも御一緒してくださるあの素晴らしいメンバーに、

何と浜口茂外也さんがPercussionで参加してくださいました。

大好きな恋人の“過去”に嫉妬する。。。という、ともすれば生々しくなってしまいそうな

テーマの歌詞をふんわりと包みこむように歌うそのヴォーカルの、

感情のコントロールの美事なこと、本当に惚れ惚れするくらいなのです。

希世乃さんは外見のキュートな透明感からは想像できないほどハード・ワーカーで、

遠藤実先生が小林旭さんの歌入れに立ち合われて、

「何時間でも納得するまで歌いつづける根性と持久力に本当に驚いた、

あれこそプロフェッショナルというものだと思った」

と仰っていたのを想い出し、歌、っていうものに向かう自分の姿勢を反省させられたりもするスズキなのでした。

2018年7月26日 (木)

SWEET SERENITY10周年記念アナログ盤♪お申し込みを受け付けております♪。

☆☆☆☆☆祝・SWEET 10 SERENITY!☆☆☆☆☆

今年10周年を迎えた名作(自分で言うか!)『SWEET SERENITY』。。。

アナログ盤で、もういちどその魅力を(だから自分で言うか!)再発見する時が

やってまいりました!

http://www.sonymusic.co.jp/artist/ShokoSuzuki/info/495312

 

タイトル:SWEET SERENITY

アーティスト:鈴木祥子

品番:DQJL-733

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=DQJL-733

[1] 初アナログ盤化!

[2] アナログ盤12インチ 33 1/3rpm

【商品化ご協力特典】SonyMusicShopポイント2倍!

-----------------------------------------------------------------------

オーダーメイドファクトリーで受付中!!

予約受付期間:20180529日から20180827日まで

予約締切日まで 【あと約30日】

 

デビュー30年めにして初のLPが!レコードが!

アナログ盤が。。。思い起こせば1988年、レコードからCDへの切り換わりで

「レコード・デビュー」の夢は泡と消え(おおげさ)、アルバム「VIRIDIAN」にて

CDデビューをいたしましたスズキですが。。。このたび初のアナログ盤をお聴きいただけることになりました!

ちょうど10周年を迎えるスズキの最新(いや怠けてるワケでは無いのです!。。。曲はアルバムになるくらいあるのですが、

今じゃないな、今ちょっと違うよな、

と思ってたらはや10年。。。今年は出るのか?!)アルバム、

Photo

「SWEET SERENITY」。

甘い静けさ。43歳のわたしはまだその中で

生きてゆけるような気がしていた。。。

のです。タイトル曲の

SWEET SERENITY&Chocolate milk-teaのチョコレート・ミルクティ、は当時のわたしの

お気に入り、熱いミルクティに板チョコを溶かす甘い、甘いお茶でした。

2008年、デビュー20周年のスズキとはちがう30周年、

未発表の新曲、PUFFYへの提供曲『Sweet Drops』初の完全セルフカヴァーを含む全10曲、曲順も一新!

2018ヴァージョンの全くあたらしい「SWEET SERENITY」をONLY ON VINYLで!!

お届けするべく頑張りますので、どうか御期待くださいませ。

あなたのオーダー、心よりお待ちいたしております♪♪!

2018年7月 1日 (日)

「二人の願い」沖縄で録音とミックスをしていただきました!

先日、沖縄は古謝のイガルー・サウンド・スタジオでアディショナル・レコーディング&

ミックスをしていただきました。このところ30周年記念ライブにいらしてくださった方への

プレゼントCDのための録音とミックスをしていたのですが、これが、、、何だか素晴らしい内容になってまいりました!

「ノースバウンド・アイランド急行~リミのテーマ」と「鼓動(ハートビート)」の2曲は菅原弘明さんのアレンジで、「20年後の『私小説』」ともいえる仕上がり!

自分で言うけど凄~く素敵なのです。聴くたびに菅原さんのセンスは凄い、と感動してしまう。多くを語らなくても解ってくれる/解ってしまうのが音楽なんですよネ。

この日はもう1曲の新曲「二人の願い」に三線を入れたい!というスズキの願いのもと、梅雨明けの太陽が眩しい沖縄に。

那覇から車で1時間ほどの古謝に向かいます。

スタジオのエンジニアでオーナーの東江厚史さんが、10月に録られたという沖縄のブルー・ビーチの波の音と

島太鼓の音をこの曲のために用意してくださっていて、

有名な「てぃんさぐぬ花」の、普段は殆どうたわれることがないという8番の詞と節を

言葉の意味から丁寧に教えてくださいました。私、沖縄民謡初挑戦初録音。

「二人の願い」は昨年10月に沖縄に来たとき、安座真の海で波を見ていたら

出来た曲なのです。10月の海!これをシンクロというのだろうか。。。

三線を弾いてくださったのは若き三線奏者の城間竜太さん。ロック・バンドや

ヘヴィーメタルの中で(!)演奏することもあるけれど、

あくまでも本流は伝統的な沖縄民謡を歌い演奏することだそう。

受け継いだものを守りながら新しいものを採り入れてゆく、

沖縄の懐の深さと遊び心を感じてうれしくなってしまいました。

Photo_2

美しい満月の夜、夜しか咲かず、滅多に咲かないというサガリバナの花がたくさん咲いていて、まるで

素敵な曲になってよかったね、と言われているよう。。。その香りをいっぱいに吸い込んでスタジオを後にしました。

初めて行った場所で、はじめて会ったひとと音楽で通じ合うことができる。

倖せだな、こういう時間があるから音楽をやっているんだな。。。

と心から思いました。東江さん、竜太さん、本当にありがとうございました。教えて

いただいた8番の歌詞、何度も想い出しています。

Photo_3
「あてぃん喜(ゆる)くぶな

(出逢えたことが幸せでは無い)

失てぃん泣くな

(失ったことが悲しみでは無い)

人(ひとぅ)ぬゆしあしや

(よいことなのか、悪いことなのか)

後(あとぅ)どぅ知ゆる

(時が経てば知ることになる)。」

デビュー30周年記念ツアー・京都・東京とも満席となりました、どうもありがとうございました!!

Syokologo30thyoko

30ss

「鈴木祥子デビュー30周年記念ツアー」決定のお知らせです。

『1988→2018/30years,/....AND THEN?』


7月15日(日)京都・クラブメトロ

(京都市左京区川端丸太町下堤町82 恵美須ビル2F東)

開場17:00
開演17:30

入場料

¥10000(着席)THANK U SOLD OUT!

¥8500(スタンディング)THANK U SOLD OUT!

☆前方シート席・後方スタンディング・エリアともに満席となりました。たくさんの

御申込み、本当にありがとうございました!☆

7月21日(土)代官山・ヒルサイドプラザ

(東京都渋谷区猿楽町29-10)

開場16:30
開演17:30

入場料

¥10000(着席)THANK U SOLDOUT!

¥8500 (スタンディング)THANK U SOLD OUT!

☆満席となりました。たくさんの御申込み、本当にありがとうございました!☆

出演

Ssuzukisyoko_photo_3


鈴木祥子
(Lead Vocal,piano,Drums)

Sugawarahiroaki_photo


菅原弘明
(Vocal,Electric&Acoustic Guitar)

Namuratakeshi_photo


名村武
(Vocal,Bass)

2


矢部浩志
(Drums,Lap Steel)




Dr.kyOnKyonsannphoto2_2



(Vocal,Keyboards,Electric Guitar)

Dpp_186_originalsmall


京都・東京ともに

未発表曲3曲入りCD・『30と30分(ぶん)の3の一瞬』付き。

CD収録予定曲

1.ノースバウンド・アイランド急行~リミのテーマ

2.二人の願い

3.鼓動(ハートビート)

(w/Lyrics,4p Booklet)

WE'RE a JAPANESE BAND,We're Comin'To Your Town,

We'll help You Party it Down,We're a JAPANESE BAND!

参加を希望される方は

eachbearsmusicservice72821@gmail.com

まで、タイトルを

「7/15京都」

または

「7/21代官山」

として、

①御名前

②御住所

➂参加人数(二名さままで)

④着席/スタンディング希望(7/15京都メトロにお申し込みの方のみ

お書きくださいませ。)

をお書きになり、メールにてお申込みくださいませ。追って詳細のメールを

送らせていただきます!

ー私、1988年にデビューしましてちょうど30年ということになります。30年と言われてみればずいぶん長くやってきたなァと思うのですが「30周年か(遠い目)。。。」みたいな深い感慨というよりは、20周年のときいくらなんでも30年はハードル高いかも。。。

と思ってたけどあれからもう10年(遠い目)。。。という感慨がより深かったりします。


7/15は想い出深い京都、住んでいた二条川端からほどちかい丸太町は京都・クラブメトロ。引っ越した2005年いらい、13年ぶりの帰還?!です。おりしも祇園祭の京都で、素晴らしいミュージシャンとともに最高の夜を過ごしていただけることをお約束します!

そして7/21は代官山ヒルサイドテラスのなかの、ヒルサイドプラザ。1988年9月21日の、デビュー・ライブのその場所に帰ってまいりました。最高のバンドと最高のピアノで、

あなたをスズキの音楽の世界にお連れいたします。


30年前に書いた曲、20年前に書いた曲、10年前の曲そしてあたらしい曲。。。ミュージシャンとしては未だ勉強したいことばかり、「まだ30周年の女」なぞと言う気で居るスズキの『1988→2018/30years,/...ANDTHEN?』をどうか!目撃しにいらしてくださいませ。

2018年4月29日 (日)

6月30日に発売される石川ひとみさんのアルバムに、

6月30日に発売される石川ひとみさんのデビュー40周年記念アルバム

『わたしの毎日』に、「星のまばたき」を提供させていただきました。

この曲は《歌謡曲》の世界に自分なりの想いとロマンを捧げた。。。ようなところがあって、

40周年という大切な記念のアルバムで石川ひとみさまが歌ってくださったことが

本当に嬉しく、光栄な気持ちです!

Hitomi_ishikawa_40

2018年3月29日 (木)

再発売希望!の

再発売希望!の涙あふるるうれしい御言葉をたくさんいただいて

心から喜び、感謝しております。。。うっうっうっ(涙)。ワーナーミュージックさんに

Lovepainfullove
残した録音はすべて人生のタイヘンな時期のもので(←特にコレ)、自分自身そのタイヘンさを

追体験したくないような、開けたくないドアのように感じてしまう気持ちも正直、ありまして、

(出来れば眠ったまま起きないで、っていうような)

いまのように再発売に積極的な気持ちになっていなかった、

機会が遅れたのはそういうことも(センザイ的に)関係していたのかな、などと思ったりします。

しかし。。。30周年というのはやっぱり、過去は過去だ!あれがあったから

今がある!という開き直り、はたまた、いや~何だかんだでよくやった自分!

みたいな人生全肯定感(笑)、が芽生えてくるものがあって、

うれしい、うれし過ぎる再発売希望のお言葉をいただいてますます調子づき、

いや、勇気が出たりしています。良くも悪くも作品は作者の人生の鏡、

そこから目をそらしてはいけないナ、読みながら心からそう思いました。

(こちらでご紹介させていただくときは載せてよいですか??の一報を

させていただきますネ!)

Photo_2





いま4/21の独りシンポジウム&ライブの、主にシンポジウムのほうの練習?ちゅうで、

話が拡がっちゃって拡がっちゃってどこで収拾をつけようかという感じに(笑)。。。

なっております。VIRIDIANってアルバムは、あれはあれで何かを予感させる

ところがあります(ありました)ネ、まず幸せな歌詞がひとつも無い、

幸せどころか壊れる予感、みたいな場所、アルバムそのものの、居るところが。

何がっていうと、女の子のレンアイ観ってものが非常にニヒルになってゆくというか、

それまでのシアワセ幻想がこれからは壊れてゆく、そこには居られなくなる、

っていう微かな予感。アルバムが出た時期(バブル絶好調♪。)を考えるとこれは

なかなかコワい予感、であり予兆、なのです。今思えば、ですけど。。。

にもかかわらずサウンドは本当にマチュアーで、フォーク・ロック的であり

すこしクラシック風味、そのうえから80`sアメリカン・ポップ・フレイヴァーを散りばめた、

そういう不思議なアルバムにまつわる、22や23の私、VS、52とか(も~すぐ)53の私の《音》と《時間》にまつわる対話、どうか楽しみにしていらしてくださいませ。私もじつはとても、楽しみなのです。。。

ちゃんと話の収拾がつくようリハーサル?(笑)も頑張ります!

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ