« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

喫茶キムラヤ❤️。 

2660d4feda154316ad71818433c7555f

 

ニュー新橋ビル内の喫茶キムラヤにて❤️

チキンライス/サラダ/スープ/アイスコーヒーセット最高💕。

お近くに行かれた際にはぜひお立ち寄りくださいませ!

 

 

。。。関係無いのですが先日の記事に書いた、

マクドナルドのハンバーガーかポテト🍟🍔🤣の格好をして歌ってらした

アメリカのポピュラー音楽の超・人気シンガーが今度は

 

国税調査の性別欄に「男・女」の欄しか無いことに苦言

 

ですってサ✨

 

いい加減にして欲しい、ウンザリです。

男・女は神の定められた性別であって神聖です。

素晴らしい才能と美貌はどうかそういうところに使わず、

幸せな音楽で人々を満たすことにお使いになってくださいませ❤️。

 

7707dead6a694d66a5d9e5837817c02a

 

根拠は聖書。このシンガーさんは反・聖書なのだ、

。。。ってことはわかりました😊❣️

 

 

2020年6月27日 (土)

Born To Be Reckless❤️.

 

先の記事で

 

「。。。これだけはやっておきたい、やっておかなければ!

っていうような強い希い、意思が私にはありません。

どうしてもこうなりたい、という像(イメージ)も、特にありません。」

 

こう書いたのですが、前言撤回いたします!

 

目標。。。出来ました。

 

Nashvilleにマスタリングにゆく。何ならそのまま住む。

 

 

昨日、StudioのマネージャーのN・Mさんから、今の時点で立ち合いのマスタリングは難しい、

COVID19も勿論だけれど、今は大統領選を控えて政情も、治安も大変不安定で。。。

という御連絡をいただいたのです。しかし

 

 

いまNashvilleは音楽的にとてもパワフルなんです。NYやLAを見限ったミュージシャンや

アーティストが移り住んだり、旅行に行って惚れ込んで定住しちゃったり。。。

この街にはまだ本当の音楽がある、って皆んな言うんです。もし来られたら大変暖かく

Welcomeされると思いますヨ。

 

 

。。。というNさんのお言葉で、私の中の何かに火が🔥点いてしまいました。

 

本当の音楽。

 

こんな気持ちは生前の大瀧詠一さんにお会いした時以来です。

 

 

 

。。。ちょっと前に、マクドナルドのハンバーガーや🍟🍔ポテトの格好をして歌う

超・人気シンガーのビデオを観て、

 

アメリカのポピュラー音楽もつくづく幼稚になったのだな。。。

 

と感じた、と書いた気がします。

 

そして憧れ続けたJOURNEYのSTEVE PERRY様がJOURNEYの名と商標を、

他メンバーに排他的、独占的に譲渡してしまっていた。。。という衝撃の事実がわかり、

「アメリカのエンタテイメントが夢や憧れだった時代は終わったのだ」と感じた。。。

とも、確か書きました。

 

 

日本に居ながらにしてそう感じたことと、Nさんの

 

ミュージシャンやアーティストがNYやLAを見限って移り住んでいる」

 

という発言は多分、大きく矛盾しません。寧ろ、私がうっすら感じていたことはある程度、

と言うか結構、

正しかったのかも知れないナ。。。と思いました。

 

 

。。。ここでいくつかの選択肢があります。さあどれを選ぶ?と言われてるような

気持ちになりました。

 

無いなら在るところに行くしか無い、

 

待ってても来ないならこちらから出向くしかありません。

 

本当の音楽があるところに行きたい、というシンプルな気持ち、

 

それさえ在れば後はどうでも構わない、

 

というRecklessな想いが身体じゅうを駆け巡る。。。ヤバイ❤️。

 

 

アメリカ行って裸一貫で皿洗いから❗️と吉田栄作さんのようなワイルドなことでは無く、

 

道が、方法がある、と“思える”。

 

何故そう“思える”のか。。。

 

知らんけど(笑)🤣🤣(←ムセキニン)。

 

 

私はたま〜。。。にこんな状態になります。普段はボ〜ッとして全く使えない、

箸にも棒にもかからない社会性に欠けた人間なんですが、何かでスイッチが入ると異常に突進して

望むものに一直線に向かってゆくようなところが。。。

 

 

。。。これがそれなんじゃ?と今、思ったりしています。

 

 

懐かしい第2の故郷?Houston Texasにも、

あこがれの♪New Orleans Louisianaにも近い、

 

Nashville Tennesseeがあたしを呼んでるゼ❣️❣️

 

 

それが神の御心ならば必ず行けることでしょう。

 

 

if it‘s God's Will,it will come true😊❤️.

 

 

 

 

完成いたしました‼️

530e734531b041d29402beef6301960e

 

完成いたしました、洋楽カバー・アルバムが。。。

これはもう、音を聴いていただくのが一番はやいのでは無いか。。。と思います。

 

自分の、音楽への想い、ロマン、憧れ、

30年間で培った?!歌唱やハーモニーの技術、テクニック的なものも、

演奏面でのチャレンジも、

すべてこの中に詰め込みました。

 

スタジオでの一瞬、一瞬を、素晴らしい音で録ってくださった

ビクター・スタジオの中山佳敬さんに心から感謝いたします‼️

 

私は本当に中山さんの音が大好きだ。。。😭と思います。クリアで、端正で、明るくて、

余計なものが何も無くて。。。そして攻撃的!

 

。。。そんな素晴らしい音を作る人に出逢えたことが、

ミュージシャンとしてこの上無く幸せだ、と思うのです。

 

そして中山さんのアシスタントを務めた若い方々も大変優秀なエンジニアで、

人は凄い先輩の音を、やり方を見て、聴いて、その現場で育てられ鍛えられてゆくのだな。。。

ということを、身に沁みて実感したりもしました。

 

素晴らしいスタジオである、ということは、そこに素晴らしい人が居るということ!。。。

何か音楽だけでは無く、社会全体にも通じるようなことを学んだ、

学ばされたような気がしました🤔😊📜。

 

0ff158af083c42a3bc9b7fa3e9bab9c7 Fae285a3559e493ca9eadd35029c0e2f

468598ea52434b848a99f003f6e16ed9  F3101d5f6fa9407695a0d76d368058b3 

5db36ac1ebad49d394e1e0289957cad1 1844ed48aa11488488ea8b97c706cd49 

E5df7ee22f034d92b2a9a864e5046b56 Ce4506a955a840238f996f1363786010

 

そしてマスタリングをナッシュビルで行う、ことにすっかり決めているのですが、

現在の渡航制限がどのような展開を見せるか。。。

そこがなんとも気がかりなところです。

米国への渡航禁止は今の段階では7/21まで。

それを過ぎれば。。。ということに希望を賭けたい、と思います。

 

私は音に妥協、しないことにしちゃったのです、

何故ってこれは神様への、音楽の捧げものだから。

神に捧げるものにおいて、妥協する、なんてあり得ないからです。

そう思って作ったアルバムだから、マスタリングも理想の場所に行きたいのです。

 

。。。いや、行くのです❤️。

 

0f17ca1d8cf5429295d6722004ca9f03

   ...NO COMPROMISE!

 

 

 

 

galabox presents オリジナル・ライブ動画作品『鈴木祥子L I’ve&workshop act;2〜皐月・さみだれ、初夏の風。』

 





galabox presents

オリジナル・ライブ動画作品『鈴木祥子LI've&workshop act;2〜皐月・さみだれ、初夏の風。』

(act;3は諸般の事情により発売を見合わせましたが、act;1とact;2は2020年中、引き続きavailable💕です!)



F0a1d1ec1aad4a3ba00411c59e527fd3
01.北鎌倉駅
02.センチメンタル・ラブレター
03.星のまばたき
04.ノースバウンド・アイランド急行 ~ リミのテーマ
05.鼓動(ハートビート)
06.甘い夜
07.弥生の空は見渡す限り
08.Sweet Basil (from『水の冠』)
09.Get Back(from『水の冠』)
10.Sickness(from『Love,painful love』)
11.Do You Still Remember Me?

Bonus Track:

70addf91bff84a19ac3175b5c692c97b

 

 

 

Sickness -12 strings guitar ver.-(from『Love,painful love』)


 

 

Shooted at guzuri recording house,JOHNSON TOWN in Iruma
Shooted & edited by Tatsuya Yoshino(JUNKS!- visual syndicate -)
Recorded by Shinsuke Sasakura(guzuri recording house)
Mixed by Shinji Kawase (Gumbo Studio)
Produced by Eri Shimosako(galabox)

 

All songs produced&arranged&performed by

Syoko Suzuki

 

■galabox movies:https://movies.galabox.net

 

E5492a0b5b5447d9b03ea6684ababd85

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

galabox presents『オリジナル・ライブ動画作品」は、

ここから始まりました❣️)

 

『鈴木祥子LI've&workshop act;1〜

独りシンポジウム&ライブ〜アルバム『風の扉』を考える。』について。

 

C48fc92aabdd4efab087b501748ef0a8

 

『風の扉』は1990年3月1日に発売された私のサード・アルバムです。

その全曲を30年後の3月14日に独りで、スタインウェイのグランド・ピアノが1台という、

簡素にして大変豪華な?環境で弾き語りしました。

演りながら浮かんで来るままに歌ったので、アルバムの曲順にはなっていません、

でも最後は何故かタイトル曲の「風の扉」に還って来ました(笑)。

意図せずして、期せずして、と言うのが、私の人生でいつもとても大事なことに

なっています。意図して、期してやったことより面白いからなのです。

歌うのも、デビューするのも、30年間もやることになったのも、

意図しておらず期していなかった。。。それでも人間、全然生きてゆけるものなんです!

(証明、私。)

そしてちょうどこの日に行うことになっていて、

行うことが出来なかったソングライティング・ワークショップのために

皆さまから寄せられた言葉や、イメージを生かしながら書いた曲の、

これも独りワークショップ、をやりました。

どんなふうに曲を考えてるのか、アイデアってどう展開してゆくのか。。。

自分でもとても新鮮な、脳が活性化するような想いでした。3月だから

「弥生の空は見渡す限り。。。」

と、童謡「さくらさくら」の歌詞で始めてみたのですが、何故か途中に

荒れ野の原にも滴るメロディ」

という言葉が出てきて、

今の世の中の状況などこの曲を考えた時は予想もしていなかったのに、

。。。何でこんな言葉が出て来たんだろう?と本当に不思議でした。

荒れ野の原にも、滴るメロディ。。。

音楽は、生きる、ってことなんだろうか、と感じました。

だとしたら歌おう、だとしたら作ろう、

その営みをやめずに居よう。

そんなふうに思ったのです。

意図せず、期していないとこんなことがあるのですネ。その「ことば」が

無ければ、もしかしたら心が負けていたのかも知れないのだけど、

元気なのです。

その曲がかたちになってゆく模様、も入っておりますのでどうか、一緒に曲をかんがえるような気持ちで

楽しんでいただけたら大変、嬉しいです。

今度は本当にお逢いして一緒に歌を作りましょう!

 

 

鈴木祥子。

 

A41f96b34633476e8bd8ed5cd4f94569 5f692b2519e14dfe9772ba1f99db7b74

 

http://eachandeveryday.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-be5f19.html

 

31533417d2d249b59dad1f6d336fa5f7 881a673f79a54a56b2aa5ca1f365b9e5

 

 

 

 

 

 

 

2020年6月26日 (金)

均等法って1周廻ってやっぱ良かったんじゃ無いか、と。

 

男女雇用機会均等法、略して均等法って、1周廻ってやっぱ良かったんじゃ無いかと思う。。。

のです。

何というか、功罪の、の部分ももの凄く在るのだけど、

、が結構、意図せざる形で大きく表現され伝播した、

ような気がするんですネ。

 

いや〜いろんなことやったねえ、と思うんです、単純に。

特に音楽、作品を作るってことに関してはずいぶんわがままを通し、

たくさんの人に助けられた。。。非常に、意思を尊重してもらった。

それだけでももの凄い有り難さなのに、

嫌なこと、嫌いなことをしない、ことにもわがままを通して現在に至っている。。。

 

本当に嫌なことやらないですから、私。情で何かをやる、ってことが出来ないのです。

やりたかったのにやれなくて、諦めて後悔してることって、すぐには思いつかない、。。

元々そんなに“やりたいこと”の無い、仕様も無いボーッとした人間だ、

ということも勿論あるのですが😭。。。

 

ちょっと前の世代の女性だって勿論いろんなことをやった、道を切り拓いたけれど、

所謂均等法世代ほど「自由」では無かった、

きっとプレッシャーが、圧がもっとあったと思うのです。

先日、偶然に私より9つ年上のキャリア・ウーマンの、

闘病のドキュメンタリーを観てそう感じました。

 

私たちはとにかく、女も可能性を伸ばせ、個性を生かせ、って言われ継けて来たんですネ。

だからその通りやったらエライ目に遭っちゃった、ってところもたしかに在るんだけれど。。。

それでもですよ、

 

やれたことの方が多かったんだよ、諦めたことより、実際。

で、身体を壊したりメンタルに来たりということも、あったと言えばあったけど、

結局軽く済んでしまった。ヘビーなことにはならなかった。

ドキュメンタリーの女性は難病に罹り、今の私と同じ、54歳で亡くなった。

ショックでした。

 

本当に強い人。弱音を吐かない。お洒落で自立していて、仕事が出来て、

お子さんは居なくて、女友達の信頼が厚くて、仲間に慕われていて、バツ1で。。。

ある意味、典型的なその姿に、本当にいろいろなことを想わされました。

 

 

。。。これだけはやっておきたい、やっておかなければ!

っていうような強い希い、意思が私にはありません。

どうしてもこうなりたい、という像(イメージ)も、特にありません。

かと言って、

 

もうやり尽くしたし今やりたいことも特に無いし、はあ〜ァ。。。

。。。みたいな虚無感も、まったく無いのです。

何かやりたいこと、追及したいテーマっていうのは

生きていれば自ずと見つかるものなので、そうしたらそれを追いかければいい。

 

人は生まれる時代を選べない、って言うけれど、

案外いちばん相応しいとき、生まれているものなんじゃないか。

やっぱり時、なんです。時代、なんですネ。

時代、って意図せざる不思議な効果というか影響を、その只中で生きてる人間にもたらすんだけれども、

その時はわからない。後から解る。ハッキリと答えが解る。

 

ドキュメンタリーの女性は、私が思うに、あるときにもっと手放してよかったんだけど、

手放しちゃいけないものの方を手放して、手放せばラクになることの方を握りしめちゃった。。。

判断が逆になってしまった。そんな気がして仕方無いのです。

何がそうさせたかって、やはり無意識のプレッシャー、時代的な圧。。。

では無かったでしょうか。そうなってくると均等法の功罪、その

均等法そのものよりも、

 

それを後押ししたフェミニズムのほうにより重く在る。。。

と言えないでしょうか。

 

最近、結構いろんなことをやったように思うのに、自分が

まだ60になってない、ってことに自分で驚いちゃって、えっ、60まであと、

5年もあるの!みたいな。。。

 

似たようなことを25の時思ったんです、考えたらあたしってまだ25か、

30まであと5年もあるよ、若っ‼️🤔

 

それとまったくおなじことを、30年後に思ってるのです、

あたしまだ55か、

60まであと5年もあるよ、若っ‼️🤣

 

この呆れる程の楽観性、これが均等法世代に分かち与えられた神様からのギフト、

なんじゃ無いでしょうか。私たちの世代はほかのどの世代よりも少子化に貢献してしまった。

何故なら自己中心的だからです。そのように教えられ、そのように育ったからです。

 

。。。しかしそれは同時に、嫌なことを嫌だとキッパリ拒否出来たり、

目先の情や打算の為に物事を行わない、所謂「ケツをまくる」強さ。。。

と言って語弊があるのならば図々しさ、を与えてくれました。

 

 

勿論両方実現したなら、それが女性としても人間としてもいちばん良かったのです❗️しかし。。。

どちらが良いとか、こうであれば良かった。。。

などと言うことは歴史がもっともっと進まなければ判断出来ません。

今書いていることだって単なる私見、推論に過ぎないのです。

 

しかしほかに原因が思いつかないんですヨ🤔、この世代のこの自己中心さ😭。。。

生まれた年とか性格とか名前の画数、とかそういうものでは。。。(笑)

 

 

(追記。)

 

。。。なのでわたくし、本当にクリスチャンになって良かった😭💕、と思うのです。

あのまま自己中心の生きかたをしていたら54にもなって、ロクでも無い人生まっしぐら。。。

だったかも知れないと思うと恐ろしい😂なんてものじゃ無く、

多くの罪を犯してきた自分を、

それでも見捨てずに護っていてくださったことへの感謝が何と言うか日々、。。。

溢れて来てしまうのです。

 

私の人生も私自身ももう“自分”のものじゃ無く主のものなので、

何処に導かれようと大丈夫✌️。だからNashville Tennesseeにゆくのが神の御心ならば、

絶対に行けるし住める。。。としか思えないのです😊❤️。

 

 

 

 

 

 

 

ベアフォレストmini・ミニストリー💒〜”祈り“の超・実践的な効用について。2。

 

690b3101498f440d8dfd2504d3070f47

 

ベアフォレストmini・ミニストリー💒〜“祈り”の超・実践的な効用について。1。

http://eachandeveryday.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-97ce45.html

 

 

。。。まず心が安定して、ちょっとしたことに動じなくなります。

 

街を歩いていてふっと目に入ったもの、インターネット検索でパッ、と目についたもの、

 

ちょっと小耳に挟んだこと、メディアから、人の口から聞こえてきた言葉、

 

それが自分にとって有益な情報である確率、がグン、と上がります。

 

逆に、心を落ち込ませるようなニュース、言葉、には不思議と出逢いにくくなり、

 

これはヘンだな、おかしいな、

 

ということを感じるようになります。

 

 

。。。余談ですが、トランプ米大統領のtweetを読んだりlikeしたりretweet...

 

したりするのはこのことと大いに関係があります。

 

日本のメディアの言うことだけを聞いてたら

 

トランプ=極悪人。支持する奴の気が知れん、オマエラ阿呆か、死ね!!

 

。。。とかなってくるみたいです。

 

実際の演説の声や内容、使っている言葉、語彙、そして行動を見て&聞いていたら、

 

 

おかしな扇動をしていない、極端なことは言っていない、

 

寧ろ倫理観に基づいて行動していて、その倫理観の大元は聖書にある、

 

 

ということを感じたのですね。今の時点で自分がそのように感じる、ということなので、

 

トランプ大統領こそヒーローだ❗️キリストだ‼️。。。なんて言っているのではありません。

 

 

報道と自分が感じることのあいだに極端なギャップがある、ということは、

 

すべてを鵜呑みにせずにいろいろ見て、聞いて、読んで、

 

判断をした方が良いのではないか?。。。

 

。。。と思っているのです。

 

(しかし一回死ね!と思ってしまった人は、なかなかその思考から

 

出て来られない、らしいのですよネ。私にしてみるとそっちの方がよっぽど恐い。。。

 

自分で探すってことは冷静になる、ということ、

 

いろいろな可能性を考え、検討してみること。。。

 

否定的感情が先に立って会話が成り立たない、

 

反対意見は全て撥ねつける、ってことの方が、

 

より彼らの嫌っている(らしい)ヘイトやレイシズムに近い、 

 

。。。ということは言えると思います。

 

暴力に抗議する❗️と主張している人の方が実は精神的に暴力的である、という、

 

笑えない状況😭。。。

 

 

そういう状況をわざわざ作ってしまい、巻き込まれ分断されてしまうから、

 

自分で探して調べて、という作業が大事になってくるのですネ。

 

 

今日はお祈りの効用、について書いて来ましたが、その極めつけは。。。

 

故意的な悪意、を避けられるということ、です

 

 

悲しいことではありますが。。。人に悪意を向ける人、って一定数存在しています。

 

私はどーゆー訳だか、昔からそういう人の被害に遭いやすい()人間でした。

 

子供の頃はお約束のイジメにも一度遭いましたし、成人して音楽をやるようになってからも結構、

 

いろいろな嫌がらせや誹謗中傷に遭ってきた、と自信を持って(泣!)言えます。

 

 

しかし。。。今は殆ど大丈夫なのです。そういうものに

 

遭っても遭わない

 

という状態、

 

つまり、

 

そもそも受け取らない。必要なら反撃する。公にする。

 

 

悪意を完全に避けられる。。。と言うより、それによって

 

動揺したり傷つくことが無くなる、と言う方が近いかも知れません。

 

 

悪意は、受け取らなければ傷つかないのです。これ、本当に不思議。

 

 

私、現AmazonCEOは、いろいろなメガ企業のトップが多かれ少なかれそうであるように

 

問題もある人かと思うのですが、

 

この↓Tweetは真実を突いてるかも、と思いました。

 

“...There have been a number of sickening but not surprising responses

in my inbox since my last post.

This sort of hate shouldn’t be allowed to hide in the shadows.

It’s important to make it visible. This is just one example of the problem.

 

And, Dave, you’re the kind of customer I’m happy to lose.”

 

 

“...この類のヘイトは許されるべきでは無いし、闇に隠されてはいけない。

 

問題の一例として可視化することが重要だ。

 

だから、デイヴ、君のような顧客を、私は喜んで失うよ。

 

 

。。。良いですネ、この語尾に()とか付きそうなキッパリとした、余裕ある

 

完全な拒否❤️。人の好意や、モノ、や(一見)良い(ように見える)事、を

 

得たい

 

増やしたい

 

では無く

 

喜んで失う❤️。

 

悪意にはこの態度で行かなきゃネ❣️と思わされました。

 

(故意的な悪意には、です!心ある意見や正当な批判、というものと、

 

故意の悪意はハッキリと区別しなければならない。。。そう思います。)

 

あなたが、私がAmazonCEOでなくても、

 

男でも女でも。

 

 

 

。。。いかがでしたでしょうか?お祈りする、祈る、ということが

 

単なる儀式や気休め、迷信や暗示の類では無く、

 

大変プラクティカルな、実践的なものだということが伝わりましたでしょうか??

 

 

クリスチャニティはスピリチュアルとは違い🎃😊

 

そのままでいいんだよ、とは言ってくれません

 

神社。。。とも違います⛩、主は人間にお賽銭💰、などを求めません。

 

 

神が求めているのは愛、愛を与えること、愛に気づくこと、愛を実践すること。

 

節度を守ること、柔和であること、隣人を助けること。

 

しかし悪、には決然とした、断固たる態度で臨みそれを拒否すること。

 

どうか頭の片隅にPlease remember that💕!なのです。以前のmini・ミニストリーにも

 

書いたのですが、主は従順な者、信じて懸命に祈る者、には惜しみなく

 

そのLovingkindness❤️を降り注いでくださいます。

 

どのように。。。?って言うと、

 

聖霊(ある種の純粋なエネルギー、電磁波のようなものとお思いください😊)

 

を与え、降り注いでくださることによって。

 

聖書には聖霊のバプテスマ、という言葉がよく登場します。聖霊をもって洗礼を受ける、

 

その条件はただひとつ、

 

祈ること

 

なのですネ。真剣な祈りによって聖霊を与えられ、

 

聖霊を与えられることによっていろいろなプラスの作用が起こり、

 

神の、=主の深い愛を実感するようになる。。。そこから離れて生きるなんて考えられない、

 

くらいに❤️。

 

 

そうそう、聖霊を受けるとどうなるか?ということを、

 

復活して天に挙げられる直前、イエス・キリスト御自身が詳細・かつシンプルに

 

教えてくださっています(優しい。。。💕)。

 

 

 

『信ずる者には此等の徴(しるし)、ともなはん。即ち我が名によりて悪魔を逐ひいだし、

 

新しき言(ことば)をかたり、蛇を握るとも、毒を飲むとも、害を受けず、

 

病める者に手をつけなば癒えん。』

 

(マルコ伝福音書:1617節〜18)

 

 

“...and these signs will follow those who believes.

 

In My name they will cast out demons;they will speak with new tongues;

 

they will take up serpents;and if they drink anything deadly,it will by no means

 

hurt them;they will lay hands on the sick,and they will recover.”

 

(MARK16:1718)

 

Cdc1c8e61fdf4eb7964b3e6786802cee

 

 

 

(文中のクリスチャン、祈り、という言葉は旧約聖書・新約聖書に基づくものであり、

いかなる宗教団体、キリスト教系の新興宗教とも関係がありません。

 

また、あらゆるスピリチュアル・自己啓発・

ニューエイジ的思想団体とも、その教義とも関係がありません😊。)

 

2020年6月19日 (金)

7/18(土)放送の『ドットーレ・しょうこのドキドキラジオEX』、アグネス・チャンさんの名曲の数々をお届けいたします❣️

253ef56900c3488b8dbe9ba0802773c0

 

7月18日(土)25:00より放送の東海ラジオ

『ドットーレ・しょうこのドキドキラジオEX』、

ドットーレ・山口悟先生と鈴木がdeepな音楽談義&音楽研究を繰り広げております。

 

E69e441447ba497bb91fe0734654c6c0

7月は鈴木の偏愛する、1970〜1974年にデビューした

素敵な女性アイドルたち、

そして彼女たちに曲を提供しヒットを連発した

綺羅星の如き作詞家・作曲家の世界を、

当時の世相や流行を追いつつご紹介してゆく

ロマンチック少女歌謡の系譜』

をお届けいたしております。

第1回、第2回にフィーチャーしたのは

「シンシア」こと南沙織さん。

 

その美貌とソウルフルな歌声から繰り出される素晴らしい楽曲の数々を、

先週の放送では名曲『哀しい妖精』を鈴木のスタジオ・ライブでお聴きいただきました。

 

A4d7bafae745464596338a402ddf55f2

 

そして第3回〜第4回は、

アグネス・チャンさんの名曲の数々を

お届けいたします。

小2だった私がお小遣いでブロマイドを買い、

さらにLPを買った唯一の女性歌手

アグネス❤️でした。。。

 

何が小学生の私をそこまで魅きつけたのか?

 

 

キーワードは当時の大ヒット長編ドラマ、

 

5a48bbe5f443432188124bc5273e7942

 

『大草原の小さな家』

にあった!

このアメリカのドラマに代表される

カントリー・メルヘン(メンヘル、ではありません。。。)

への憧れ、ロマンチックという概念の呪縛。

 

 

アグネス・チャンが表現していた何か、は日本の少女の心をどのように魅きつけ、

どのように捉えたのか?山上路夫先生、平尾昌晃先生、安井かずみ先生、井上忠夫先生の

素晴らしい楽曲と共に、その「ポケットいっぱいの秘密」にセマッてみたいと思います。

 

335f940c077c4d00b3d508e94ea95f06

 

 

 057dd403d0df4cb08893545dad2b318c

 

昨年11月、東海ラジオにお邪魔したのがもう半年前。原田真二さまと山口先生と。

服装が冬。。。って当たり前ですネ!今回は夏!のムードで、

サワヤカにお届けしたいと思います☀️☘💜。

 

 

 

 

 

 

2020年6月18日 (木)

ベアフォレストmini・ミニストリー💒💕〜“祈り”の超・実践的効用について。

7485445b797947d196f58c0323473cb4

 

。。。本日もやってまいりましたベアフォレストmini・ミニストリー💒の時間のタイム❣️

 

クリスチャンに欠かせないものと言えばお祈りと聖書。これはもう、日々の食事のように、

 

日用の糧のように、そして所謂セルフ・セラピーやエンパワーメント。。。

 

のためにも大変、重要なことなのです❣️❣️

 

 

今日はクリスチャンにとって祈る、という行為が具体的に、

 

どんなことに、どのように作用するか。。。について書いてみますネ。

 

 

例えば今の時代、疑わしい報道、常識に照らして考えにくいモラル、

 

そしてフェイク・ニュースがあらゆるところに在るナ。。。と感じる、とします。

 

私がイヤダナ、と感じるのは、メディアの極端に発達した現代に生きる、ということは

 

あらゆる情報が空気のように目に入り、耳に入ってくる、ということ。

 

好むと好まざるに関わらず、それを許容している。。。というより許容させられている

 

うちに、知らず知らずのうちに何らかの影響を受けてしまうこと。。。

 

なのです。

 

 

もしもあなたが

 

。。。何かわからないけどユウウツだな〜、とか、

 

何がどうって訳じゃ無いんだけど気が重いナ。。。

 

と感じるとしたら、それはあまりに多くの言葉を聞かされ、あまりに多くの情報に日々

 

晒されていることの副作用、なのかも知れません。

 

だってその中には嘘、も当然含まれているから。。。

 

 

。。。そう考えるとちょと恐く無いですか?無人島に住んでいるのでも無い限り、

 

現代の人は見たり、聞いたりするものから逃げられない。。。

 

誰でも多かれ少なかれ影響を受けるし、気分を左右されます。

 

願わくは自分にとって有益な情報を得て、識って、良い刺激を受けていたい。。。

 

しかしそれには物事をかき分けかき分け、大事なものを探して探してたどり着かないとならない、

 

何かの宝探しみたいな状態になっている。

 

 

これは不自然です。面倒〜😩😩。。。と感じて探すのをやめる人が居ても何の不思議も無く、

 

寧ろその方が楽しく生きられるんじゃ。。。と思ったりもします。

 

。。。だがしかしBUT,

 

自分で探さない、ということは

 

考えなくなる、ということ。

 

考えない=頭を、手足を使わない=発見しない=感動しない、

 

と、内なる何かがどんどん退化。。。してゆく気がします。

 

頭も手足も「使う」から衰えない。「使わない」ものはなんでも錆びついてゆきます。

 

心とか精神、も同じなのじゃ無いでしょうか。

 

(。。。と、ここで尊敬する本田宗一郎さんの名言を憶い出したのですが、

 

女が発するにはヒジョ〜に憚られる言葉が含まれているので省略。。。💦)

 

 

 

。。。しかしDon't you worry❣️❣️😊私たちには

 

祈る

 

という強力な武器がある‼️

 

私はこんなふうにお祈りしています。

 

 

愛する主よ、

 

どうかわたくしに、真理と非・真理を、

 

真実と非・真実を見分け、聞き分けることの出来る耳と、目と、

 

聡明さと、冷静さをお与えくださいますよう、

 

どうかお導きくださり、お護りくださいますことを、

 

主イエス・キリストの聖なる御名によって、心からお祈りいたします。

 

 

これはねえ。。。超・効きます❣️

 

6c772ce861814e1fa26af37cab11486c

 

 

(この項つづく。)

 

 

 

(文中のクリスチャン、祈り、という言葉は旧約聖書・新約聖書に基づくものであり、

いかなる宗教団体、キリスト教系の新興宗教とも関係がありません。

 

セルフ・セラピー、エンパワーメントという所謂“自己啓発”的な用語と考え方は

聖書に基づきその教義をわかりやすく、一般的にしたものだと思っています。

しかしながら神と信仰、という本質に触れず“Self”=「自己」のみを信ずるように教える、

ことは危うさと危険を伴う。。。。と言うのが、クリスチャニティの視点から見た問題点だと

思います。

 

便宜的にその語を用いておりますが、あらゆるスピリチュアル・自己啓発・

ニューエイジ的思想団体とも、その教義とも関係がありません😊。)

 

 

 

 

 

“it’s mine‼️”


 

洋楽のカバー・アルバムのミックスを、エンジニアの中山佳敬さんが送ってくださった!

 

良い音過ぎて倒れそう。。。

 

中山さんは「俺って凄い!」オーラをまったく出さない優しい方なのだけれど、

その音は本当に凄い。空気が何重にも重なって視えない圧、になって、

その振動がこちらに伝わり心が震える、

そういう「良い音」って、

何処にでも在るものでは無い。

 

わからないけれど、

 

音のセンスというものは音が震わせているその空気、を従わせるセンスなのだなぁ、。。

と心から感じる。

空間に、空気の層を構築する想像力、と言うのか、。。。

私にわかるのはそこまでだ。もうそこから先は不可侵の領域、

 

 

。。。もう、何と言うか良い音過ぎて、自分の演奏を聴いて涙が出た()

 

 

私は音が好きだ、音楽というよりも音、が好きなんだ、

良い聴いているとき、感じているとき至上の喜びと幸福に満たされる、

。。。ということを実感する。それが自分の音であっても誰かの音であっても、

音、が心を解放してくれる。

 

“自分の“アルバムを出す、ということが12年間無かったのは、

どうもそういうことが関係していそうな気がする。

 

 

クリスチャン的には、音も音楽も神が創造し、人間に賜ってくださったもの。

創造主である主を飛び越えて、音楽のほうを愛し崇拝する、

なんて赦されない。いつかも書いたけれどそれは二心(ふたごころ=Double  mindedness)の罪、

偶像崇拝(=Idolatry)の罪になる。

 

クリスチャニティってそんなに制限が多いの?罪ばっかりで大変過ぎ‼️

。。。と思われるのはこういうところなのだけど、

それって実は。。。

主の深い深い、巨きな愛情❤️なのだ、ってことを、

どうしたら人にわかりやすく伝えられるだろう??

(それも自分の目下のテーマなのだ。)

 

私はそれを。。。そうです、JOURNEYの法廷闘争、利権譲渡の一件で思い知ったのでした。

思い出すだにヘビーな話。。。彼らにしてもそんな状況になる、ということ自体が

裁かれている

ってことなのだ。。。たぶん。

 

音楽は偶像崇拝の為にあるものじゃない。主への賛美のために在る。

 

(そうか、今裁かれる、という言葉を読み返して思ったのだけど、

罪や罰、裁き、という単語はいかにも厳格で恐ろしい。怖過ぎなんですけど。。😭

と、私も以前そう思っていた。

キリスト教って何でそんな脅迫みたいなこと言うの😂?とも感じていた。だから

 

神は人間を罪で縛り付け、罰してばかりじゃないか!そんな神なんて誰が信じるか‼️

 

。。。ってことになってしまうんだ。ちょっと解って来た。。。

 

多くの罪、を定めてそれを厳しく禁じるのは、

人間が幸せに、光と祝福を、希望を感じて生きられるように導くため、なんですヨ!

だから厳し過ぎるほどに厳しく諫めて、時には裁き、罰するのです。

それが身に沁みて解ったのは、実は最近です。

 

だってそうしないとその人の、内なる輝きが死んでしまうから。

罪と、罰。それは人間を最も幸せな状態に戻してあげるための、

その人本来の美しさを輝かせてあげるためのもの。それほど人間は罪に染まりやすいんですよネ。。。

 

はあ〜。。。😩。。。身に覚えあり過ぎ😭。。。)

 

 

しかし、

自分の描いた絵を売りたくない画家の気持ちが生まれて初めて解ってしまった()。。。

「これ私の、誰にもあげない!」

よくそんなことを言って怒られたナー、幼稚園児の頃🤣。。。

その頃から進歩が無い、ということなのだろうか?!

 

 

。。。ナンテ嘘です、最も良いかたちでお聴きいただけるよう頑張ります。

21日にもう1曲のコーラスをして、ちょこっと編集をしていただいて、

中山さんのミックスの音をスタジオで聴いたら。。。完成です‼️

 

どういう形態で出すのが良いのか、CDとレコード、って噂も。。。

45回転のLP(!)

というウワサもチラホラ。。。

どうか、どうか御期待くださいませネ❣️

 

0d84dc09cf964802bde83c572c58787d

 

いつも人の少な〜い電車、この後髪を5cm切ってもらいました、

以前アンソニー(レッチリの)・ヘアにしてくださった沢口光さんに。

ざっくばらんで、豪快さに繊細なセンスが同居する素敵な女性です。

沢口さんの代官山のサロン、真っ白な壁と大きな窓から空が視える、

とても落ち着く空間でした。

Before→AfterのAfterです↓❤️。

 

6f491ab524c847d3b90d461fa15a5509

2020年6月10日 (水)

ツイッター(SNS)について私が思った/感じた2〜3の事柄。

 

。。。今こそ使ったことの無いツイッター用語を、最初で最後と思って使います。

ツイッターのアカウントの方に、ファボ、リツイ、リプをくださったみなさま、

本当にありがとうございます😭💕。

今月中にアカウントは閉じさせていただきますが、そこにいつも、

1度ならず2度までも😭至ってしまう経緯?を考えてみました。

 

単純に「世界観が合わない」。

 

SNSの命はやはり同時性、リアルタイム性に尽きるナ、と思いました。情報の鮮度ですネ。

私は「人間とは無限の情報だ」。という安部公房の言葉を座右の銘としています。

“自分”が生きていること自体が「無限の情報」だ、と思っています。

昔も今も生まれる前まで含めて。

だからそれ以上の情報はToo muchだと感じてしまう傾向が。

 

時間と心を意外に消費する。

 

軽〜い気持ちで軽〜いおつき合い、と思っても、始めると意外に、思ったより意外に、

時間を取られるのがSNS。タイムラインをチェック、ということも、

どうしても途中からしなくなる。何日も開かない、ことも増える。

しかしいざ投稿をすると、読んで/見てくれた方の反応が気になる。

ツイッター(SNS)を”ビジネス的に“使うというのは、どんな投稿にどのくらい反応があったか、

見てくれた人の反応を引き出せるように工夫を重ねることなんだってね。←「だってね。。。」

と思ってしまい、自分でそれをやろうという気持ちが無い。

いや、反応は大事ですよ、反応を考えない人、反応を気にしない人なんて多分、

この世に存在しません。

でも音楽への反応と、SNSの投稿への反応って、全然別のものだとどうしても、

思っちゃうんですよネ。。。

 

それがリンクして“相乗効果”を生むんだよ!

と言われても、「ホントかヨ?」とどうしても思ってしまう。

私は音楽をビジネス、と全く思っていないのです。

思おうとすることじたいに無理がある、というか。←コリャ向いてないナ、

とやっぱり思うわけです(笑)。

 

✨“リツイート”というものに意外な危険が潜んでいる。

これは非常に意外なことでした。

リツイート、って結構気軽にしてしまって、自分の興味の対象、

支持している人や考え方、生き方、言葉なんかが丸見え、素通しになってしまう。

。。。これって結構恐いことでは無いでしょうか。

自分が支持している人が、自分が全然支持していない人のツイートを

結構な頻度でリツイートしている。

。。。それ、大きな不快感を人に与えるらしいのですネ。

らしい、というのは、私個人は、そういう気持ちにもしなったとしたら

「そっ閉じ」する方だからです。

そうなんだ、でもそれはそれだな、と脇に置く。

 

ツイッターだったら”そっとフォローを外す”。

知っている人なら、ふーん、と思って頭の片隅にだけ置いておく。

そこに何の感情も込めない。抱かない。

 

インターネット上で起こる脊髄反射のような強い気持ちというのは、

不健康な反応。。。である場合が非常に多いからです。

 

ーーしかし、「そっ閉じ」出来ない、しない人というのも居るのですよね。

何か言ってやりたくてたまらない、とか、

見るたびに不快感と疑問が募る、とか。。。

で、本当に相手にそれをぶつけてトラブルに発展したりします。

 

私からすると、それは非常。。。に不思議な精神状況です。

人のリツイートや、支持しているものや人、がそんなにも気になる、

ってことがまず、わかりません。

だって人は人じゃん?人はいろいろで、

 

それぞれ信念とか想いを、信条を持って生きている。

 

自分がそれを嫌い、気に入らない、という理由で”いちゃもん“をつける権利など、

この世の誰にも無い、と思いませんか??

 

批判、というのはまた別だと思います。

批判、されなければならないことはやはり厳然と在るし、

ハッキリとした批判の態度を取らなければ肯定したことになってしまう、

という場面は存在します。

 

。。。でも、それと”いちゃもん“は違います。ごっちゃにしてはならないことが

ごっちゃにされている場面が、非常に多いのがインターネット。

現代、というものがinformation warfare,である所以ですネ。

 

 

私はそんなふうに感じる人間なので、何で”人のこと“がそんなに”自分の問題“になるのか、

がわかりません。それは人の痛みや、辛さが分かることーー人間の素晴らしい共感能力、

とは全く別の地平にあることです。

 

前者は人と人を分断し、マイナスの想念と結果を生み出します。

後者は人と人を近づけ、団結させ、愛を育てます。

 

。。。つまり真逆のことです。だからそれをしたい人の心、というのは

 

まったくわからない、と言っても過言ではありません。冷たいのでしょうかネ😭🤔❓❓

 

相互理解の難しさを識る、人の想いの複雑さが解る。。。ということに関しては、

こんなに勉強になる場所もほかに無い、とも感じました。だから。。。

 

やって良かった❤️、見てくださってありがとうございます😊❣️

 

。。。以上が、私がツイッター(SNS)に関して思った/感じた2〜3の事柄、でした!

 

 

 

 

2020年6月 8日 (月)

「鈴木祥子LI've&workshop』act;3」についてのお知らせです。

 

オリジナル・ライブ動画配信シリーズ『鈴木祥子L I've&workshop』act;3の発売・公開中止を、

謹んで心よりお詫び申し上げます。

 

act;3は「”ロマンチック少女歌謡“の系譜〜The excellent composers&Lyrisists in early 1970's」

と題し、鈴木の偏愛する1970年から1974年デビューの素敵な少女歌手と、

彼女たちに楽曲を提供していた綺羅星の如き作詞家・作曲家のマスターピースを、

鈴木なりの解釈でのアレンジ・歌唱にてお届けする。。。という企画でした。

単にセブンティーズ歌謡、70年代アイドル・ポップのカバー集、に終わること無く、

音楽史研究の観点からも絶対に完成させなければ。。。との想いはより強く、

どうか完成の日をお待ちいただけましたら大変、大変幸いです。

 

ツイッターの方に書かせていただいたのですが、昨年よりSNSならではのトラブルに何度か遭遇し、

galaboxえりさまともそれが原因で袂を分かつようなことになってしまいました。

act;1、act;2と大変御世話になり、

そもそもこの企画を提案してくださったのはほかでもないえりさまでしたので、

感謝の想いは非常に大きく深く、

。。。しかし50年余、永い年月を生きてきた独立した“個人”同志、

お互いに譲れない意向・意見というものがあり、摺り合わせることが難しかった。。。

というのが正直なところです。

 

いつも陰影ある、奥行きある素敵な映像を作ってくださる吉野達哉さま、

(アンソニー・ヘアの時から御世話になっております)ヘア&メイクの沢口光さま、

御迷惑をおかけして本当に。。。本当に申し訳ありませんでした。

公開を楽しみにしてくださった方にもう一度、お詫びを申し上げます。

どうか完成のお知らせが出来ます日をお待ちいただけますよう、謹んで御願い申し上げます。

 

そしてgalaboxえりさま、本当に、本当に御世話になりました。どうもありがとうございました。

galabox moviesの素晴らしい発展と栄えを、心から祈っております。

 

 

今週か来週いっぱいでアカウントの方は閉じさせていただきますが、お気が向かれたときに、

こちらのブログにぜひ足を向けていただけましたら幸いです。何か先ほど

音楽史研究、

という言葉を書いて、

自分で

それだよ。。。

と思いました。私の今までの人生をすべて総括?して先に進むとしたら、

やるべきことはまさにそれだ、と何かを掘り当てた、ような想いになりました。

聖書の勉強もクリスチャニティも音楽も、もっと進化させ進歩させてゆきたい!。。。

そう心から希う私なのでした。

 

 

 

 

1970年代初頭の人。

5d4952cb09314367a15660c8ed00583a  6342bb9b77244b3687385611881a44cb

 

E0fc78a7c01741b28d57823b94281875  Ce136a2385f14c7f98892e043950daa5

 

タブレットの画像編集機能を使って最近の画像をモノクロにしてみたら。。。

1970年代初頭の人みたい❤️イカス❣️😊❣️

私の憧れ・1970年から1974年。その頃に10代後半か、20代だったら良かった。。。と

いつも思うのです。だって音楽は最高だしサ。。。

実際は5〜9歳(笑)。生まれるのがちょっと遅かったネ、という感じです。

 

PRINCEの曲にそういうリリックがありました、何の曲だっけナ〜。。。

 

 

 

2020年6月 5日 (金)

7/15→7/31になりました❗️

矢部浩志 闘病支援応援CD
「HIROSHI YABE SONG BOOK〜矢部浩志カバー・アルバム」


先日急性骨髄性白血病と肺炎の治療のため入院している事を発表した 矢部浩志さんを応援及び治療費の支援を目的に、 彼が過去在籍したカーネーション、ソロユニット Musement、 そして現在活動している Controversial Spark の矢部さんが作曲した 楽曲をゆかりあるアーティストが新録でカバーしたオムニバス CD を 緊急リリースします。本 CD の売上は、制作にかかった経費を除いた
全てを、矢部さんの闘病の治療費等のために寄付します。

 

■商品概要


アーティスト:オムニバス
タイトル:「HIROSHI YABE SONG BOOK〜矢部浩志カバー・アルバム」 価格:3,000 円(税込)
レーベル:なりすレコード
品番:NRSD-3081
発売日:2020 年 7 月 15 日(予定)
備考:6 月 28 日迄予約受付の完全受注プレス限定盤。 配信及びサブスクでの販売なし。

 

■販売方法 なりすレコード通販サイトのみで販売
(7 月 15 日に発送開始予定、一般発売なし)
6 月 28 日迄予約受付の完全受注プレス限定盤。
★通常コースとグッズ付コースの 2 種類で販売。
https://narisurec.thebase.in/

 

HIROSHI YABE SONG BOOK〜矢部浩志カバー・アルバム」


参加アーティスト(全 16 組収録・五十音順)

 

一色進(ジャック達)loves なんちゃらアイドル うどん兄弟
加藤千晶+鳥羽修
カーネーション(with 棚谷祐一、鳥羽修、張替智広) 菅野みち子
空中カメラ feat.堂島孝平 Konore+konken(konore+近藤研二)
佐藤優介
スカート
鈴木さえ子+tomisiro
鈴木祥子
鈴木博文+emma
曽我部恵一
naomiche and keiiche(岩崎なおみ+鈴木慶一) BAND EXPO
ポニーのヒサミツ+中川理沙

 

ジャケット・イラスト:眼福ユウコ

デザイン:岡田崇

 

カーネーションの超・名曲「レオナルド」を一人多重録音でやらせていただきました。

カセットの8チャンネル・レコーダーで録音&ミックスをしてくださったのは猪爪東風さんです。

なりすレコードの平澤さんと東風さんと私😊。

 

諸事情により発売が7/31になったそうです。早く全貌が聴きたい❤️。。。どうか今しばらくお待ちくださいませ❗️

 

8522e6202e654f0d9a6cd457aedaca5e9071e46c3941414a85a1705a57e339df

00646b3174b646d598234aa561b43cce 2cb51c1097c2443884f888feae83c499

2dbe3a5eb990497ba0531c0eeb0e2023

’65から政治的信条、は置いてません。宗教的信条、やってます❤️。

 

ツイッターに途中まで書こうとしたのですが長過ぎるのでヤメて、こちらに書きました💁‍♀️😊。

 

America needs creation not destruction,
Corporation not contempt,
Security not anarchy,
healing not hatred,
justice,not chaos.
This is our mission and we will succeed 100% our country always wins.”

 

トランプ米大統領の演説より、非常に印象的だった部分を書き出してみました。

 

ー米大統領が演説やツイートで実際に発言していることと、

報道とのあいだに落差があり過ぎる、と感じています。

 

14の時テキサス州ヒューストンの学校に通い、

たった半年ですが毎朝アメリカの国旗🇺🇸に皆で忠誠を誓っていました。

ホームルームで毎朝、授業にゆくまえに(生徒が教科によって教室を移動するので、

クラスに集まるのは朝だけなのです。)

必ず全員が立ち上がって、手を上げて(右手を心臓=heartにあてて)行う“宣誓”でした。

 

え〜、私アメリカ人でも無いのに😣。。。と最初は凄く恥ずかしかったのですが、

あの体験は法と秩序と神の前で誓う、ということを教えてくれました。

 

クリスチャンが少ない日本では“アメリカかぶれ”と言われそうで恐かったのですが、

トランプ大統領は演説で神に言及し、聖書を倫理観の基準に置いている、

常に聖書に基づいた発言をしているので、

クリスチャンの自分は非常に真っ当である、というか真っ当なことしか言っていない、

と感じるのです。

 

それが報道機関によると

「30日朝のツイートによるとトランプ氏は衝突を楽しんでいた様子で、」

「記念撮影をするためにデモ隊を強制的に追い出し、」

ということになってしまう。。。

 

えっ🤯❓❓

楽しむ、記念撮影、って何処から出て来たの❓

 

。。。という感じなのです。

 

一介のミュージシャンがこの様なことを言うのはおかしいかも知れませんが、

報道を盲信せず一度は疑う態度、

そのような報道をする意図、を考えることは重要だと強く思わされました。

 

匿名掲示板さんにこういう↓

 

トランプ支持なのか?
わかってんのかな
ヤバイだろ
ひくわー

 

トランプのなにかに共感してしまって
自分に都合のよい偏った解釈をしているのかも。

 

書き込みがあったので、別に怒っているとかでは無く、

世界中で様々なことが起きている今、自分の考えを何らか外に表すことは大事かも知れないナ。。。

と思ったので書いてみますネ。

 

私にはクリスチャンとしての信条はあるのですが、

何かの政治的信条を持っているわけでも、誰かの政治的な影響を受けたわけでもありません。

もう、恥ずかしいくらいのノンポリ具合です。

 

このブログ記事をお読みくださっている方は既に御存知の(☺️)ように、

影響を受けたのはクリスチャニティで、

その中身は聖書を読むことと祈ること、です。

 

聖書は日本語と英語、そして文語体の日本語で読んで内容を検証するようにしています。

旧約聖書・新約聖書は一度読了し、今も読み継けています。

 

聖書には歴史書としての側面、宗教書、経典としての側面、そして文学的な側面があり、

どの面から視ても大変奥深く、汲めども尽きぬ魅力があり、

永い歴史に耐えて来たものだけがもつ品格に満ちあふれている。。。と感じています。

大変長〜く膨大ですが一貫してを、そして与えることを教え、説いている書物です。

 

トランプさんのツイッターに関心を持つのはアメリカがキリスト教の国だということ

歴史的にも日本とアメリカを切り離して考えることは出来ないということ、

僅かのあいだですが旅行者では無く移民のような立場でアメリカの都市で暮らした自分の経験と、

情報過多な時代だからこそひとつ以上の言語で、

複数の国のニュースを読むことは判断力を鍛え、冷静さを保つのに役立ってくれるのでは無いか??

 

。。。などと感じたからです。

 

そして“日本国内で報道されていること”と、アメリカやその他の国で報道されていることとのズレ、

ことにトランプ大統領のツイートや演説が著しく歪められて伝えられている、

ということが非常。。。に気になったからなのです。

 

単純に

なぜ🤔🤔🤔❓❓その動機は??

 

と思うわけなのですネ。何にしても盲信は危険であり、受け身では無く

自分で求めて、自分で探して検証する

ということの重要性がますます高まっている。。。とも感じていたりします。

 

その様な理由からトランプ大統領のツイートを追っている、というわけでした。

 

不勉強なところも多々あるので、御意見等ありましたら、

スズキのツイッターやDM宛にぜひお寄せくださいませ。

少し前にもメールで大阪にお住まいのIさんから御意見いただいて、

視野が狭かったナ。。。と反省したりしました。

 

(I・Mさまありがとうございます😊。いつも御感想をきかせてくださるI・Kさま、Yさまにも感謝いたします☺️🌼。)

 

冒頭に書いた演説の言葉では無いですが、

軽蔑では無く協力❤️、そして人間が「生きる」ことを妨害し、

攻撃してくるものと共闘?をすることが出来たなら大変嬉しく、幸せに感じます。

 

 

 

 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ