« 2020年1月12日(Sun.)『ベアフォレストのニューイヤー』於:京都拾得 Set listです❤️。 | トップページ | When I fall in Love, it will be forever❤️. »

2020年1月17日 (金)

Beautiful Anna,May Grace Be With You...Forever.

 

D5053c3d9fc6481fa685963a83108fca

ノンアクセが好きなのです、貴金属を身体に付けてるのがどうしても馴染まない。

買っても失くす、ちょっと高いのだったら無くさないだろう!と思っても失くす。

何でかナー、と思ったら映画のなかのこの人も、いつもノンアクセだったことを憶い出しました。

41e821aaf1b24e77b01075d7bc30a289

 

ほら、どの写真でも、耳にも胸にも腕にも指にも、貴金属を付けていません。

8ca3da5848f04ccdb4178ef3c6dfd5bc54ff07eab2974d09be556ee24d73f105

 

20代の頃アンナ・カリーナに憧れて憧れて。。。髪型や赤いワンピース、ぬいぐるみのポーチ、

ジャケット写真等で真似しまくりました。デザイナー/アート・ディレクターの平野文子さん

ノリにノッてくれて、「」をテーマにとても素敵な世界を作ってくれました。

4dc3d23584594b4fa9d492beab64083d

しかし無意識のうちに影響されていたのは目に「見える」もの、「在る」ものであると同時に

無い

「しない」

ということだったんですネ。

(そういえばあのジェーン・バーキンも殆どアクセサリーをしてません。若い頃の写真では単純なゴールドのネックレスをよく付けていますが、40代以降は殆どノンアクセで、これってフランス女性の特質なんだろうか?と思いました。)

27f310aba53a43faaf6e1f17898b0dc5

アンナ・カリーナの魅力って。。。

自然で、奔放で、野生的。どこか哲学的。

そして。。。可愛い😍❣️❣️それに尽きます。

Bccc878923734e43b959046fcfadc58d

(『男と女のいる舗道』、この映画の彼女も可愛かった。。。有名なワンショットの、キャメラが

ひたすらアンナの一挙手一投足を見つめ継けるシーンは本当に美しく、

彼女の捉えきれない生命力を何とか画面に捉えようと永遠に足掻いている。。。

かのように思えました。)

あの可愛さってお人形的な、お馬鹿さん的な「可愛さ」と全然ちがう。

そういうところにひどく魅かれ、無意識のうちに真似したかったんだと思います。だって、

ああいう「可愛さ」って日本では生まれないものだから

女性が女性として生き生きと生きられる場所でしか、あの自由さは「可愛く」視えません。

真似しても絶対に真似の出来ないものに「憧れた」わけなのです。

何か赤い服が着たくなって、東京と京都のライブで赤を着てみたら、

気狂いピエロ』や『女は女である』を無性に見直したくなりました。

Cf139961692242ba8556535954363279 B3094b1665884f5396f42ed98ba809fd

56246f0a0e234cbf9c83fe0167fd13b9  313942e68a6743e3ac75a83742fa4992

これらのゴダール映画を初めて観たときの解放感、「自由」に焦がれる想い、

あれは一体何なんだろう?と思います。青春ーーそう、永遠の、色褪せない、誰のなかにも在る

青春

が、私たち自身に繰り返し訴えかけてくる何ものか。

アンナ・カリーナの纏った

赤」

は、その象徴である気がします。

青春」には飾りなんて必要無い。

精神と肉体だけで充分、だってそれが「生命」だから。

Beautiful Anna,May Grace Be With You Forever...And Ever.

“RIP”

なんて言葉は、奔放で可愛い貴女には絶対に似合わないのです。

 

 

 

 

 

« 2020年1月12日(Sun.)『ベアフォレストのニューイヤー』於:京都拾得 Set listです❤️。 | トップページ | When I fall in Love, it will be forever❤️. »

my idols & heroes」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ