« しょうこのベアフォレスト・mini・ミニストリー❤️💒〜「祈って聖霊を受ける」こと:2。 | トップページ | “And after all...Tomorrow is another day.” »

2020年3月20日 (金)

青春の墓標。

 

http://amass.jp/131979/

何という醜い争い。。。本当に信じられない。

10代の頃憧れてた音楽、って何だったんだ、と心から思わされるJOURNEYの利権争い。

洋楽が大好きになって、ラジオで聴いたJOURNEYに夢中になって

レコードを買ってコンサートに行って。。。

そんな自分が阿呆だった、と、1000年の恋も醒め果てる思い。何という茶番劇。

そうだったのか、Steve様はそんな契約書にサインさせられたのか。

だから数々のimitatorsが自分そっくりに歌っても、

ジャーニーを名乗って好き放題やっても沈黙を守っていたわけか。

じゃああの、わざとらしい和解の手打ちは何だったのか。。。

いくらソロアルバムが出ると言っても不自然じゃないか?

私は今のヴォーカルと笑顔でツーショットなんか撮って欲しく無かった。

撮ったとしても公開して欲しく無かった。ああいう和解?を、

ファンが喜ぶと思ったんだろうか。

(事情を知らない方すみません、もうファン目線のみで書いております)

 

何よりも救いの無いことは、

それでもあの頃の彼らの音楽は素晴らしい、と感じられること。

音楽は美しい、でも人間は醜い。

こんな人たちがやってる音楽が好きだったなんて恥ずかしい。。。

と御願いだから思わせないで欲しい、欲しかった。

 

ああ、私はJOURNEYが好きだった、愛していた、日本のオフィシャル・ファンクラブの会員番号324番だった。

まさに青春の墓標、墓碑銘。。。と呼ぶに相応しくて笑ってしまう。

 

しかし!

今の私には、それがどういうことだったのか解る。

同じひとつの敵が存在する限り、地球上どこの国でも同じようなことが起きている。

 

そんな歪んだ価値観が崩壊する時が来る。

女よ、嘆くのはやめよ。

美しいものをすべて醜くしてしまう邪悪な力よりも、

神様の力は強いのだ。Oh,God of almighty‼️

こういう時は詩篇を読むに限るのだ〜。

 

暗黒の中を行く疫病も、

真昼に襲う病魔も、

あなたの傍らに一千の人、

あなたの右に一万の人が倒れるときすら、

あなたを襲うことはない。」

 

”Nor of the pestilence that walks in the darkness,

Nor of the destruction that lays waste at noonday,

A thousand may fall at your side,

And ten thousand at your right hand,

But it shall not come near you.“

 

(詩篇第916節〜7/Psalm91:67)

 

あ〜、詩篇は元気出る!そして涙も出る。。。

時がある。

 

 

 

 

 

« しょうこのベアフォレスト・mini・ミニストリー❤️💒〜「祈って聖霊を受ける」こと:2。 | トップページ | “And after all...Tomorrow is another day.” »

my idols & heroes」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ