« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月24日 (土)

160920_155103


途中にみぞがあるので気をつけて!160920_154901_2

しばらく直進すると左手に小さな白い集合住宅。

そのお向かいが長谷幼稚園、160920_155102

そのお隣が長谷別邸になります。

どうかお気をつけていらしてくださいませね!160920_155101

10月2日の定期演奏会がちかづいてまいりました。

160920_140301
長谷別邸は駅から6分ほどですが、

初めてですとちょと迷ってしまうかも。

JR鎌倉駅から、江の島電鉄で長谷駅へ。

長谷駅を出て、海岸と逆の方向にしばらく歩きます。160920_155801_2

ちょっとレトロなフジカラーのお店を通り過ぎ、『御霊神社』の表示を通り過ぎて、

左手に光則寺の石碑(ちょとわかりづらいかも!)がみえたら左折してください。左手すぐに「漁」さんがみえます。

ずっと直進すると。。。160920_155401_2


160920_154801

しょうこのTake a walk in長谷・由比ガ浜♪其の三。




鎌倉駅から江ノ島電鉄・長谷駅を降りたら海岸と逆方向に歩いて、由比ヶ浜駅方面に右折して。。。よく立ち寄るのは

Syokocurry


Woof Curryさんです。








ブラックとブルー、そして木目で統一されたインテリアに何だか「目が落ち着く」。160920_141401_3





長谷にはたくさんお土産物やさん雑貨やさん食べ物やさんがあってこまごまとカラフルですが、この大人っぽいムードがヨイのです。


メニューは至ってシンプル。ビーフ/ポーク/チキン/野菜カレーは飽きのこない深い味わい。ミニサラダを付けることも出来て、固ゆでたまご/生たまごのトッピングも選べます。どちらも、どれも美味なのです。
そして長谷駅方面にちょと戻りカフェ・ベルクフェルドへ。
ドイツパンを使ったサンドウィッチやドイツ菓子を中心にしたメニュー。



「本日のケーキセット」。シンプルなシュークリームとブレンド・コーヒーにホッとする。


160920_150701
160920_145901


テーブルやランプはアンティーク、深い色の木目が気分を落ち着かせてくれます。パンとケーキのテイクアウト・コーナーも充実していて、あれもこれもと迷ってしまうのです(今日はグラハム・ブレッドと木の実のパイを購入)。


160724_110401_3
そして由比ヶ浜方面にのんびり歩いて立ち寄るのはこの雑貨屋さん。お洒落雑貨じゃなく昭和の雑貨屋さんです。









私このお店がミョ~にスキで毎回なにかを購入してる気がします。ご飯茶碗やお箸、急須に平皿の食器類はモチロン、ナイロン製のかごバッグ(←カワイイ!)や農作業用の帽子まで。。。



160724_110402_6





昭和の時代はこういう、何でもそろうお店がハバをきかせていました。そして何気に飽きのこない、「惜し気がなくてカワイイもの」が結構あってワクワクしたのです。



時代とともにそんなお店が少なくなってしまっても、こちらはまだバリバリ健在です。ナゼかいつも前衛的なジャズやハワイアンが流れているのは、店主の方の趣味趣味音楽だからなのでしょうか?。。。




以上、わたしのある日のランチ&散歩コースでした。ほかにもいろいろなお店が立ち並ぶ長谷・由比ヶ浜。ゆっくり歩いてあなたのランチ&お散歩コースをぜひ見つけてください。

2016年9月15日 (木)

鈴木祥子定期演奏会にたくさんのお申込み、真にありがとうございました!

鈴木祥子定期演奏会『No Microphone, Please.』第二回「外で歌おう」於:鎌倉:長谷別邸に

たくさんのお申し込み、本当にありがとうございました。

9月14日(水)にて受付を締め切らせていただきました。

☆宇都宮市のS・Kさま、参加証を本日発送いたしました。

到着までどうか今しばらくお待ちくださいませ!

☆御不明な点、お問い合わせはどうかこちらまでお寄せくださいませ。

イーチベアーズ・ミュージックサーヴィス

eachbearsmusicservice72821@gmail.com

2016年9月10日 (土)

デビュー28周年は平成28年♪企画第二弾、

デビュー28周年は平成28年企画第二弾。


鈴木祥子定期演奏会『No Microphone.Please』第二回「外で歌おう」於:長谷別邸にたくさんのお申し込み、誠にありがとうございます!



詳細メールを受け取り振込済なのに参加証が来ない、という方がもしもいらっしゃいましたら、御手数をおかけ致しますがイーチベアーズ・ミュージックサーヴィスまでどうかご連絡くださいませ。

eachbearsmusicservice72821@gmail.com



☆演奏会当日、会場に到着されましたら、長谷別邸・玄関脇のスペースにございます受付にて、御申し込み順に御名前をお呼びしてご案内させていただきます。お庭のお好きな席にお座りくださいませ。


(お庭の盆栽は歴史のあるものですので、どうかお手をふれないようおねがいいたします!)


☆受付にてドリンクのご希望を承ります。どうかスタッフにお好きなお飲みものをお伝えくださいませ。



☆当日は「ステージと客席」という定型が無いため、真ん中に居たりお庭のあずまやに移動したりみなさまのお近くに行ったり。。。と立ち位置が一定でなく、お席によって演奏の聴こえかた・届きかたに若干のばらつきが生じることが予想されますが、マイクロフォン無しの野外の歌と演奏、というレアな(?)状況をお楽しみいただけましたら大変、幸いです。


。。。と申しますか、ばらつきも楽しめるものに出来るようベストを尽くしたいと思いますので、どうか楽しみにしていていただけたら、と存じます!
_dpp_38_small1jpg2


コーラス=人と歌う=ハーモニー。

ハーモニー、人と歌って和声をつくること、所謂コーラス、またの名を「ハモり」。。。その根源的な楽しさを原田真二&クライシスで教わった。


真二さんとベースのウォーネル・ジョーンズさん、キーボードの太田美智彦さんと私の四声、正確には真二さんのリードヴォーカルに対して三声のハーモニーは今思い返してみても非常に安定していて、ライブ録音やラジオの非公開録音のテープを私は繰り返し聴いた。



自分のやっていることが少しでもバンドに、真二さんの音楽に貢献出来ている。。。それは初めて出逢う「仕事の充実感」だった。



リハーサルで指示を出すのは勿論真二さんだが、リード・ヴォーカルに対して完璧なハーモニーを作ろうと三人で工夫を重ねた。それについて話し合ったりしなくても、リハーサルで他の人の声を聴いていればアイディアが出てきて、それに対してハーモニーをつけたりするうちに形が出来上ってゆく。



真二さんもそれを面白がってくれて、曲の一部のリード・ヴォーカルを委せてくれたりレコードには無いコーラス・パートを増やしたり、どんどん歌わせてくれるようなところがあった。


打ち込みに合わせることもあったが殆どの演奏は生で、あの時のクライシスはとても自由だったと思う。



'86年12月の渋谷公会堂での2デイズコンサートの打ち上げで、ウォーネルさんが彼女のピッチは強力だよ、ハーモニーを歌う時はいつも彼女の声を聞いてるんだ、と言ってくれたのは凄く嬉しかった。


そのウォーネルさんと太田さんが去った後、サウンドの比重は生のグルーヴやハーモニー以外のところに移ってゆき、演奏はほぼ打ち込みとシンクロさせる形になった。



自分は歌うのが好きなんだな、それもハーモニーを作るのが好きなんだ、人の声とハーモニーするって何て楽しいウキウキすることなんだろう。



コーラスって正しく使えば曲の風景を変えてしまう。人の声の中にはリズムがある。それを真二さんに教えていただいたことに、どんなに感謝してもしきれないのだ。



日比谷野外音楽堂でのコンサートでドラムを委せてもらった時は嬉しかったけれど、この場所であの「四人のコーラス」をつくれたら良かったのに、と思うとちょっと、いや、実はとても淋しかった。



それでも二年間、真二さんの素晴らしい曲と高い音楽性を間近で体験し演奏出来たことの喜びは本当に大きかった。そこで学んだたくさんのことと共に、ほどなくして私はクライシスをやめた。'87年の秋、22歳だった。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ