« 均等法って1周廻ってやっぱ良かったんじゃ無いか、と。 | トップページ | 完成いたしました‼️ »

2020年6月27日 (土)

galabox presents オリジナル・ライブ動画作品『鈴木祥子L I’ve&workshop act;2〜皐月・さみだれ、初夏の風。』

 





galabox presents

オリジナル・ライブ動画作品『鈴木祥子LI've&workshop act;2〜皐月・さみだれ、初夏の風。』

(act;3は諸般の事情により発売を見合わせましたが、act;1とact;2は2020年中、引き続きavailable💕です!)



F0a1d1ec1aad4a3ba00411c59e527fd3
01.北鎌倉駅
02.センチメンタル・ラブレター
03.星のまばたき
04.ノースバウンド・アイランド急行 ~ リミのテーマ
05.鼓動(ハートビート)
06.甘い夜
07.弥生の空は見渡す限り
08.Sweet Basil (from『水の冠』)
09.Get Back(from『水の冠』)
10.Sickness(from『Love,painful love』)
11.Do You Still Remember Me?

Bonus Track:

70addf91bff84a19ac3175b5c692c97b

 

 

 

Sickness -12 strings guitar ver.-(from『Love,painful love』)


 

 

Shooted at guzuri recording house,JOHNSON TOWN in Iruma
Shooted & edited by Tatsuya Yoshino(JUNKS!- visual syndicate -)
Recorded by Shinsuke Sasakura(guzuri recording house)
Mixed by Shinji Kawase (Gumbo Studio)
Produced by Eri Shimosako(galabox)

 

All songs produced&arranged&performed by

Syoko Suzuki

 

■galabox movies:https://movies.galabox.net

 

E5492a0b5b5447d9b03ea6684ababd85

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

galabox presents『オリジナル・ライブ動画作品」は、

ここから始まりました❣️)

 

『鈴木祥子LI've&workshop act;1〜

独りシンポジウム&ライブ〜アルバム『風の扉』を考える。』について。

 

C48fc92aabdd4efab087b501748ef0a8

 

『風の扉』は1990年3月1日に発売された私のサード・アルバムです。

その全曲を30年後の3月14日に独りで、スタインウェイのグランド・ピアノが1台という、

簡素にして大変豪華な?環境で弾き語りしました。

演りながら浮かんで来るままに歌ったので、アルバムの曲順にはなっていません、

でも最後は何故かタイトル曲の「風の扉」に還って来ました(笑)。

意図せずして、期せずして、と言うのが、私の人生でいつもとても大事なことに

なっています。意図して、期してやったことより面白いからなのです。

歌うのも、デビューするのも、30年間もやることになったのも、

意図しておらず期していなかった。。。それでも人間、全然生きてゆけるものなんです!

(証明、私。)

そしてちょうどこの日に行うことになっていて、

行うことが出来なかったソングライティング・ワークショップのために

皆さまから寄せられた言葉や、イメージを生かしながら書いた曲の、

これも独りワークショップ、をやりました。

どんなふうに曲を考えてるのか、アイデアってどう展開してゆくのか。。。

自分でもとても新鮮な、脳が活性化するような想いでした。3月だから

「弥生の空は見渡す限り。。。」

と、童謡「さくらさくら」の歌詞で始めてみたのですが、何故か途中に

荒れ野の原にも滴るメロディ」

という言葉が出てきて、

今の世の中の状況などこの曲を考えた時は予想もしていなかったのに、

。。。何でこんな言葉が出て来たんだろう?と本当に不思議でした。

荒れ野の原にも、滴るメロディ。。。

音楽は、生きる、ってことなんだろうか、と感じました。

だとしたら歌おう、だとしたら作ろう、

その営みをやめずに居よう。

そんなふうに思ったのです。

意図せず、期していないとこんなことがあるのですネ。その「ことば」が

無ければ、もしかしたら心が負けていたのかも知れないのだけど、

元気なのです。

その曲がかたちになってゆく模様、も入っておりますのでどうか、一緒に曲をかんがえるような気持ちで

楽しんでいただけたら大変、嬉しいです。

今度は本当にお逢いして一緒に歌を作りましょう!

 

 

鈴木祥子。

 

A41f96b34633476e8bd8ed5cd4f94569 5f692b2519e14dfe9772ba1f99db7b74

 

http://eachandeveryday.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-be5f19.html

 

31533417d2d249b59dad1f6d336fa5f7 881a673f79a54a56b2aa5ca1f365b9e5

 

 

 

 

 

 

 

« 均等法って1周廻ってやっぱ良かったんじゃ無いか、と。 | トップページ | 完成いたしました‼️ »

鈴木祥子」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ