« 11/20渋谷タワー・レコード「パイドパイパー・アワー」♪ | トップページ | 本日発売です!! »

2017年11月25日 (土)

ファザコン部族の幸福と憂鬱。

曲が出来た。タイトルは「ノースバウンド・アイランド鉄道~リミのテーマ」。先日ブログの記事に書いたオカザキリミの言葉から歌詞を書いて、彼女が歌うならどーいう曲か?というイメージで作った。ファンタジックでフォークでちょっとロック。


Yjimage1g05v6vz


「BLONDE」という曲をマリリン・モンローの伝記小説から言葉を拾って、マリリンのイメージで書いた時みたいな感じ。


私は不定期で或る女性とその生きかたにハマる、マリリンだったりデコたんだったり堀文子先生だったりオカザキリミだったり。。。今は森茉莉先生にドハマリしている。思えば中高年女性がハマるというジャニーズや韓流にハマったことが無い。


何というか男性の“若さ”を“セクシー”だと感じる回路がどういうわけか断たれている。


『ゴッドファーザー』のマーロン・ブランド演じるドン・コルレオーンの、怖ろしさのなかに一抹の哀しみがある目つきとか、Yjimaget8cd0llp





額にかかってくる髪をうるさそうにかき上げる仕草なんかをたまらなくセクシーと感じてしまう、ヤッパ少数部族だ、、、ってゆーより早い話が筋金入りのハードコアな(←同じ意味なんですけど。。。)ファザコン部族だ。思えばマリリンもオカザキリミも、言うまでも無く森茉莉先生も超のつくハードコアなファザコン部族にちがいない。


ファザコン部族って本当にタチが悪い。幻想と現実の区別がつかない。というか幻想を巧みに現実に織り込んでしまう変な技に長けている。どこで覚えたのか、その無駄な技。下手をするとその織り込みの編み目のなかに一生たてこもる気でいる。誰が呼んでもそこから出てくることは難しいように思われる。。。


マリリンもオカザキリミも早死にした。現実に織り込んだ幻想とベタな現実の折り合いがつかなくなった。ふたりとも「情事」に活路を求めて破綻するところは、不謹慎だけれどファザコン部族の王道なのである。


森茉莉先生が早死にしなかったのはひとえに「書いた」からだ。昇華の回路があったからだ。自分のために情事ではなく毎日料理をした。幻想の精緻な、豪奢な編み目のなかに立て籠って終に出て来なかった。そのみごとなタペストリイは「言葉」で出来ていた。



何て格好良いんだ。ファザコン部族の永遠の誇りであり道標だ。

Yjimage4eucwnmr

« 11/20渋谷タワー・レコード「パイドパイパー・アワー」♪ | トップページ | 本日発売です!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ