« デビュー30周年記念ツアー・京都・東京とも満席となりました、どうもありがとうございました!! | トップページ | マスタリングが終わりました! »

2018年7月 1日 (日)

「二人の願い」沖縄で録音とミックスをしていただきました!

先日、沖縄は古謝のイガルー・サウンド・スタジオでアディショナル・レコーディング&

ミックスをしていただきました。このところ30周年記念ライブにいらしてくださった方への

プレゼントCDのための録音とミックスをしていたのですが、これが、、、何だか素晴らしい内容になってまいりました!

「ノースバウンド・アイランド急行~リミのテーマ」と「鼓動(ハートビート)」の2曲は菅原弘明さんのアレンジで、「20年後の『私小説』」ともいえる仕上がり!

自分で言うけど凄~く素敵なのです。聴くたびに菅原さんのセンスは凄い、と感動してしまう。多くを語らなくても解ってくれる/解ってしまうのが音楽なんですよネ。

この日はもう1曲の新曲「二人の願い」に三線を入れたい!というスズキの願いのもと、梅雨明けの太陽が眩しい沖縄に。

那覇から車で1時間ほどの古謝に向かいます。

スタジオのエンジニアでオーナーの東江厚史さんが、10月に録られたという沖縄のブルー・ビーチの波の音と

島太鼓の音をこの曲のために用意してくださっていて、

有名な「てぃんさぐぬ花」の、普段は殆どうたわれることがないという8番の詞と節を

言葉の意味から丁寧に教えてくださいました。私、沖縄民謡初挑戦初録音。

「二人の願い」は昨年10月に沖縄に来たとき、安座真の海で波を見ていたら

出来た曲なのです。10月の海!これをシンクロというのだろうか。。。

三線を弾いてくださったのは若き三線奏者の城間竜太さん。ロック・バンドや

ヘヴィーメタルの中で(!)演奏することもあるけれど、

あくまでも本流は伝統的な沖縄民謡を歌い演奏することだそう。

受け継いだものを守りながら新しいものを採り入れてゆく、

沖縄の懐の深さと遊び心を感じてうれしくなってしまいました。

Photo_2

美しい満月の夜、夜しか咲かず、滅多に咲かないというサガリバナの花がたくさん咲いていて、まるで

素敵な曲になってよかったね、と言われているよう。。。その香りをいっぱいに吸い込んでスタジオを後にしました。

初めて行った場所で、はじめて会ったひとと音楽で通じ合うことができる。

倖せだな、こういう時間があるから音楽をやっているんだな。。。

と心から思いました。東江さん、竜太さん、本当にありがとうございました。教えて

いただいた8番の歌詞、何度も想い出しています。

Photo_3
「あてぃん喜(ゆる)くぶな

(出逢えたことが幸せでは無い)

失てぃん泣くな

(失ったことが悲しみでは無い)

人(ひとぅ)ぬゆしあしや

(よいことなのか、悪いことなのか)

後(あとぅ)どぅ知ゆる

(時が経てば知ることになる)。」

« デビュー30周年記念ツアー・京都・東京とも満席となりました、どうもありがとうございました!! | トップページ | マスタリングが終わりました! »

音楽」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ