« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

2017年12月12日 (火)

30周年記念ライブの会場に

打ち合わせに行ってまいりました。すごく想い出ある場所で感慨深く。。。

わたしは来年30周年だけれど、その場所は2019年に50周年を迎えるそうです。

担当してくださっているOさんのお話をうかがっていると、「ひとつの文化を

守っている」という誇りと温かみが感じられて、なんだかサワヤカな風が吹き抜けるよう。

この場所でまた演奏出来てうれしい、ちょと(だいぶ)前のめりですが、

素敵なコンサートになるよう全力を尽くします!

P・S

BEARFOREST RECORDSのツイッターの「フォロワー数」を気にしてくださっている方、

お気遣いほんとうにありがとうございます。ツイッターは私個人の発言などは

せず、ベアフォレスト・レコーズというレーベルの動向(おおげさ)とお届けしたいアイテムに

関して、わかりやすく御説明したり情報を伝えやすくする目的で運営されています。

鈴木祥子とは書いてありますが「スズキ個人の」ではなく「レーベルの」

ものですので、「フォロワー数何人突破!!」というようなことは、まったく、と言ったら

常識ハズレなようでアレなのですが、基本的に目指しておりません。

何人突破!!ということを良いこと、としてこの世の中が動いていることは、

良い年をして世間知ラズ?なスズキももちろん承知しております。しかし。。。

打ち合わせにうかがった会場の0さんが、「この場所のポリシーとして、

チケット○あや○―ソンチケットなど、

大手の興行会社さんが入られるコンサートは基本的に、おことわりさせて

いただいておりますが。。。」と申し訳なさそうにおっしゃって、

「大丈夫です!!」と満面笑みで答えるスズキ。。。

(何だかふつうと逆?ですネ(笑)。)

この場面からお察しいただければ私、大変満足であります。

良かれと思ってくださっているのに、わがままで申し訳ありません!

他意はありませんのでどうかお気になさらず、どうか30周年記念ライブ、

楽しみにしてらしてくださいませね♪。

_

WELCOME TO BEARFOREST WORLD!!

11月25日から渋谷タワー・レコード5Fパイドパイパー・ハウスにて

ベアフォレスト・フェアが開催♪されています!

11/25発売のクリスマスアルバムを中心に、ベアフォレスト・レコーズのファビュラスな

カタログを取り揃えてあなたのお越しをお待ちいたしております。

『MERRY CHRISTMAS from BEARFOREST RECORDS~ベアフォレストのクリスマス(Complete Edition)』はもちろん、

『鈴木祥子最新録音集~北鎌倉駅/遠く去るもの(ファーラウェイ・ソング)』、インターネットでの通販は終了いたしましたが、

ベアフォレスト・フェアにてお買い求めいただけます。

期間中、CDをお買い上げの方にパイドパイパー・ハウス/ベアフォレスト・レコーズの

コラボレーション・ステッカーをプレゼント!

Piedbearforeststicker

4pのリーフレット「WELCOME TO BEARFOREST WORLD」も配布いたしております♪。

パイドパイパー・ハウスに初めて行ったのはデビュー間もない88年、いや、

デビュー。。。してなかったかナ?憧れのお店のドアを押してそ~っ。。。

と足を踏み入れたら、

そこは。。。

あの時感じたものをなんと表現したらよいのでしょう。

Citylightsbooks

サンフランシスコにシティライツ・ブックスという本屋さんがあって、

アレン・ギンズバーグやジャック・ケルアック、

かのビート詩人たちが足繫く訪れて自作の詩を朗読したりした場所らしいのだけど。。。

そこには「詩」があったのです。

正確には詩、ポエトリー、というもののオーラが。

たくさんの詩人たちが詩を書き、自ら朗読してきたその歴史。

言葉と声を吸い込んできた壁や窓。

2階のその場所に足を踏み入れた瞬間、強く不思議なオーラに包まれてしまった。。。

 

Nagatosanpiedpiperhouse1

その「詩」を「音楽」に変えたら、それはパイドパイパー・ハウスになるのです。

(ほら、アメリカと日本に遠くはなれたお店なのに、持っているオーラがそっくりでしょ?!)

音楽、音楽ってどこにあると思う?音楽の在る場所に在るんです。

わたしはそれを感じたい、あの時パイドパイパー・ハウスで、シティライツ・ブックスで

感じたものをいつも感じていたい。

だからパイドパイパー・ハウスのなかにベアフォレスト・レコーズの場所があるなんて。。。

光栄過ぎて言葉もないのです。



12/20にはインストア・ライブをやらせていただきます!なんと

『Syoko Suzuki sings Laura Nyro&Christmas Favorites』!

Eli13th_confession_2

生前のローラとお友達であられた長門さんがお聴きになられているかと思うと、もう本当に緊張です。。。(でも練習いいかんじで進んでいますヨ!今回再発される『イーライと13番目の懺悔』の中の、いちばん大好きなあの曲とあの曲と。。。)

ーローラの年齢を超えてしまった私、でも50代の今だからこそ

歌える歌があるのかもしれない、と思います。

11/25からのベアフォレスト・フェアに、そして12/20、夜19;30からの

『Sings Laura Nyro&Cristmas Favorites』(入場無料!)

ぜひぜひいらしてくださいませ♪!!!

Merry_christmas_from_bearforest_rec

広報部☆文月想子です。

火木の女、文月想子@広報部です!今日は主宰者の自宅からお送りいたします。

なんでも主宰者、練習とローラ(・ニーロ)曲の勉強と曲書きですごい状態に

なっているそう。。。そんな合間を縫ってちょっと訊いてみましょう。

Eli13th_confession

ーなんか大変そうですがダイジョブでしょうか?

「はい、あースズキです。えーとローラ・ニーロの曲がほんとに難しい、

歌詞多いし、歌のリズムの力点をどこに置いているのか、

何回も何回も聴いてたんですけど。。。ちょっとわかりました!

英語の曲も日本語の曲も、歌い手が置いているリズムの力点が

どこなのか、が掴めれば歌えます、たぶん何語でも同じだと思う。

そういう意味でローラ・ニーロはすべてが「黒い」、この人のリズムの

ベースは黒人音楽にありますから、それを掴むのがもうめっちゃ難しい、

だけどあれですね、ローラ・ニーロになっちゃいますと、もうバッハ師匠や

アマデさんやショパン様のスコアを勉強するのと感覚的には同じですね。

意図がわかれば曲が自分なりにわかってくる、そこまでが時間かかるんですね。」

ーあのう、んじゃクリスマス・アルバムの「WHEN YOU SING 」「この世のどこかに」は、

そういう意味では洋楽的VS日本的なものの双璧なんじゃないでしょうか?

Img_0014small

「そうなんです!自分の中に常にふたつの流れがある。洋楽的なものと、

日本的なもの。わたしの世代は欧米の、とくにアメリカのものすごく大きな影響を受けながら育ってきて、

それと同時に肉体、身体性をすごく管理された教育を受けてきた。何かって云うと行進させられ、

背の順に並ばされて、給食の嫌いなものが食べられなかったら昼休み教室に残って食べさせられたりとか(笑)。

つまりこう、リズムってものを自分の身体に正直なもの、って感じじゃなく、きっちりと行進が揃ってる、全体が揃ってる、そこからはみ出さない、

文部省御用達、みたいなふうに教えられちゃったんですね。それがもう、本当に致命傷で。。。」

ー致命傷ですか??

「はい、ミュージシャンとしてはある意味致命傷。リズムが身体的に掴めないって

音楽家としては駄目。駄目というか、メロディ、ハーモニーは学習出来ても、リズムを

後天的に学習するって難しいから。しかし致命傷、は可能性、になり得ると信じているので、

それだけを願ってやってるって感じなんですネ実は。」

ーほほー、じゃローラの曲を勉強するのはタイムリーとも言えますね?

「そうそう、この方は黒人音楽のルーツがすべて身体に入っちゃってる、

しかもイタリアン・アメリカンでオペラやカンツォーネにもルーツがある、

≪生けるアメリカ音楽史≫そのものですから。亡くなっていても作品が残っている限り

それは変わらない。もう、好きとか嫌いとかいう範疇を超えちゃってて。。。

『WHEN YOU SING 』をライブでやったり、

録りなおしたりするならローラのヴォーカリゼーションやシンコペーションを

是非真似したい。」

Img_0071small

ー対する『この世のどこかに』には、吉田正先生を意識したと思えるような

フレーズがありますが。。。

「はい、『いつでも夢を』ですね。あの、伝統的な歌謡曲でありつつ、

モダンな要素が見え隠れする、あの感じが憧れで。。。

アルドン転調(1960年代のアメリカの音楽出版会社・アルドン・ミュージックの

専属スタッフ・ライター達が得意とした転調のスタイル。たぶんルーツは1920,30年代のジャズ。特に

ニール・セダカが自作で多用した。)を使ってるんですが、あのスウィートで夢みる

ようなポップスと日本的なもののミックス。。。それもずっと目指しているものなんです。」

タイヘンと言いつつなんか張り切ってる、そんな主宰者・鈴木祥子の

意気込みが感じられる2曲を含むクリスマス・アルバム

『MERRY CHRISTMAS from BEARFOREST RECORDS~ベアフォレストの

クリスマス(Complete Edition)』ただいま絶賛発売中です!!

Merry_christmas_from_bearforest_rec

それではSee You ON THURSDAY♪!文月@広報部でした!

2017年12月10日 (日)

amazonさんでのお取り扱いがはじまりました。

『MERRY CHRISTMAS from BEARFOREST RECORDS~ベアフォレストのクリスマス~(Complete Edition)』

amazonさんでもお取り扱いがはじまりました。どうぞご利用くださいませ。

これを聴かなきゃクリスマスは始まらない!!

https://www.amazon.co.jp/dp/B077SZ3YXF/

というかもうすぐ(12/16sat,)ライブです!お目にかかれるのが楽しみです♪。

☆京都のライブの日程が決定、12/16(土)に試聴室その3にて

お伝えいたします!

さらに前のめって30周年記念ライブの会場&日時も決定♪。続報を待て!

Merry_christmas_from_bearforest_r_2

2017年12月 7日 (木)

文月想子@広報部です!クリスマスの25日まで、

文月想子@ベアフォレスト・レコーズ広報部☆です!

クリスマスの25日まで、毎週木曜日と(たまに)火曜日のこの時間に、ベアフォレスト・レコーズのイチ推しアイテムをご紹介してゆきます。『火宅の人』ならぬ“火木の女”、『レイニー・デイ・ウーマン』が頭の中で鳴っているのはナゼ?

♪エブリバディマストゲットSTO~NED!


ー今日ご紹介するのはもちろん


『MERRY CHRISTMAS from BEARFOREST RECORDS~ベアフォレストのクリスマス(Complete Edition)』。

Merry_christmas_from_bearforest_rec





こちらのアイテム、岡田崇さんデザインのジャケットは『ブルーノートのクリスマス』を、アイデアはフィレスのクリスマス・アルバム『クリスマス・ギフト・フォー・ユー』を踏襲したという神をも恐れぬチャレンジ作。

鈴木祥子の音楽の中心であるアメリカン・ミュージックからの影響、生まれ育った日本の叙情歌、ふたつの要素がバッチリ♪生かされた仕上がりとなっております。


あ、ちょっと主宰者がやって来たので訊いてみましょう。日本の唱歌・伝承歌のなかでも独特の位置を占める『カチューシャの唄』『竹田の子守唄』を取り上げたのは何故なんでしょう?

「あ、こんにちはスズキです。えーと、これは遠藤実先生の『星影のワルツ』を歌ったことにも通じるんですが、歌詞のなかの♪神に願いを、(ララ)かけましょか、のこの「ララ」が非常に強力なフックになっている、

これが無かったらこの曲はこんなに残っていないだろうというのをインタビューで仰っていて、


メロディというより「歌詞」を伝えるための「歌」、「言葉」のリズムって思ってたよりずっと深いものなんじゃないかって。。。


この頃から「日本語」っていうものに凄く意識が向いてくるんですね。以前はやっぱり、洋楽聴いて育っちゃったので、メロディとサウンドが好きだし大事だったんです。しかし歌、ってやはり言葉を伝えるものなんだって意識が、

『カチューシャ』とか『竹田の。。』を歌ってるうちに芽生えてきた。日本語、母国語の歌。その根幹って何なんだろうとか、凄く考えるようになったんですね。」




「ーあとポイントとしては2曲ともフェンダー・ローズを使って、非常に洋楽的なコードを付けています。『カチューシャ』も『竹田』も純粋なオリジナルにはハーモニーの要素はありませんが、

『竹田』の赤い鳥やオフコースの有名なバージョンはとても洋楽的です。

洋楽的、っていうとそのルーツはもちろんヨーロッパの教会音楽になりますけども、日本のメロディに教会音楽的なコードでハーモニー感を出すことによって、自分の受けた影響をどっちも表現出来る、

それが録音してて凄く楽しかったし、音楽的な聴きどころなのかナーと思います。」


なーるほど、これらの歌を聞く、知っているってだけじゃなく「歌う」「演奏する」ことで意識が切り替わったんですね。


ーそんな鈴木祥子史上重要な(おおげさ)2曲をふくむクリスマス・アルバム『MERRY CHRISTMAS from BEARFOREST RECORDS~ベアフォレストのクリスマス(Complete Edition)』

ただいま絶賛♪発売中です!これを聴くまでクリスマスは終わらない!

Img_0140small_3




« 2017年11月 | トップページ

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ