« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

誠実さとはなんと淋しい言葉だろう。-Billy Joel『Honesty』。

Honesty_single
twitterにも書いたのですがこの曲をはじめて聴いたのは1978年、
中1のときでした。
ネッスルのチョコホット、という粉末ココアミックス(瓶入り。)のCMソングで、
テレビで見た瞬間
「誰、誰?!めちゃめちゃいい曲!」
と盛り上がり、翌日早速学校の友達と
「ねーねー、チョコホットのCMみた?
あの音楽すごいいいよね!」
と意気投合し、いっしょにシングル盤を買いにゆきました。
インターネットとかスマホ、なんて影もかたちも無かった時代です。
今だったら
“チョコホット、CM、音楽”
とかで“ググる”ことでしょう(笑)。
「素顔のままで」「ストレンジャー」「ニューヨークの想い」「アレンタウン」。。。
Billy Joelの名曲はたくさんあり過ぎて数え切れないですが、
日本での「オネスティ」人気はあのCMの果たした役割もとても大きかったんじゃないでしょうか。
Choco_hot_cm
私は当時「英語部」に入っていまして、この曲の歌詞を部員みんなで音読しながら、
意味について、使われている単語について、歌われているメッセージについて
検討しあったりしたのも良い想い出です。勉強と音楽とテレビ、が結びついて、
実りある青春の一時期だったナー、などと思います。
今は何か娯楽は娯楽、
学校は学校、音楽は音楽。。。と分断されているんじゃないか??
と思えて、
それがぜんぶ共にあった(と思えた、あるいはそう信じることの出来た)時代を懐かしく想ったりするのです。
中学生には大変に難しく感じられた歌詞も、大人になってから聴くと
まるで今の時代、を歌っているかのよう。それも音楽というものの魔法なのですね。
「『誠実さ』とはなんと淋しい言葉だろう、
誰もがあまりに不誠実だから、
誠実、という言葉を耳にすることは少ないが、
それこそ私があなたから欲しいものなのだ。」

2019年2月25日 (月)

3/9(土)『港のショーコ・クリハマ・ヨコスカ』にて

2
3/9(土)横須賀・ヤンガーザンイエスタデイ『港のショーコ・クリハマ・ヨコスカ』にて、
1/22に発売された『SWEET SERENITY』アナログ盤を御購入くださった方に、
終演後サインをさせていただきます。
既にご購入くださった方も、もしご希望がありましたらサインを入れさせていただきますので、
ぜひレコードをお持ちくださいませ!

2019年2月23日 (土)

ベアフォレスト・ミュージック・ワークショップ?!

1ecaccbb6ff84d0695a780234e9f1fd0

絵本みたいな雪景色!

Twitterのほうにコメントをくださってありがとうございます!
あ、2月だから「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」歌いたい、と思い、手元のiPadを
分厚いクレイジー・キャッツ写真集とパウル・クレーの画集で押さえながら(タブレット・スタンド未所持、)
歌ったのですが、

気に入っていただけて嬉しい〜!

そのときふと歌いたいと思った曲をこんなふうに、ふとアップしてゆけたら、と思います。
それが自分らしいSNSとの、最新のキカイ?との接し方なんじゃないかとも思いました。

不定期・洋邦・新旧問わず、あきる野のスズキ宅・旅先・屋外(?!)そのとき居る場所から。。。
そのうちゲストもお呼びしてベアフォレスト・ミュージック・ワークショップ、みたいになったら
面白いナ〜、なんて勝手に想像しております(理想は『ロニー・ウッド・ショウ』!)

何度も何度も聴いて親しんでる曲も、歌ってみるとまた新鮮な発見があるのです♪。


C2bf53a3f87044469ef4c59483c8d32e

北に行くのよ北へゆく〜♪。

2019年2月20日 (水)

2月の歌、「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」。

Yjimage2 大滝詠一さんの『ナイアガラ・カレンダー’78』は私の永遠の憧れのアルバムです。
1月から12月まで、音楽で綴るカレンダー。。。というコンセプトも憧れなら、
一曲一曲の楽しさ、メロディの美しさ。。。なによりも日本、というものとアメリカ、というもの、
アメリカで産まれたロックンロールやポップスの洗礼を受けた者は決して避けて
通れないこのテーマを、こんなにも自由にユーモラスに音楽化できる、
そのことに驚き、をこえて逆上、してしまい、何故こんなことが出来るのだろうと
聴いても聴いても研究しても未だにその謎には近づけない、近づいた!。。。
と思うと遠くなる。。。永遠の憧れたる所以なのです。
1 憧れが高じて2010年には同アルバムから6月の歌、アルバム中最も大好きな
「青空のように」をカバーするという暴挙に。。。
やる直前まで本当にやっていいのか、と悩んだのですが、
今思えば生きている大滝さんに聴いていただけてよかったと、
心からそう思わずにはいられません。
「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」はアルバム中屈指の美しい曲です。特に
♪たとえほかの 女の子から プレゼントされても、
僕はきみからのでなきゃ、うれしくないのさ♪。
この部分の転調→転調→解決の美しさはひとつの様式美、構造の美だと
感じます。大滝さん御自身が愛してやまなかったアルドン・ミュージックの
スタッフ・ライターたち(ニール・セダカ、キャロル・キング、ジェフ・バリー&エリー・
グリニッチ、バリー・マン&シンシア・ウエイルなど)からの影響がいかんなく
発揮されて、その見事さにため息が出るくらいです。

2019年2月18日 (月)

プチ断食は効果大みたいです!

最近「プチ断食」というのをやっているのですが。。。凄く良いみたいです!
食べないんじゃなくて、食べる時間を8時間、って決めてその時間内は好きなものを
食べていい、だからダイエット、とか食事制限の辛さが無くて、しかも長く続けられる。。。

いちばん効果を実感したのがですね、声が、なんか凄くラクに出る、以前からそんなに
苦しいということは無かったのですが、JOURNEYのOPEN ARMSとか、
いちばん高いところが普通に、なんの努力も無く出る感じ、

っていうのはどういう感じかというと、高いキーを出すときに力が要らない、
歌って力、入れちゃいけないものなんですけど、くわしく言うと空気を吐く量と腹筋で音量を調節するので、
力を入れる、のとは違うのです。が。。。
それがさらに力を必要としなくなっている、というか。。。

これはもっと歌えってことなのかなー?今年はライブ、あまりやらないつもりで居たんですけども、
こんなにラクならやっちゃおうか。。。なんて(笑)思っております。
一度やってみたかった事前予約や前売りチケットの無い出たとこライブとか、
せっかく購入したipadを駆使して、インターネット上のライブをやってみるとか。。。

何かいままでとは違ったかたちの、面白いライブができたらナ~、などと思っております。

そう、声が出るっていうのはおそらく、体内環境が良くなるからなんですネ。
ちょっと体が重い。。。でも食事制限は辛いし。。。と思われている方がいらっしゃいましたらぜひ!
いちど試してみてくださいませ。

 

2019年2月13日 (水)

Got my hair cut and I like it,

若い美容師さんに"今流行ってる髪型にしてください!"
と御願いしたらじゃァこれにしましょう!と”シースルーバング”にしてくれました。
薄くした前髪。。。というと中尊寺ゆつこさんの漫画に出て来る女性、を思い浮かべてしまう
バブル世代の私なのですが。。。違った。。。
わ~、こんなに短くしちゃうの?!と最初はおおいに戸惑ったのですが、
だんだん慣れてきてあ、これもいいなァ~と思えてきました。
年を取ると何についても自分の好みやこだわり、を持ってしまいがちですが、
そればかり押し通さず時には人の感覚に委ねてみる。。。っていうのも
大事なことなんですネ!
Img_1955_3
ずっと重い前髪がスキだったので何か新鮮です♪。

2019年2月11日 (月)

キャ~!!

先日OTONANOのための動画を撮影していただくためにミッドタウンの
SMDRにお邪魔したら。。。鮎澤さんにこれを。。。
Img_1956
これをいただきました!!きゃ~!!『ESCAPE』のデラックス・エディション、
8インチEPサイズ豪華ブックレット、来日時のパンフレットのレプリカに来日公演チケット、
来日時フライヤの再現、『ESCAPE』からのシングル・カット全曲のジャケットも。。。
鮎澤さん本当に本当にありがとうございます!!嬉しいうれしい嬉し過ぎ、
このアルバムをリアルタイムで新譜として買った初夏を想い出します。
あたし高1だったヨ~あの一年間は本当に楽しかったナ~、
バンドがあってドラムがあってドラム教室の仲間がいて、
彼氏(当時)とCBSソニー公認・JOURNEYオフィシャル・ファンクラブに入ってコンサートに行って。。。
市ヶ谷のソニー(当時)で行われたファンクラブ限定フィルム・コンサート、にも行きました。ちなみに会員番号は324(若っ)。
当時は“動いてる外国のアーティスト“なんて来日公演か、フィルムコンサートじゃなきゃ
見ることが出来なかった。いや~私、STEVE PERRYにもう、死ぬほど憧れましてですね。。。
とにかく青春、って言葉はあの1年のために在るんだと思えるナインティーンエイティワン、1981年。
音楽ってそういうPrecious Timeをすべて含んでいるからいつまでも
色褪せないのですよネ。今でも戻れるとしたら16に戻りたい、
でもそれ、あの頃は良かった。。。って意味とは違うのです。
あの1年を憶い出すと強くなれる、想い出すことでそれが今を生きる力になる。。。
そういう1年。ノスタルジーってそんな、前を向くためのものじゃないでしょうか。
回顧して懐かしむものじゃなく。
DON’T STOP BELIEVIN’,HOLD ON TO YOUR FEELING,
あなたの歌が私の力。あのときも今もこれからも。

2019年2月 3日 (日)

30周年twitterに、

30周年twitter読んでくださって、コメントをくださってどうもありがとうございます!
ayayaさま、文通懐かしい~!ペンフレンド募集コーナー、ってどの雑誌にも
ありましたよネ!キッスとクイーンとBCRが好きな中1です。同い年の人と音楽のことを
話せたらうれしいです、な~んて。あと駅の掲示板にチョークで先に行きます、
とかどこどこに居ます、とか書いたのも憶い出されてきました。。。って、
さすがに古いでしょうか?!
ちろりあんぬさま、大丈夫です!私あきる野にあと2年は住んでいますので。。。やっと
自宅にインターネットが来たと思ったら、翌日にwifiがつながらなくなりました。やっぱ
裏手が山だからでしょうか。東京の秘境、あきる野でいつかばったりとお逢いできたらよいですネ!
(牛浜とか日ノ出町とかで。。。あ、それは西多摩郡だ。)
半田俊彦さま、3/9楽しみにしてらしてくださいませ!この後しばらくライブはないので
私もがつん、と弾けたいです~!
シャインさま、みんなの白米さま、kiyoshi itohさま、
そうなのですよネ~何かそういうことが出来たら楽しいナ~と思っておりまして、
実は最近私、メールというものが非常に苦手になってきまして。。。
でもみなさんFAXで送ってー!と言うとFAXはもう撤去した、壊れてて使えない、
って仰るのです。忘れてらっしゃるかもしれないのですが、FAXって凄く
確実で便利!なのですヨ~。BACK TO MONOじゃないですがBACK TO FAX!
推奨したいと思います。手書き、っていうところがヨイのです。
どのあたりが良いポイントなのか。。。と考えておりますので、
いいアイデアが思いついたらまたこちらでお知らせいたしますネ♪。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ