« 久しぶりの京都でのライブが決まりました! | トップページ | 『鈴木祥子最新録音集~北鎌倉駅/遠く去るもの(ファーラウェイ・ソング)』只今増刷中です。 »

2017年7月21日 (金)

7月17日(月・祝)『Syoko With Klavier vol,1』

7月17日(月・祝)、暑いなかをアルテリオ小劇場『Syoko With Kkavier vol,1』にいらしてくださって本当にありがとうございました。


連日朝から本当に暑くて、でも翌18日の東京はお昼過ぎから夕方まで雷雨!お天気が1日ズレなくてホントによかった、と思ったのでした。


やっぱり自分のピアノを弾くことにして良かったです。なんだかいちばんの味方がそばに居てくれたような感じ。サスガは永年の親友でパートナーだなァと、ライブで演奏して再認識いたしました。ナーンダ、もっと早くそうすれば良かった。これからはずっとそうしよう!決めた、決めた、おまえ~と道連れに~♪。。。と、思わず遠藤実先生メロディを口ずさみたくなっちゃいます。

レッド&ブラックの鮮やかなチェンバロは「鈴木祥子最新録音集」のジャケットにも写っているのですが、黒い服に赤い口紅とネイルをしたのはチェンバロに合わせたんじゃないのです。なんかその日の気分で赤いリップとネイルをして黒い服で行ったらチェンバロがレッド&ブラックだったのです!


17日、アルテリオ小劇場の赤いシートと真っ赤なチェンバロが何とも似合っているのを見たとき、今日はうまくいく!と確信?しました。ギタルラ社(東京古典楽器センター)さま所蔵のフレンチ・スタイル、二段鍵盤のチェンバロをお借りしました。



そういうシンクロってほんとうに面白い。これだからやめられないゼ、と思ってしまうのです。

ホーナーのクラヴィネットのオモチャっぽいような、シンセサイザーみたいな生楽器みたいな不思議な音も、やっぱり大好きだナーと再確認。

弾きかたしだいでリリカルにもドライにも、ユーモラスにも格好良くもなる。リズムを出せるしアルペジオも綺麗。もっと奏法を工夫して、またクラヴィネットを使って録音やライヴをやってみたいです。

本編さいごに新曲をやるというチャレンジングなココロミでしたが「好き!」「新曲良かった!」と言ってくださる方が多くてホッ。。とひと安心しております。別名「シャボン玉ホリデー・7月の歌」(←に勝手に決めました)本タイトルは「星のまばたき」です!


いつだったかのブログの記事のまるで“書かされた”みたいにアッというまに出来た、というのはこの曲のことで、


本棚を開けたら突然サビの部分が出来て、夜中にパッと目が覚めて残りの部分が出来て、また寝て朝方起きたら完成、みたいな、


自動書記のようなかんじで何の苦もなく出来てしまったので、何か自分にとって意味がある曲になりそうな気がしています。



秋には録音してあらためて聴いていただきたいナーと思いますので、どうか楽しみにしていてくださいませね。サーテ、どんなふうに録るかなァ(←ここからが長いんですよネ、いつも。反省して短縮を計りたいと思います!)


アルテリオ小劇場の池田健児館長、船岡優花さま、技術の堀内敬さま、照明の森下恵子さま、

東京音響通信研究所の大野泰伸さま、石金慎太郎さま、

ギタルラ社(東京古典楽器センター)の吉田忠則さま、

舞台監督の志村典隆さま、プレルーディオの寺部和貴さま、

小学生のころからピアノの調律をしてくださっていて、今回「自分のピアノを使ったら?」と背中を押してくださったピアノサウンドの印南さま、

サウンドクルーの藤井孝志さま、

孝雄さま真紀子さま梅子さま、本当に、本当にありがとうございました。「舞台」を作る楽しさと大変さをあらためて実感し、よりよいものを作ってゆこうとあらたな気持ちになれたのはお力をお貸しくださったおかげです。もういちど、本当にどうもありがとうございました。



美味しいお菓子やお花をいつもありがとうございます!ハンドクラップもリクエストもとてもうれしかったです。しかし久しぶりの舞台空間に緊張し、MCが堅くてスミマセン(涙)。これも反省して改善することを誓います!



vol.1は独りだけど独りじゃない、私とピアノ、そしてチェンバロとクラヴィネットの演奏をお送りいたしましたが、これからもいろんな時代のKlavierたちと共演してゆけたら、豊かで楽しい「音」をお届け出来たら。。。と希っております。どうか御期待くださいませ!!

170715_182501cembalo

先日ピアノが一足さきに行ってしまって、広くなったけどなんだかサビシイ音楽室で孤塁を守る?チェンバロ。

170721_132801piano

ウエルカム・ホーム、やっぱりきみはThere’s No Other.♪。

170718_131102himawari
いただいたひまわり、夏らしくてきれい!

本番直前、顔が硬い(笑)。→170717_162201cyokuzen

« 久しぶりの京都でのライブが決まりました! | トップページ | 『鈴木祥子最新録音集~北鎌倉駅/遠く去るもの(ファーラウェイ・ソング)』只今増刷中です。 »

鈴木祥子」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ