« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月28日 (金)

乃木坂のソニーで2

先日のDSDのマスタリングは衝撃的でした!音を作ってくださったのは内藤哲也さんです。


何が衝撃的かと言って、CDよりもずっと良い音になったのです!当代の最新技術を駆使してアナログに最も近くなるなんて不思議だけれど、これはデジタル信号が取りこぼしていた音域をすべて取り込むことが出来るから。。。


ナ~ンテ解ったようなことを言っておりますが、内藤さんにコンピュータ上の図形?を見せていただくと、CDの音は20khzまででぴったり切れている。アナログ・マスターの音はその倍以上の帯域を含んでいるので、一気に上に跳ね上がります。


そしてDSDはアナログの図形に大変近く、主観的な言いかたをすると当時演奏したまま、歌ったままの音が聴こえてくる、



そう!こんなふうに鳴ってた!このアルバム、こういうふうに聴こえて欲しかったんだ。。。という、豊かで自由な音になりました。内藤さん、良い音を作ってくださって本当にありがとうございました!


スズキのワガママを笑って許してくださった、ソニー・ミュージック・ダイレクトの椿洋也さんにも心から感謝いたします!どうもありがとうございました。



今年中にお聴きいただける予定ですので、今までCDで聴いてくださっていた方もぜひ、ぜひこの音に触れてみて欲しいです。大変お待たせしてしまったぶん、たくさんの音をお届け出来れば、そして楽しんでいただけたら、と心から思うのです。




161018_184201


「歌のキーン、としたところをもうちょっと和らげたい感じ。。。」「うーん、じゃあこんな感じはどう?」スズキのリクエストに応えて音を調整してくださる内藤さん。


161018_141002_2


アルバムのアナログ・マスター、ぜんぶAMPEXだ!

2016年10月26日 (水)

音響ハウスでダビングをしました。

Dpp_695_originalsmall

写真も撮っていただきました。I only wanna be with my12弦♪。

2016年10月25日 (火)



161025_191201


先日のダビングはバリトン・サックスを山本拓夫さんに、ヴァイオリンを金子飛鳥さんに御願いしました。殆ど私の音だけのオケを、アッ!というまに素晴らしい音色で彩ってくださったおふたり。。。拓夫さんも仰っていたように「ソリストの音は有り難さが違う!」。。。本当にそう実感しました。アレンジメントは菅原弘明さん。コントラバスは竹下欣伸さんに弾いていただきました。ほんとうにありがとうございました!のこるはミックスとマスタリングだー。






この2~3年は自分にとって何というか、地固めのような感じの時間でした。何かを育て直すと云うか生き直すと云うか、一人で何が出来るのか?という時期を経て、



自分いがいの誰かが居てくれること、大好きな人の音と共に居られることの有り難さや素晴らしさをふたたび感じられるようになって来ました。まさに音のリハビリ?と呼ぶに相応しい今日この頃、なのです。

2016年10月22日 (土)

2017年1月7日『しょうことスタインウェイのお正月』



お待たせしまして大変、申し訳ありませんでした。

本日、参加証を発送いたしました。

到着までどうか今すこしお待ちくださいませ!

161022_151702_3

北鎌倉にて、

イーチベアーズ・ミュージックサーヴィスより。

2016年10月21日 (金)

参加証を明日、10/22(土)に発送いたします!

2017年1月7日マンスリー・レコーディング・ライブ

『しょうことスタインウェイのお正月』於:銀座・音響ハウス第一スタジオ

参加証を明日、10月22日(土)発送させていただきます。

1週間でお送り出来るとお約束しましたのに、

それより2週間も遅くなりましたこと、心よりお詫びいたします。

ご迷惑をおかけしてほんとうに申し訳ありませんでした。

到着までどうか、いましばらくお待ちくださいませ!

イーチベアーズ・ミュージックサーヴィスより。

2016年10月19日 (水)

1月7日音響ハウス第一スタジオレコーディング・ライブの

1月7日音響ハウス第一スタジオでのレコーディング・ライブに

たくさんのお申込み、誠にありがとうございます!

参加証の発送が遅れておりまして大変、申し訳ございません。

参加証のデザインは鈴木が行っているのですが、長谷別邸での演奏会の

直後にプライベートな住居のことで問題が発生し、急ぎ転居先を探したために

作成が非常に遅れてしまいました。

ただいま発送の最終準備中ですので、どうか今しばらくお待ちくださいませ。

Rogo2


イーチベアーズ・ミュージックサーヴィスより。

ソニー乃木坂で

DSDのマスタリングをしていただきました!どのアルバムのマスタリングなのかはまたヒミツ!

近く詳細をお知らせいたしますので、ちょとお待ちくださいませ。

161018_190302_5









↑不機嫌or落ち込んでいるのではなく空腹なのです。

真剣に音を聴いてるとナゼカお腹がへるのでありました。

転居先がきまりました。

161014_150402

今年2月に書いた記事より。

「。。。ってなると朝方にも夜間にも練習したくなる。一日中ふっと思いついた時に弾けるのがいちばんだ。1番から17番まで全部!なんて無謀なことは言わないけども、大好きな5番K.283や16番k.570も弾けるようになりたい。



迷ったり煮詰まったりした時はちょと外を歩いて、空や雲や植物からアイディアをもらって来れるのが良い。



それにはち~っちゃくても一軒家、しかも自然の中に建ってるのが何と言っても望ましい。


よ~し、三年以内に引っ越すゾ!ど・こ・に・しようかな。」



転居先がきまりました。♪ダ~ウンイン西多摩郡♪の隣りの市、山や川が本当にきれいです。


裏には竹林、お隣の家とは隣接していない適度な距離。つまり。。。いつでもピアノが弾ける!


2月に書いていたのが10月に叶ったってこと?
ここで予言(?予告?)すれば叶うってことなのか?エーと今叶えたいことは。。。


「1/7のレコーディング・ライブがうまくゆきますように!」



もう、1日じゅうピアノが弾けるなら山奥の掘っ立て小屋でもいい!くらいのイキオイだったのですが(防音の部屋というのはあるにはあるのですが、地域がとても限られる)、161014_150401





幸い掘っ立て小屋じゃなく、ケーキみたいな白い小~っちゃい家がみつかりました。ちょっとバスに乗ると本当に大自然の中に入ってしまいます。



ここで暮らして自分の音楽がどんなふうに変わるのか、変わらないのか、でも音楽のやり方は微妙に変わってゆきそうな気もします。どんなふうにかはわからないけれど。。。アーひとまず安心しました。

2016年10月13日 (木)

しょうこのリスニング・ダイアリー。

Bill Evans『 Live at The Top Of The Gate』

Yjimage
ビル・エヴァンスのピアノは美しい。ほんの2-3小節聴いただけで、この人が熟練したクラシックのピアニストでもあることがわかる。白人である彼が、その無駄のない美しいタッチでジャズを弾くってこと自体、矛盾を孕んでいる。


彼のピアノが一見お洒落、とかハイブラウに聴こえるとしたらこのタッチの美しさのせいだと思うけれど、あまりに鋭い音の切っ先がこちらを目指して休みなく飛んでくるので、とてもお洒落だなんて呼ぶ気にはならない。



美しいことと人を落ち着かせたり心を和ませたりすることは必ずしも同義じゃない。この人の演奏は根底に矛盾を抱え込んでいるために、聴くものを落ち着かせないし間違っても和ませたりしない。


ただ、言葉をうしなうほどに美しい。不吉なほどに、という言い方をしてもいいと思う。矛盾とは美しいものなのだ、危うく壊れそうなのにたしかで靭いのだ。


好きかと言われたら考え込んでしまう。ビル・エヴァンスのピアノは好きとか嫌いとか言えるようなものなのか。好き、嫌いと言えるのは相手に何らかの弱さや欠点を見出すからだ。そこに共感すれば好きになり、反発すれば嫌いになる。



共感や反発なんて言葉の最も遠くにあるもの、それがビル・エヴァンスのピアノだから、何度繰り返して聴いても私はその演奏が好きなのかどうかわからない。ただ、美しさに言葉を失ってしまう。考えずにはいられなくなる。自分はこの演奏が好きなのか、そうじゃないのか。好きとは、美しいとは一体どんなことなのか、と。

2016年10月10日 (月)

転居することになりました。

161008_140902_2


諸事情あって鎌倉市から転居することになりました。
昼も夜もピアノが弾ける自然に囲まれたところに行きたいとずっと思っていたのですが、
♪いまがその時、ためら~わ~な~いで~♪
。。。と言われているかのようなことがあってひょっとしてチャンス?!と、
早速転居したい地域に行っていろいろリサーチ(聞き込み)。
東京都とはおもえないくらい、山や川がとてもきれいです。
この場所でみつからなかったら新幹線で一時間の町か、
どっちかに決めようと思っております。


私は典型的な“下町の子”で町にしか住めないと思っていたけれど嘘かもしれない。
人里はなれた山奥だってかまわないのだ~と、何だか引っ越す気満々なのでした。

2016年10月 7日 (金)

ONE FINE DAY!

_103small_4


10/2(日)鈴木祥子定期演奏会『No Microphone,Please.』

第二回「外で歌おう」於:長谷別邸にいらしてくださってほんとうにありがとうございました。

部屋の中がお花の香りでいっぱい。美味しいお菓子やご本もCDも

とてもうれしいです。ありがとうございます!

_99small_3


長谷別邸の加田務さん、島津克代子さん、

いつもお手伝いくださるまきこさん、たかこさん、サウンドクルーの藤井さん、土橋さんにもたくさん助けていただきました。

Galaboxのえりさん、大阪からいらしてくださった谷ちゃん、

イーチベアーズ・ミュージックサーヴィスの美しき助っ人K・Kさん、

かさねがさねほんとうにありがとうございました。

う~ん、あの瞬間瞬間の感じって言葉でいえないですネ、

わたしがやりたいことってたったひとつで、それがどこであっても

音楽が在る場所をつくりたい、ってことなのです。

それを楽しんでくれたり、共にその場に居てくれたり、

世界のどこでもなくいま、ここだけに在る場所をいっしょに作ってくれる、

あなたに心から感謝したいのです。ほんとうにありがとう。

_91small_4

(Photo by Tsutomu Kata)

2016年10月 6日 (木)

DSDのマスタリング。

161006_132101

音響ハウスでDSDのマスタリングをしていただきました。

エンジニアは石井亘さん。とても繊細に、歌があるべき場所に在るように

音をつくってくださった。

良い音過ぎる(涙)。。。シビア過ぎて欠点もわかるし、

良いところもわかる。。。こんなに勉強になる状況ってほかに

なかなか考えられない。

歌ってムズカシイ、ほんとうに。50代になってやっとそれがわかった(遅!)。

2016年10月 5日 (水)

11月23日発売!矢部浩志さん(Musement)のソロ・アルバムに

卓越したドラマーであり作曲家・稀代のサウンド・メーカーでもある

矢部浩志さん(MUSEMENT)のソロ・アルバムに、作詞&VO.で参加させて

いただきました。WELCOME BACK !MUSEMENT !

MUSEMENT『Musement Fair』

http://p-vine.jp/news/20161003-180000

10月2日(日)鈴木祥子定期演奏会『No Microphone Please.』第二回「外で歌おう」のセットリストです。

鈴木祥子定期演奏会
『NoMicrophone,Please.』

第二回「外で歌おう」 

於:鎌倉・長谷別邸

set list

()内オリジナル・アーティスト、表記無しはオリジナル

/使用楽器・wurlitzer200-A,Fender 12strings acoustic guitar



161005_111701 1.青空のように
(大滝詠一/12stringsac.guitar)


2.ビューティフル・サンデー
(DannielBoone/田中星児/12strings ac.gtr.)


3.すてきなサンデー
(Buster/wurlitzer)

4.アイ・メット・ヒム・オン・サンデー
(Shirells/Laura Nyro/ア・カペラ)


5.水の冠
(以下wurlitzer)

6.ぼくたちの旅


7.北鎌倉駅


8.花束


9.マイ・スウィート・サレンダー

10.ベイビーイッツユー
(12strings ac.gtr)

11.Get back
(wurlitzer)

12.GOOD OLD DUSTY ROAD
(kazoo, wurlitzer)
161004_225902_2


encore
1.風待ちジェット
(坂本真綾・提供曲/以下wurlitzer)

2.お昼の部:月の足音
(リクエスト)

夕方の部:ときめきは涙に負けない
(リクエスト)

3.お昼の部:Happiness
(リクエスト)

夕方の部:光の駅
(12strings ac.gtr./リクエスト)

4. TRUE ROMANCE
(ア・カペラ)

5.Never been gone
(カーリー・サイモン/wurlitzer)

2016年10月 1日 (土)

しょうこのTake a walk in♪。長谷・由比ガ浜其の五。

前回は其の四だった!明日の前日は今日だから。。。

今日が明日の前日だから。。。うれしくてたまらないんですわ、って、

大島弓子先生『バナナブレッドのプディング』の衣良ちゃんになってしまいそう。

Chikaramochi2


長谷に行ったらおみやげに力餅!力餅家さんの店構えがとても好きです。海岸沿いの星の井の交差点ちかく、

坂ノ下のあたりは長谷駅近辺のにぎやかさからすこしはなれてひと息つける場所です。

Chikaramochi


力餅はその日のうちに完食しないと、翌日は固くなってしまいます!

(私、以前これで失敗いたしました。。。)

ぎゅうひは3日以内でだいじょうぶ。

長谷~由比ガ浜から和田塚のほうに歩いて来たら、

和のアンティークのお店『そうすけ』さん、

’60、’70年代のアメリカン・ヴィンテージ・ドレスがかわいい『トワイライト・タイム』、

自然食の『KANAYA』さんもよくゆくお店です(こちらの「三年梅干し」は絶品!

スーパー等で探しても売っていないのデス)。

お時間がありましたら、ぜひお寄りになってみてくださいね♪。

晴れるようです!

どうも明日は晴れのようです!しかも日中は温度が上がるそうなので、

念のためお帽子やアームカバー、ペットボトルのお水などどうかお持ちくださいませ。


お飲み物は御用意しておりますが、お水はそれとは別にご携帯くださいませね。


暑いところが苦手、お天気の野外で体調が心配。。。という方は、

どうかお庭に面した屋根のあるところでお聴きになってくださいませ。

ご希望を伺いつつご案内させていただきます!


私?私は夏生まれですのできっと大丈夫です(笑)。

遠方のかたもお近くのかたも、どうか気をつけていらしてくださいませね。

所謂ライブ、所謂演奏会とはちょと違う、

客席/演者の枠をなくしちゃうようなものになったらナ、

そんなのあまり観たことないけれど、

どうかその「場所」をいっしょに作っていただけましたら幸せです!

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ