« I’m Just A Woman❤️. | トップページ | 鈴木祥子ニュー・シングル『GOD Can Crush Me.c/w NO FEAR/あいすること』2021年7月28日発売。 »

2021年6月30日 (水)

愛と幻想の旅立ち?


ファッション雑誌、女性誌の休刊が多いそうなんですけども、

私、女性誌ってここ26年(細かい。)くらい買ってない。。。

20代のころはマリ・クレールと暮らしの手帖が好きでほぼ毎号

買ってたんですけど(暮らしの手帖は女性誌じゃないですネ!)、

 

30代になって毎号買わなくなって、それ以来女性誌、というものを

手に取って開くのは美容院だけ、という状況でした。

 

女性誌、読むとこ無いんだよネ。最近はパラパラ見てもウワ〜素敵、

欲しい💕と思う服というのは。。。載ってたっけ??

というくらいの印象(当社比。)しか無く。。。

 

(思えば十代の頃もグラビア中心のセブンティーンより

記事の多いプチセブン派でした(笑)。

あとギャルズ・ライフも時々買ってたかナー。初期の林真理子さんが毎号

エッセイを書いてて面白くて。。。

 

しかし主には洋楽ロックの雑誌。。。『音楽専科』等をよく

買ってました。ジャーニーが毎号巻頭カラーだったり

表紙を飾ってたから。。。洋楽ロック少女のお約束、

MUSIC LIFEやROCKSHOWのバックナンバー漁り?を

するのもスキでした。ML/RSといえばクイーンやキッス、チープ・トリックの記事や

カラー・グラビアがお目当てのティーンエイジャー御用達マガジン。

特にRSはBCR(ベイ・シティ・ローラーズ)がたくさん特集されていたので

定期購読(笑)する熱の入れようでした。

 

 

論点がズレてスミマセン💦!何というか、

女性誌、というのはいつからか表層をなぞり過ぎて、

女性の内面をあまり考えて無かったのでは。。。という感じはします。

 

アンアンやノンノの創刊時って結構よく覚えてるのですが、

女性の考え方、ライフスタイルの提案っていう意味では

本当に画期的だったと思います。自由さとか精神性、ってものが

あの頃(1970年代前半)の社会にはあった。。。というか、

そういうものを求める強い欲求やムードがあった、と言うのでしょうか。

 

 

女性って複雑だし感情の振り幅が広いから、

今流行ってる服とかお洒落なカフェとかレストランとか

愛され1週間コーデとか、

そういうものよりもっと別の。。。心の満足や充足みたいなもの、

とにかく何かをいつも求めていて、女性誌的なるもの、が

その欲求とか望みを満たす、ないしは満たしてくれる気分に

なる為にはある前提のようなものが必要だったと思うんだけれど、

その“前提”そのものが今は希薄になった、ってことなのかな。。。

っていう気はします。

 

 

それは今の生活や現状ってものは普遍的であって、

今日も明日も明後日も、未来永劫継いてゆくのだろう、

という無意識の前提ですネ、

それがなくなった、っていうのはあると思うのです。

つまり幻想を提供し切れなくなった/私たちが幻想を最早

必要としなくなった、という意味なのかナ、とも思います。

 

まさに愛と幻想の旅立ち、なのかも知れません、だって

幻想”が消えたあとに本当に必要とされるものはリアルな

そのものだと思うから。。。

 

P・S


そうそう、2012年発売の『愛と幻想の旅立ち』、

売り切れ→再販をしていなかったのですが、

根強いリクエストにお応えして再発売を計画しております❤️。

7月中に中山佳敬さんにリミックスを御願いする予定♪ですので

どうか御期待くださいませネ‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

« I’m Just A Woman❤️. | トップページ | 鈴木祥子ニュー・シングル『GOD Can Crush Me.c/w NO FEAR/あいすること』2021年7月28日発売。 »

my journal」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« I’m Just A Woman❤️. | トップページ | 鈴木祥子ニュー・シングル『GOD Can Crush Me.c/w NO FEAR/あいすること』2021年7月28日発売。 »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ