« 5月中旬に作業再開❣️ | トップページ | 黒糖って美味しい❣️ »

2020年5月 4日 (月)

Reading the Bible in the literary style Japanese❤️.

6a477ff83fd644dba7d22bf1096f4141

 

文語体の聖書を読んで想う。日本語、とは本当に美しい!

 

我を遣わし給ひし者の御意(みこころ)は、すべて我に賜ひし者を、

我その一つをも失はずして終(をはり)の日に甦へらする是なり。

わが父の御意は、すべて子を見て信ずる者の永遠(とこしへ)の生命を得る是なり。

われ終の日にこれを甦へらすべし。」

 

ー野の百合はいかにして育つかを思へ、労せず、紡がざるなり。

然れど我なんぢらに告ぐ、栄華を極めたるソロモンだに、

その服装(よそおい)この花の一つにも及(し)かざりき。

今日ありて明日、炉に投げ入らるる野の草をも、神はかく装い給へば、

まして汝らをや。」

 

現代語/文語体の日本語、英語、みっつの異なったスタイルの言語で聖書を読んでいます。

面白い!!

ことに明治時代に翻訳された文語体の聖書は、日本文学の最高峰、といってもいいくらいの教養と、

美しい言葉の宝庫だと想います。

日本語とは何と陰影に富み、語彙が豊富で、言語外の意味、

暗示するものの奥行きが深い言葉だろう。。。と、酩酊するような感覚になって来ます(笑)。

この格調ある言葉で聖書を読んでいると、原語のギリシャ語以外なら、

これは最も聖書に相応しい言葉なんじゃないか?と思え、

本来、日本人って本当に頭脳の働きがブライトな、精神性の高い民族なんだ。。。

と感じられて嬉しくなります😊❤️。

 

この聖句はクリスチャンにとって凄く大事な部分❣️メモメモ。。。ちなみに英語の聖書では

"This is the will of the Father who sent Me,

that of all He given me I should lose nothing,

but should raise it up at the last day.

And this is the will of Him who sent me,

that everyone who sees the Son and believes in Him

may have everlasting life;

And I will raise Him up at the last day."

 

(ヨハネによる福音書第6章39節〜40節/John6:39〜40)

 

でした❣️。

 

 

 

 

 

« 5月中旬に作業再開❣️ | トップページ | 黒糖って美味しい❣️ »

my journal」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ