« 夏にバンドでheading west♪な予感が。。。 | トップページ | スズキのあきる野通信。 »

2018年1月19日 (金)

強く思うこと。

音楽日誌、というタイトルなので主に日常ではなく音楽のことを書いていて、

あまり時事のこと?は書かないようにしているのですが。。。

小室哲哉さんの音楽とその仕事は、手がけられたアーティストの歌唱とともに、

リズム・ビートというものの身体性を時代に刻んだ、という意味で非常に

重要なものだと思います。たとえば1990年代のグランジ・ブームというものが

ある世代に重要な影響を残したとすれば、それはカート・コバーンの「悲劇」ではなく、

その優れたソングライターとしての功績でもってまず語られるべきだと個人的に

強く思うのとまったく同じ意味で。

その時流行った、ブームになった、社会現象になった、ということは

「音楽」そのものにとっては深い意味をもたないと思います。永く残ってゆくものは

ただその「本質」だけだと思うのです。

« 夏にバンドでheading west♪な予感が。。。 | トップページ | スズキのあきる野通信。 »

音楽」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ