« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月12日 (火)

もう、素晴らしい音だよ!2。

 
6/8、乃木坂ソニー・ミュージックでのマスタリングが終了いたしました!
エンジニアの内藤哲也さん、ほんとうにありがとうございました。
Small6_2
 
Small7_2 夜は名村さんもいらしてくださって、お昼には
今回のボックス・セットの豪華!ブックレット用、それぞれのアルバムの
エンジニアの方がたへのインタビュー記事をまとめてくださっているミュージシャン&
エンジニア、吉田仁郎さんもいらしてくださいました。
平澤さんの秀逸なアイデアによるパロディ・ジャケ(乞う御期待!!)
を撮ってくださったカメラマンの畔柳純子さんと、4人で笑いっぱなしの撮影(於:会議室)。。。
「いいねいいね!」「イイヨイイヨ~♪」の声が飛び交う超・楽しい時間でした。
 
Small4_2 肝心のマスタリングはというと。。。
もう、心から感動してしまったことがあって。。。
でも感動は胸に仕舞っておきます!内藤さんが本当にやわらかい、
本当に綺麗な音に仕上げてくださって、20年前の作品が生き返ったように「いまの音」になって。。。音、ってやっぱり凄い、心を救ってくれるし生きる力になる。
あぁ、はやく御聞かせしたいナ~!そうそう、ボックスセットのタイトルも本決定いたしました。
 
『SYOKO SUZUKI/THE COMPLETE WARNER RECORDINGS1998~2000』
 
カッコイ~ッ!《WARNER YEARS》から《WARNER RECORDINGS》になりました(THANKS TO平澤さん)!。
発売は 7月です。詳細は追ってお知らせいたしますね。どうぞ御期待くださいませ♪♪!
 

独りシンポジウム&ライブ第二弾が急きょ決定!

「鈴木祥子独りシンポジウム&ライブ/『アルバム「私小説」を考える』
6月24日(日)
於:横浜日の出町・試聴室その3
open;15;30
start;16;30
入場料
¥4000(+1drink)
♪御予約はこちらまで御願いいたします♪。
祝・アルバム『私小説』20周年♪。
『鈴木祥子デビュー30周年記念BOX/ザ・コンプリート・ワーナー・イヤーズ』7月の発売が
いよいよ決定!『私小説』『あたらしい愛の詩』『Love,painful love』、ワーナーミュージック在籍時3作品の再発売を記念して、早くも独りシンポジウム&ライブ第二弾も決定!
6月24日(日)は横浜・試聴室その3に来たれ!
☆鈴木祥子ワーナーミュージック在籍時の3作品が、豪華仕様ボックス・セットになって!いよいよ帰ってまいります。はあ~、永かった。。。
Photo
『私小説』の時代。それはグランジブームの余波とメンタル・ヘルス、そしてデフレ・スパイラルの時代。心療内科やリストカットなど、耳慣れない単語が普通に聞かれるようになった不安の時代を、ミュージシャンとして、女性としてスズキはどう生きたのか?その処方箋は?
「いやあの頃は大変でした、ワーナーさんに移籍した3年間はとにかくエピック時代とは違う作品を作ろうと必死で。。。
『私小説』はその前の2作(『CANDY APPLE RED』、『SAPSHOTS』)がアドレッセンスな、思春期のロックに近いものだったとすれば、
もっとマチュアーな大人の、30代のロックをやろうとしてたんです。菅原(弘明)さん、名村(武)さん、私のバンドに、非常に熟練した格好良いミュージシャンを迎えて。。。
でも周りの状況は何年か前までと全然ちがう。音楽状況、もそうだけど世の中全体が、デビューした10年前(1988年)とはまったく変わってしまっていた。時代の閉塞感、なんて言われてね。30代って別に20代の続きじゃん、としか思ってなかったんです、少なくとも
自分は。
でも世の中ってものは、特に女性の見られ方ってものは20代と30代の間に厳然たる(笑)壁がある、特にこの国においては。。。ってことを知らなかったくらい、やっぱ若かったんだと思う。」とはスズキの談。
その《女のキツさ》とは?《変わってしまった状況》とは?あっちこっちで火の手が上がる激動の30代前半を、20年経った今だから話そう、あなたの経験ともきっと響きあう部分がある筈の「私小説」の時代をともに語り合う一夜!
アルバム全曲演奏には(今度こそ!)フェンダー・ローズが登場、6月24日は横浜・試聴室その3に来たれ!

2018年6月 4日 (月)

もう、素晴らしい音だよ!

1日は乃木坂のソニー・ミュージックで、「ザ・コンプリート・ワーナー・イヤーズ1998~2000」の一回目のマスタリングでした。エンジニアは内藤哲也さん。

もう、素晴らしい音だよ!内藤さんの音って粒立ちというか、「音の綾」がほんとうに美しい、といつも思います。『私小説』は最初の、オリジナルのかたちで初めて!

お聴きいただけるのが何よりうれしい、そう、これが本当の『私小説』なんです。

20年ぶりによみがえるアナログ・テープの音に感動。この頃は本当にいろいろあって大変だったけれど、こうして心から納得出来るかたちで発表できる喜びはそれにもまして大きいのです(その、「いろいろあった」の部分は6/24(日)、横浜・試聴室その3での独りシンポジウム&ライブ、「アルバム『私小説』を考える」でぜひお話出来たら。。。と思います!)。

この日は作業に必死で写真なんか撮れなかったけれど、6/8の第2回目のマスタリングでは平澤さんがカメラマンさんを差し向けてくださるそうなので、ぜひまた写真とともにご報告させてくださいネ!

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ