« アナログ・マスターが | トップページ | 永遠の呪詛。 »

2018年4月29日 (日)

この世にテープというものが

Photo_3


この世にテープというものがあって、録音というものがある時代に生まれ合わせたこともひとつの運命、と、3作ぶんのマスター・テープを眺めてしみじみと思いました。江戸時代とか明治時代に生まれていたら無理だったですもん。Photo_4

もしくはもっと遅く生まれていたらテープで録る《時代》が完全に過ぎちゃってたかもしれない。私は本当にギリギリ、はざまの世代、ひとつ前の世代はアナログ、ひとつ後の世代はデジタルでアナログはもう「歴史」だった。どちらもリアルタイムで経験出来たのは本当にラッキーだと思うのです。

Photo

テープの磁性体とヒト(この場合はスズキ)の磁性体って響きあってしまうのです、なんというか物理学的?に。私はそう思う、思わずにいられない!

« アナログ・マスターが | トップページ | 永遠の呪詛。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ