« あれっ?あれっ? | トップページ | In Colorの『水の冠』。 »

2019年10月 8日 (火)

10月19日(Sat.)「鈴木祥子独りシンポジウム&ライブ第4回〜アルバム『水の冠』を考える。」

急遽決定!

10/19(SAT.)横浜・日の出町/試聴室その3

「鈴木祥子独りシンポジウム&ライブ〜アルバム『水の冠』を考える

e78bace3828ae382b7e383b3e3839be3829ae382b7e38299e382a6e383a0efbc86e383a9e382a4e38395e38299efbc81.m4a

 

。。。1989年。

時はバブルの絶頂期。

アッシーメッシー均等法・赤プリ・ティファニーのクリスマス。。。

F7a584b37b0246bcbb6c4ad0e0f861f1 

A724db61810a490d9c1f461680ded966

7a6eda12e26b40a3814088e8d345709f

7abf132c2c4b4cf59e3d134318320724

 

。。。そんな世の喧騒は聞かなかったこと(笑)のように、ひっそりと生まれた1枚のアルバム。

196e1aa5bba24b5e85685d233b19bdc3

 

『水の冠』、と名づけられたその作品は発表されて30年経った今、この時代の中で、

どのように響いて来るのでしょうか。

その中に収められた曲を書いたのは鈴木祥子、当時23歳。

彼女は何を考え何を思って、これらの曲を作っていたのか?

すべてのリリックを手がけた名作詞家・川村真澄さんの言葉の端々に、

色濃く揺曳するのは恋愛のさなかの至上の幸福・そしてそれを失う不安。。。

鈴木自身の人生の恋愛期とぴったりと重なって、

20代、という時間にしかない揺れや輝きが、音楽に微妙な陰影を与えている気がします。

A035bec9321f494cae71f7fcd6a944b3

それからちょうど30年後の2019年。

この作品の位置を、意味をもう一度問い直す

「鈴木祥子独りシンポジウム&ライブ〜アルバム『水の冠』を考える。」

を10月19日、横浜日の出町・試聴室その3にて開催いたします。

アルバム全曲演奏は勿論、いつものリクエスト・タイムも。。。

20代のあの頃にもう一度テープを巻き戻し、ノスタルジーを

明日に、未来に繋いでゆくための一夜。

あなたのお越しをお待ちしております

御予約は試聴室その3:予約フォームから御願いいたします!

HTTP://SHICHO.ORG/2019/10/3EVENT191019/

↑こちらから御記入・御送付くださいませ。

33322e5cffc44287a3ecad3819880059

1989年の出来事やおもいで・このアルバムについての御意見や想い・あなたにとって『水の冠』とは??。。。など、ぜひメールにてお気軽にお寄せくださいませ❣️😊

イーチベアーズ・ミュージックサーヴィス

eachbearsmusicservice08210728@gmail.com

 

 

« あれっ?あれっ? | トップページ | In Colorの『水の冠』。 »

鈴木祥子」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ