« 独りシンポジウム&ライブのお知らせです。 | トップページ | 3/4京都拾得「まだ30周年の女は」とマザーシップ・スタジオ。 »

2018年2月27日 (火)

3/4、京都拾得に帰ります!

3/4(日)は5か月ぶりに京都拾得に「帰ります!」。いきなりですが1970年代。。。それはあなたにとってどんな時代でしたか??


私にとってそれは昭和45年から54年、5歳から14歳の、人生の中でもナカナカ重要な時代。一言で言って


「自由で」

「楽しかった」

イメージが凄くあるのです。年上のお兄さんお姉さん、大人の人たちの生きかたが格好良くみえて、自分も早く大人になりたいと思えた時代(実はそうと言い切れないものをたくさん抱えた時代だった、のはずっと後から知りましたが。。。)


なんかこう「フィーリング」「ムード」みたいなものが重んじられた時代、一人旅とか心の旅とかディスカバー・ジャパンとか、「旅への憧れ」みたいなものが色濃かった印象も。。。やさしさの時代、ナンテ言葉もありました。

Photo


肩までのストレートヘアにブルージーン、赤いチューリップ・ハットでビートルズのイエロー・サブマリンを口ずさむのはオカザキリミ、私のなかの代表的な'70年代少女です。彼女をモデルに作った新曲『ノースバウンド・アイランド鉄道~リミのテーマ』もやれると良いナ!歌の中に「彼女」を現出させてみたいのです、今のように妙~な性的な意味付けをされる前の純粋な「少女」、私の中の幻想の「'70年代」少女。



デビュー30周年をきっかけに、1988年からの30年間って何だったんだろう??と振り返る作業をしていると、否応なく自分の音楽やメンタリティの基礎を作った'70年代が視野に入ってくるのです。で、考えずにいられなくなって。。。


フォーク・ブームは'70年代前半、ニュー・ミュージック(懐。)ブームは'70年代後半。それと並行して歌謡曲の世界も非常~に華やかでした。'70年代は作詞家・作曲家の時代、と言ってもいいと思います。


私にとって'70年代を感じるカバーやオリジナル、そして新曲も御用意して、あなたのお越しを京都・拾得にて心よりお待ちいたしております!

« 独りシンポジウム&ライブのお知らせです。 | トップページ | 3/4京都拾得「まだ30周年の女は」とマザーシップ・スタジオ。 »

鈴木祥子」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ