« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月19日 (月)

新しい曲が出来たんです。

新しい曲が出来たんです、

凄く良い感じなんです!

やっぱりラブソングを書くっていうのは、

宗教的感情と紙一重なんだな、って思います。

自分の場合は特にそう。ー

クリスチャニティは三位一体の神、

と自分の関係なのでふたり、っていう概念では

無いんですけど、神の御前に居る、のだったらふたり、でも

あり得るというか、前提は自分がいつも神に護られていること、

愛されていること、なんですネ。

それ無しにただ「ふたり」っていうのは

ちょっと今の自分には考えにくい。出口やドアが何処にも無くなっちゃう。

 

 

いつもお祈りのなかで主に訊くんです、

私はただしい道を歩んでいるでしょうか、

真理の道の上に居るのでしょうか。

私のしていることは御心にかなっているでしょうか。

 

間違っているときはすぐに解ります。

不安になったら、恐れを感じたらそれは正しい考えじゃない。

主とともに在るときは恐れを感じない、平和です。

どうも人間って不安になりたい、不安を選びたいってとこがあるみたい。

ある程度不安になってたほうが安心、という非常に()屈折した心が。

 

 

多分私たちの社会っていうか世界っていうか、

幼い頃から皆不安、ってものとdealし過ぎ、させられ過ぎて

慣れ親しんじゃってるところがあるんでしょう。

慣れ親しんだ場所に、状態に帰りたい、それが不安であっても、

新しい/違う場所にゆくより安心”、っていう

ミョーな心理が働くみたいですネ。逆だと思うんですけど、

ちょっと冷静に考えてみると。。。

 

 

でもそんなかりそめの、カッコ付きの安心なんか要らないんだよ、

安心は安心、平和は平和であってほかの意味は無い。

主の仰ってることはそれだって、祈ってて感じます。

 

主とともに居る、御心にIn Tuneしているときは不安が消える、

そのとき感じることがただしい道、ただしい答えなんです。

 

これって結構訓練が要ります。視えてないものを信じるとか、

あるエネルギーにIn Tuneするってことは、勇気が要るんです。

覚悟も。自分、ってものを信じ過ぎていると、委ねることが出来ない。

 

 

委ねるって素敵なことです。自分を信じるより、

信じて委ねるほうがずっと難しいです。

これ、人生55年で得た教訓?です。

 

 

私たちがいつも不安とdealし過ぎているように、

自分、っていうものとdealし過ぎ/させられ過ぎると委ねることが難しい。

何処に連れていかれるかわからないからですネ。信じるより

疑ったほうが安心だと、そういう思考と共に生きて来ちゃったから。

 

 

でも、それがもし愛の波長でありエネルギーだったなら、

それを信じて、祈って、委ねるなら、

まさにそれが主の望んでいる状態であり、

私たちに本当に教えたいこと、導こうとされている場所なんです。

 

新しい曲の歌詞に、そういうことを書きたかったんですネ。

 

 

出来ない?わからない?迷信みたい?

うん、わかる、最初はそう、大事だと思うことほどそうです。

だからIn Tuneするために祈る。

楽器の調律みたいに。神の楽器として、美しい音で鳴るように。。。

 

 

そう、その状態が愛、だよって主が教えてくださいます。

心の底から祈っていれば、絶対に答えは来るんです。

 

 

(ちなみに新曲のタイトルは

 

The most significant dellusion“

 

です❣️)

 

 

The  most significant dellusion

ほかの誰にも 言わないこと、

話したいんだ。

 

いちばん大事な妄想。。。

あなたの指が触れたら、

生きられること

識ったんだ。

 

 

P・S

 

この記事、書かされたみたいに書き直し無しで書いちゃった、自動書記か(笑)❓

 

 

 

 

 

 

2020年10月11日 (日)

”嫌いな星座ベスト3“にランクイン。。。2.

 

先日、好きだったアメリカのYoutuberに「嫌いな星座ベスト3」

2位認定をされた。。。という記事を書いたのですが、

 

その後、このYoutuberはもっと凄いことを言っていました(笑)。。。

 

“もし君がデートの約束をして、時間通りにその場に現れたとする。

テーブルに座って待っている。

間もなく相手がやって来る。

名前も、年齢も、仕事も、何も訊く必要は無い。

星座を訊け。

もしそれが双子座か、獅子座か、水瓶座のどれかだったら、

悪いことは言わない。

すぐに席を立って自分の分の勘定を払って、

 

逃げろ”。

 

ですって。。酷く無いですかっ😭🤣😭❓❓

 

 

でも、このYoutuberが言っていた

“They're all about Me,me,me,I,I,I‼︎”

 

“あいつら(獅子座)すべてが自分自分自分、私私私!”

 

。。。ってのはけだし名言である。と思います。

 

ミーミーミーでアイアイアイ、だよ本当に。The Policeの曲みたいだけど。。。

 

よくぞそれを看破してくれた、とちょっと感心してたりするのです、実は。。。

 

って言うか、獅子座はちょっと置いておいて、

 

自分ってものがほぼ無いからこそ、人は

 

ミーミーミーでアイアイアイ、

 

にならざるを得ないのかも知れない。確認せずにはいられない、って言うか。

 

何かの確信ってものが

 

自分の中には無い。それは空洞である。

 

ってことじゃ無いのか。

 

そうそう、よく自分の中って空洞だな、と思うことがあります。

 

心が無い、とか虚しい、とか、そういう感情的な問題じゃ無く、ただ空洞

 

この世で音楽くらいしかやることが無い、って言うんですか。それも

 

私、これしか出来ないから。。。っていう謙虚な、殊勝な想いじゃ無くて、

 

生まれちゃったからにはそうすぐ死ぬわけにいかない、

 

この世に来ちゃった時点で最善を取るのはもう無理だから、

 

次善の最善、を取るとしたら自分には音楽だろう、

 

みたいな。今はクリスチャンなのでもっと“使命を持っている”感じがあるけれど、

 

以前はそうでした。何か開き直ってるというか、ふてぶてしいところがあるんですよネ。

 

何だろうこれ?

 

Youtuberの毒舌から、意外にも深い考察?に誘われちゃったりしました(笑)。

 

仕様も無い、しかし案外大事かも知れないそんな思考に足を取られながら、

 

コーヒーと紅茶と日本茶を淹れて、

 

今依頼を受けている曲のアウトラインをそろそろちゃんと決めてみるか〜、

 

。。。なんて思っているサンデー・アフタヌーンなのでした😊🍵☕️!

 

 

 

P・S

 

ちなみにこのYoutuberの「好きな星座ベスト3」

 

1位 射手座 2位 蟹座 3位 魚座と天秤座

 

なのですって。

 

射手座は不快なほどうるさいけどオープンで面白い、

 

蟹座は興味の対象が不思議なところにあってユニーク、

 

魚座と天秤座は話してて楽しい、チャーミング

 

ですって。なにこの扱いの違い(笑)💢‼️

 

 

 

 

 

 

 

2020年10月10日 (土)

聖書のなかの女性たち。

 

 

先日、教会のバイブル ・スタディ=聖書研究に行って来ました。

 

私がいま一番興味あるテーマは

 

「聖書のなかの女性たち」。👩👧🙎‍♀️

 

ー聖書に登場する女性はみな「分をわかっている」女性たちです。

 

賢くて、愛情があって、活力があって、生命力があって、

 

大事なところは「わきまえている」。

 

現代みたいな承認欲求なんて無いし、男性を凌ぎたい、とか同等になりたいなんて

 

(当然乍ら)全く思っていません。

 

だけどイザという時には潔く決断したり、行動力を発揮したりする。。。

 

They're supportive,nurturing,caring and also very determined‼︎

 

そんな女性たちを、男性たちは「自分を愛するように」愛しなさい。

 

女性は男性を敬い、尊敬しなさい。

 

聖書ではそう教えています。

 

自分には無い、異なるエネルギーを尊重するのは、

 

それが神聖だって識っている、解っているからなんですネ。

 

何故神聖なのかって言うと、

 

神がそのような意思をもって男と、女とをこの世に創られたから。

 

それが聖書の男性/女性観です。本当に素敵なのです😊✨

 

いろいろな言説、ニュースなどを読んで&見ていると、

 

それが真逆になっちゃってるのが現代、というところでしょうか?

 

聖書にあらわれる女性の資質、振る舞いの優しさや潔さ、

 

これが在るべき姿だって、私は信じて疑いません。

 

なかなか出来ないですけど😭、だからこそ目指したい、

 

って思うのですネ。

 

控えめ、ってことは意思が無いってことじゃ無いし、

 

意思をもつ、ってことは自己顕示欲とは違います。

 

そういう大変微妙な、混同し易くごっちゃにされがち、しかし

 

峻烈で厳然たる違い

 

。。を教えてくれるのが聖書であり、

 

そこに登場する人物たちであり、なによりも神が、主が彼らを=私たちを

 

この世に創造した理由なのじゃ無いかナ。。。

 

と思ったりするのです❤️。

 

 

聖書って外国の、欧米の人の、Or特別に宗教的な人のための書物、

 

じゃァありません(大体からしてキリスト教って欧米で生まれて無いもん❣️)

 

人間にとって絶対に、普遍的に大切なこと、が書いてあります。

 

最近読んだコラムみたいに「女に最もラクさせない国=日本」なんて、まったく

 

笑っちゃう程くだらない。。。🤣😩🤣

 

というのが本当のところなのです❗️

 

http://eachandeveryday.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-9654b2.html

 

https://president.jp/articles/-/38445

 

 

 

 

 

”嫌いな星座ベスト3“にランクイン。。。

 

私は獅子座なのですが、結構好きで観ていたアメリカのYoutubeサイトの管理人から

 

「嫌いな星座ベスト3」の

 

2位認定を受けてしまいました😭🤣😭。。。

 

ちなみに1位は双子座、3位は水瓶座。。なんだそう。

 

双子座はとにかく二面性あり過ぎ、水瓶座は何に対しても客観的過ぎ、

 

そして獅子座は

 

They're All About Me,Me,Me,I,I,I‼︎”

 

で、Narcissisticだからですって😭

 

これくらいハッキリ言われると、逆に気持ち良く反省出来るってものです💦

 

これをお読みになって

 

あ〜なるほど、確かにね、わかるわ〜‼️

 

。。。と思われた方がいらしたら心から反省いたします。。。🙇‍♀️

 

all about me,me,me,I,I,Iでnarcissisticな性格。。。

 

思わぬところで“自分らしさとは何か?”を再認識させられてしまいました💦

 

非常に納得と言うか得心。。。してちゃいけないですネ!

 

これを機に大いに反省し、改善。。。してゆきたいと思います(ホントか❓)‼️

 

あるいは同じ獅子座の方、これに懲りずに。。。いえ、

 

この反省を踏まえて(笑&涙。。)人生、共に頑張ってゆきましょう❤️♌️💕❗️

 

2ec5f230fe464f7a811dd117afdf2b06

♌️=自分自分自分、Me,me,me,I,I,I‼️

獅子座はLeoですが、発音はレオじゃなくてリオ。結構かわいいですネ❤️

。。ってそういうところがNarcissistic⁉️

 

 

 

 

 

 

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ