« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月14日 (土)

明日7/15(日)京都クラブメトロにて

このたびは、西日本の豪雨による災害に遭われた方に、

心より御見舞い申し上げます。

この豪雨のすさまじさ、恐さをなかなか体感することができず、

倉敷市にお住いの方からライブに参加することがかなわない、というメールをいただいてはじめて、

心からの実感が湧いてまいりました。自分の不明を恥じるとともに、

かさねて心からの御見舞いを申し上げます。

一日もはやく日常の生活に、安心できる日々に戻られることを祈らずにはいられません。

こういう時にミュージシャンが「私には歌うことしか出来ない」、

という言葉を発するのを、

いままで何か傲慢というか、気恥ずかしいことのように感じておりましたが、

明日の自分こそ「歌うことしか出来ない」状況になっております。

いらっしゃることが叶わなかった方に向けて、いらしてくださった方とともに

祈りたいと心から思います。

明日7/15日は京都・丸太町のクラブメトロにて

お待ち申し上げております。

どうかメールにてお送りいたしました整理番号の順に

御入場くださいませ。お名前を確認いたしまして、

スタッフがご案内させていただきます。

体調の御心配な方には、エレベータ横にソファも御用意してございます。

明日は猛暑が予想されておりますので、どうかどうか、

熱中症や水分不足にお気をつけていらしてくださいませ。

明日、「SYOKO SUZUKI THE COMPLETE WARNER YEARS1998~2000」も

初お目見えいたします。

お目にかかれることを心から楽しみにしております!

2018年7月 7日 (土)

』SYOKO SUZUKI THE COMPLETE WARNER RECORDINGS1998~2000』

****************************************************************


Becd20


鈴木祥子デビュー30周年記念企画
『SYOKO SUZUKI THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000』
2018年7月25日発売決定!!

鈴木祥子が98年から00年まで在籍していたワーナー・ミュージック時代の
オリジナル・アルバム3タイトル(現在入手困難)が、
豪華4枚組のボックス・セットとなって復活!!

Photo


移籍第1弾となった『私小説』(98年)は、制作当初に予定されていた
オリジナル曲順どおりに復活、

『あたらしい愛の詩』(99年)には、オリジナPhoto_3
ル盤の最後に一部リプライズとして収録されていた名曲・「帰郷」のデヴィッド・キャンベル編曲によるストリングス・セッションをフルサイズで、「IN THE END OF THE BRAND NEW LOVE SONG」と題し装いも新たに収録。

Lovepainfullove


『Love, painful love』(00年)には、ベスト・アルバムのみに収録されていた
アナザー・ヴァージョンやアルバム未収録曲等をボーナス・トラックとして追加収録。

さらにDISC 4として、この時期に録音された未発表曲3曲を収録した18曲に及ぶデモ音源集を『SYOKO SUZUKI ULTRA RARE RECORDINGS』と題して初公開!

そして48頁に及ぶブックレットには、各アルバムのディレクター/プロデューサー
/エンジニアにインタヴューを敢行、この時期の3作品を時代的・多角的に解きあかす。
また鈴木祥子による全曲解説+アルバムカヴァー・フォトのアウトテイクもふんだんに掲載。

Small2

なおリマスタリングを担当したのは、ソニー・ミュージックスタジオの内藤哲也氏。
SBM(スーパー・ビット・マッピング)ダイレクトを使用し、オリジナル・アナログマスターにより近い、臨場感あふれるサウンドを再現している。
まさにワーナー時代の鈴木祥子の活動内容を完全凝縮した待望のリイシューと言えよう。

****************************************************************
★鈴木祥子からのコメント

『THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000』はあなたに心地よい幻想を
見せないかわりに生きている実感、があります。30代の女がこの国で、何かしら
「自分」を持って生きようとした時の出口の無さ、を馬鹿正直に歌い上げる愚直さ
もさることながら、それをロックのサウンドで表現するってのは直球も直球、
ひねりが無い故に説得力があります。ヒリヒリとして均一じゃない、
歪んだり不安定だったりしながら常にひとつの方向を示すもの。
その方位磁石の針が揺れながら指しているものは音楽、だと思います。

鈴木祥子。


****************************************************************

『SYOKO SUZUKI THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000』

★商品概要
アーティスト:鈴木祥子
タイトル:SYOKO SUZUKI THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000
発売日:2018.7.25
仕様:CD4枚組
発売元:BEARFOREST RECORDS
品番:BECD-020
定価:12,000円+税

★販売方法

BEARFOREST RECORDS通信販売とライブ会場での販売となります。
通販御希望の方は eachbearsmusicservice72821@gmail.com まで、
タイトルを「ワーナーボックス通販希望」と書いて
①御名前
②御住所
➂電話番号
をお書きになり、メールにてお申込みくださいませ。
追って詳細のメールを送らせていただきます。(7/31までの受付)
また7/15京都・7/21東京にて行われる鈴木祥子30周年記念ライブ会場にて先行販売致します。

◆お問い合わせ先:
イーチベアーズ・ミュージックサーヴィス
eachbearsmusicservice72821@gmail.com
鈴木祥子オフィシャルウェブサイト
http://www.bearforestrecords.com/

****************************************************************
『SYOKO SUZUKI THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000』

DISC 1『私小説』original

1.完全な愛
2.プリヴェ
3.だまって笑ってそばにいる女
4.あたしの場所で
5.恋人たちの月
6.依存と支配
7.ただの恋だから
8.恋は夢の花
9.日記
10.そしてなお永遠に
BONUS TRACK
11.たしかめていてよ
12.赤い実がはじけてた
13.たしかめていてよ(インストゥルメンタル)
14.赤い実がはじけてた(インストゥルメンタル)
15.プリヴェ(シングル・ヴァージョン)
16.プリヴェ(インストゥルメンタル)

-------------------------------------
DISC 2『あたらしい愛の詩』

1.この愛を
2.区役所に行こう
3.もう一度
4.いつかまた逢う日まで
5.愛は甘くない
6.子供の時間
7.25歳の女は
8.破局
9.南にドライヴして
10.臨時雇いのフィッツジェラルド
11.帰郷
12.あたらしい愛の詩
13.IN THE END OF THE BRAND NEW LOVE SONG

-------------------------------------
DISC 3『Love, painful love』

1.すいか (I turned 17 today)
2.paingiver
3.舟 (Crippled little boat)
4.わたしの望み (Ambition)
5.シュガーダディーベイビー
6.Gimmie some Life
7.不安な色のBlue (It rains,as it ends)
8.Sickness
9.イケナイコトカイ
10.Love, painful love (Demo)
BONUS TRACK
11.Hold me,touch me
12.帰郷(DEMO)
13.逢いたくて逢いたくて
14.すいか (sweet bleedingheart mix) 
15.イケナイコトカイ(Live Ver.)

-------------------------------------
DISC 4『SYOKO SUZUKI ULTRA RARE RECORDINGS』
all tracks previously unreleased demo version

1.恋人たちの月
2...AND SHE'S BACK AGAIN.(未発表曲)
3.それが孤独でも(未発表曲)
4.シュガーダディーベイビー
5.ペニュルティエーム(未発表曲)
6.Gimmie some life
7.完全な愛
8.恋をしたら(未発表曲)
9.恋は夢の花
10.海になった夢
11.依存と支配
12.どうして?
13.プリヴェ
14.ただの恋だから
15.あたしの場所で
16.だまって笑ってそばにいる女
17.日記
18.そしてなお永遠に

-------------------------------------
48ページブックレット内容

☆インタヴュー:名村武/菅原弘明/山口州治/スタン・カタヤマ/内田直之
☆特別寄稿:佐橋佳幸
☆鈴木祥子による全曲解説 

☆初公開アウトテイク・フォト他

大変お待たせいたしました。『SYOKO SUZUKI THE COMPLETE WARNER RECORDINGS

1998~2000』、BEARFOEST RECORDSの自信作です!

どうかこの夏は、そして秋も冬も、心ゆくまでお楽しみいただければ幸いです。

Becd20_2

2018年7月 4日 (水)

秘策!2018ヴァージョンの「SWEET SERENITY」。

果たして実現することができるか、今の段階ではちょとビミョー。。。な

「SWEET SERENITY」アナログ化ですが。。。実は。。。

実現に向けての秘策を準備中です!2008年、デビュー20周年のスズキとはちがう

30周年、2018バージョンのあたらしい「SWEET SERENITY」をONLY ON VINYLで!!

お届けするべく頑張りますので、どうか御期待くださいませ♪。

運命の日(?!)まであと60日。。。

どうぞ応援のほど、よろしく御願いいたします!!

SWEET SERENITY10周年記念アナログ盤♪お申し込みを受け付けております♪。

☆☆☆☆☆祝・SWEET 10 SERENITY!☆☆☆☆☆

今年10周年を迎えた名作(自分で言うか!)『SWEET SERENITY』。。。

アナログ盤で、もういちどその魅力を(だから自分で言うか!)再発見する時が

やってまいりました!

http://www.sonymusic.co.jp/artist/ShokoSuzuki/info/495312

 

タイトル:SWEET SERENITY

アーティスト:鈴木祥子

品番:DQJL-733

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=DQJL-733

[1] 初アナログ盤化!

[2] アナログ盤12インチ 33 1/3rpm

【商品化ご協力特典】SonyMusicShopポイント2倍!

-----------------------------------------------------------------------

オーダーメイドファクトリーで受付中!!

予約受付期間:20180529日から20180827日まで

予約締切日まで 【あと約60日】

 

デビュー30年めにして初のLPが!レコードが!

アナログ盤が。。。思い起こせば1988年、レコードからCDへの切り換わりで

「レコード・デビュー」の夢は泡と消え(おおげさ)、アルバム「VIRIDIAN」にて

CDデビューをいたしましたスズキですが。。。このたび初のアナログ盤をお聴きいただけることになりました!

ちょうど10周年を迎えるスズキの最新(いや怠けてるワケでは無いのです!。。。曲はアルバムになるくらいあるのですが、

今じゃないな、今ちょっと違うよな、

と思ってたらはや10年。。。今年は出るのか?!)アルバム、

Photo

「SWEET SERENITY」。

甘い静けさ。43歳のわたしはまだその中で

生きてゆけるような気がしていた。。。

のです。タイトル曲の

SWEET SERENITY&Chocolate milk-teaのチョコレート・ミルクティ、は当時のわたしの

お気に入り、熱いミルクティに板チョコを溶かす甘い、甘いお茶でした。9/22のアフター・パーティーではチョコレートとミルクティをテーマにしたSweetsを御用意出来たら。。。な~んて想像がふくらんでおります。

そちらもぜひお楽しみに、くわしいお知らせはもうすこしお待ちくださいませ。

あなたのオーダー、心よりお待ちいたしております♪♪!

2018年7月 3日 (火)

マスタリングが終わりました!

THE COMPLETE WARNER RECORDINGS1998~2000のマスタリングと、

ハイレゾ配信のマスタリングと、30周年記念ツアー・プレゼントCD『30と3分の3の

一瞬』マスタリングが終わりました!ソニー・ミュージックの内藤さん、

ミキサーズ・ラボの田中さん、PEACE MISICの中村さん、

良い音にしてくださって本当にありがとうございました。

立ち会ってくださった名村さん、平澤さん、ワーナー・ミュージックの川喜田さん、

長い時間どうもありがとうございました。

いや~私って自分の曲が世界一好きな女かもしれない。ぬけぬけと言うけど、

何年経ってもイイナ~、と思う。自分の曲だから可愛いというよりも、

すっごく好きな音楽、こういうの聴きたかったんだよネ~!とか思う。

これからもそういう曲を作ってお届け出来たら。。。と心から思うのです♪。

Small4

↑自分の曲が世界一好きな女、ふたたび。

明日からは30周年記念ライブに向けて邁進いたします!そしてSWEET SERENITYのアナログ化。。。果たして成るのか?!(←ちょと

ビミョー)、どうか応援のほど、なにとぞよろしくおねがいいたします!!

2018年7月 1日 (日)

「二人の願い」沖縄で録音とミックスをしていただきました!

先日、沖縄は古謝のイガルー・サウンド・スタジオでアディショナル・レコーディング&

ミックスをしていただきました。このところ30周年記念ライブにいらしてくださった方への

プレゼントCDのための録音とミックスをしていたのですが、これが、、、何だか素晴らしい内容になってまいりました!

「ノースバウンド・アイランド急行~リミのテーマ」と「鼓動(ハートビート)」の2曲は菅原弘明さんのアレンジで、「20年後の『私小説』」ともいえる仕上がり!

自分で言うけど凄~く素敵なのです。聴くたびに菅原さんのセンスは凄い、と感動してしまう。多くを語らなくても解ってくれる/解ってしまうのが音楽なんですよネ。

この日はもう1曲の新曲「二人の願い」に三線を入れたい!というスズキの願いのもと、梅雨明けの太陽が眩しい沖縄に。

那覇から車で1時間ほどの古謝に向かいます。

スタジオのエンジニアでオーナーの東江厚史さんが、10月に録られたという沖縄のブルー・ビーチの波の音と

島太鼓の音をこの曲のために用意してくださっていて、

有名な「てぃんさぐぬ花」の、普段は殆どうたわれることがないという8番の詞と節を

言葉の意味から丁寧に教えてくださいました。私、沖縄民謡初挑戦初録音。

「二人の願い」は昨年10月に沖縄に来たとき、安座真の海で波を見ていたら

出来た曲なのです。10月の海!これをシンクロというのだろうか。。。

三線を弾いてくださったのは若き三線奏者の城間竜太さん。ロック・バンドや

ヘヴィーメタルの中で(!)演奏することもあるけれど、

あくまでも本流は伝統的な沖縄民謡を歌い演奏することだそう。

受け継いだものを守りながら新しいものを採り入れてゆく、

沖縄の懐の深さと遊び心を感じてうれしくなってしまいました。

Photo_2

美しい満月の夜、夜しか咲かず、滅多に咲かないというサガリバナの花がたくさん咲いていて、まるで

素敵な曲になってよかったね、と言われているよう。。。その香りをいっぱいに吸い込んでスタジオを後にしました。

初めて行った場所で、はじめて会ったひとと音楽で通じ合うことができる。

倖せだな、こういう時間があるから音楽をやっているんだな。。。

と心から思いました。東江さん、竜太さん、本当にありがとうございました。教えて

いただいた8番の歌詞、何度も想い出しています。

Photo_3
「あてぃん喜(ゆる)くぶな

(出逢えたことが幸せでは無い)

失てぃん泣くな

(失ったことが悲しみでは無い)

人(ひとぅ)ぬゆしあしや

(よいことなのか、悪いことなのか)

後(あとぅ)どぅ知ゆる

(時が経てば知ることになる)。」

デビュー30周年記念ツアー・京都・東京とも満席となりました、どうもありがとうございました!!

Syokologo30thyoko

30ss

「鈴木祥子デビュー30周年記念ツアー」決定のお知らせです。

『1988→2018/30years,/....AND THEN?』


7月15日(日)京都・クラブメトロ

(京都市左京区川端丸太町下堤町82 恵美須ビル2F東)

開場17:00
開演17:30

入場料

¥10000(着席)THANK U SOLD OUT!

¥8500(スタンディング)THANK U SOLD OUT!

☆前方シート席・後方スタンディング・エリアともに満席となりました。たくさんの

御申込み、本当にありがとうございました!☆

7月21日(土)代官山・ヒルサイドプラザ

(東京都渋谷区猿楽町29-10)

開場16:30
開演17:30

入場料

¥10000(着席)THANK U SOLDOUT!

¥8500 (スタンディング)THANK U SOLD OUT!

☆満席となりました。たくさんの御申込み、本当にありがとうございました!☆

出演

Ssuzukisyoko_photo_3


鈴木祥子
(Lead Vocal,piano,Drums)

Sugawarahiroaki_photo


菅原弘明
(Vocal,Electric&Acoustic Guitar)

Namuratakeshi_photo


名村武
(Vocal,Bass)

2


矢部浩志
(Drums,Lap Steel)




Dr.kyOnKyonsannphoto2_2



(Vocal,Keyboards,Electric Guitar)

Dpp_186_originalsmall


京都・東京ともに

未発表曲3曲入りCD・『30と30分(ぶん)の3の一瞬』付き。

CD収録予定曲

1.ノースバウンド・アイランド急行~リミのテーマ

2.二人の願い

3.鼓動(ハートビート)

(w/Lyrics,4p Booklet)

WE'RE a JAPANESE BAND,We're Comin'To Your Town,

We'll help You Party it Down,We're a JAPANESE BAND!

参加を希望される方は

eachbearsmusicservice72821@gmail.com

まで、タイトルを

「7/15京都」

または

「7/21代官山」

として、

①御名前

②御住所

➂参加人数(二名さままで)

④着席/スタンディング希望(7/15京都メトロにお申し込みの方のみ

お書きくださいませ。)

をお書きになり、メールにてお申込みくださいませ。追って詳細のメールを

送らせていただきます!

ー私、1988年にデビューしましてちょうど30年ということになります。30年と言われてみればずいぶん長くやってきたなァと思うのですが「30周年か(遠い目)。。。」みたいな深い感慨というよりは、20周年のときいくらなんでも30年はハードル高いかも。。。

と思ってたけどあれからもう10年(遠い目)。。。という感慨がより深かったりします。


7/15は想い出深い京都、住んでいた二条川端からほどちかい丸太町は京都・クラブメトロ。引っ越した2005年いらい、13年ぶりの帰還?!です。おりしも祇園祭の京都で、素晴らしいミュージシャンとともに最高の夜を過ごしていただけることをお約束します!

そして7/21は代官山ヒルサイドテラスのなかの、ヒルサイドプラザ。1988年9月21日の、デビュー・ライブのその場所に帰ってまいりました。最高のバンドと最高のピアノで、

あなたをスズキの音楽の世界にお連れいたします。


30年前に書いた曲、20年前に書いた曲、10年前の曲そしてあたらしい曲。。。ミュージシャンとしては未だ勉強したいことばかり、「まだ30周年の女」なぞと言う気で居るスズキの『1988→2018/30years,/...ANDTHEN?』をどうか!目撃しにいらしてくださいませ。

« 2018年6月 | トップページ

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ