« マゾビアに行きたいっ。 | トップページ | 夏にバンドでheading west♪な予感が。。。 »

2018年1月16日 (火)

言語以前の場所で。

笙野頼子『未闘病記ー膠原病、「混合性結合組織病」の』を読む。

Photo


私の名「祥子」は本当は「笙子」になる筈だったので(昭和40年の時点では当用漢字に無かったらしい)、何だか勝手な親近感?を感じてしまう。

笙野頼子の文章を読んでいると自分が「生きていること」がわかる、よ。生きる根本の何か動機のようなもの、理由とかそういうことではない、もっと原始的で言語以前のなにか、それを純化=purifyしてくれる。

文学というものが人間に及ぼす作用の中で、というか、してくれることの中で最も。。。 凄いことなんじゃなかろうか、それって?一人の人間が生きている/生きてゆく動機を純化すること。言語というものの力で、言語以前の場所で。

« マゾビアに行きたいっ。 | トップページ | 夏にバンドでheading west♪な予感が。。。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ