« 鈴木祥子定期演奏会『No Microphone,PLEASE』セットリスト | トップページ | klaviersonata A-Dur K.331/じゅういちばん。。。 »

2016年1月13日 (水)

歌ってたのしい、かもしれない。

Syokomatsumotokinenn2_6


先日の演奏会で人生で初めて、「歌」ってたのしい、と思いました。何を今さら!って笑わないでくださいませ(涙)。




自分のことは歌手じゃなくミュージシャンだと思っていてそれはその通りなのですが、




歌うことはたのしいこと、というよりオケや曲を完成させるためにやらないといけないこと、

だと思ってました。メジャーレーベルに居た頃11回くらいリテイクさせられたのがトラウマとなっていた(笑&涙)のかもしれません。




そうか、歌はたのしいのか。『梁塵秘抄』のなかの「”歌”は”声のわざ”である」という言葉になんだか異様に惹きつけられて、あ、そうだ、マイクロフォン無しで歌ってみよう、と思いついたのでしたが、本当にやってみたら思わぬ発見をしてしまいました。

いや~50年生きてみるもんです。人生は発見と驚きに満ちている、のですネ。4月には相


模湖交流センターでピアノと歌を録音して参ります。ベーゼンドルファーと対等になれるように歌って来たい、と俄然ファイトがわいてきてしまいました。

この録音の成果は初夏~夏にかけて聴いていただけると思います、定期演奏会の第二回もその頃を予定しておりますので、どうか楽しみにしていてくださいませね。

美しいお花や美味しいお菓子を本当にどうも有り難うございます。甘いものってどうしてこうシアワセになっちゃうのでしょうネ。オレンジやピンクや黄色の花びら、部屋のなかにひと足先に春がきたみたいです!

« 鈴木祥子定期演奏会『No Microphone,PLEASE』セットリスト | トップページ | klaviersonata A-Dur K.331/じゅういちばん。。。 »

鈴木祥子」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ