« 女はいくつになっても。。。 | トップページ | 12/14新宿Petit MOA「Sings『あたらしい愛の詩』inクリスマス」set listです。 »

2019年12月13日 (金)

追憶の平成。

82da726084bc4581893bb67e077d7034

 

「あたらしい愛の詩」は1999年、平成10年?違う?

私のデビューから30周年までは平成、っていう時代にぴったりと重なります。

サスガに30年経つと忘れていることも多く。。。いろいろあったような気もするけど、

なんかもう時効か‼️みたいな(笑)気がします。

何だかんだと言っても80年代もしくは90年代の考えかた、っていうものの上に居た気がする30年間、

それももう皆時効だろう!と思います。

古い考えかたに照らしたり比較したりしていた時代、じたいがもう終わりだろう、と思うのです。

少しの良いものだけを残し、後はすべて置いて行こう、という、

今何か、非常に解放感のようなものがあって。。。

そのような時、ちょうど20年前の12月に出たこのアルバムの曲を集中して聴いていただけるのも、

何かの巡り合わせ、という気がします。

「この世のなかに大切なものは、空に風の扉が開く音を聞いたことのある人と同じ数ね。」

って1990年の「風の扉」という曲のフレーズですが、ナニを言いたいかというと大切なものは少ないヨ、

ってことなのです。ほぼ無い(笑!)くらいのものだけれど、

在ったらそれを大切にして、後は全部捨ててゆけばいい。そのほうが身が軽い。

自分の若い頃書いた言葉に教えられているのだから世話は無い(笑)ですが、

いまそんな気持ちなのです。ちょと前にも書いたのですが、来年はこのアルバムの30周年なので、

記念✨的な何かをやりたいナー❣️

まずは20周年のBrand-new Love songsを心から!歌いたいと思います🎶🎹。

B9f536475f1740b597675dd707d92d07

2006年、平成中頃のスズキ。♪京都〜に居たときゃ〜♪、41だった。今思うと若い!

« 女はいくつになっても。。。 | トップページ | 12/14新宿Petit MOA「Sings『あたらしい愛の詩』inクリスマス」set listです。 »

my journal」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ