« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月28日 (木)

『成瀬巳喜男 映画の面影』

「ーー成瀬さんと私の間には誰も立ち入ることが出来ない。成瀬さんと私にしかわからない。。。変な意味じゃなくてね。

だから成瀬さんが死んだ時、あぁ、私も終わった、私という女優が終わった、と思った」


「言い忘れたことがある。成瀬さんが死んだ時、私という女優も終わったと思った、と言ったね。それは、もう仕事にも映画界にも一切、きれいさっぱり未練がなくなった。つまり。。。殉死だね」


(斎藤明美『高峰秀子の流儀』/『高峰秀子との仕事』より。)


成瀬巳喜男監督を語る女優・高峰秀子の言葉を想い出すたび胸を衝かれる。何度も何度も反芻したので心に刻まれてしまった。


Naruse


先日の演奏会のとき川本三郎さんの著書『成瀬巳喜男 映画の面影』を贈ってくださった方がいらして、9日の夜むさぼるように読んでしまいました。今も読み返しています。どうも有り難うございます!


成瀬監督の画面は美しい。「美しいもの」を撮っていないのに美しいとはどういうことなんだろう。


デコたん(高峰秀子)が演じた役だって考えてみれば幸せな女は一人も居ない。それでも喩えようもなく気品があり美しい。


川本三郎さんが書かれているように「貧乏ギャグ」とお金の話がしょっちゅう出てくる。下町の狭い路地、淀んだ川にかかる橋。古いアパートにしもた家、何処からともなく現れるチンドン屋。


それなのに映画は独特のリズムとスピードを持ち、洒脱、と言っていいくらいに洗練されて美しい余韻を残す。どうしてなのか。


それを考えてゆくとデコたんが生涯でただひとり、殉死、という言葉を捧げた意味がハッキリと解ってくるのだ。

しょうこのリスニング・ダイアリー。

豊田道倫『SHINE ALL AROUND』

Ttoyoda


ロックンロールのフォーリズムは今難しい。ホントはそれが一番だけどドラムが二拍四拍でスネアを叩いた瞬間なんかどっかで聴いた感じになる(自分のアイディア不足、っていうのもあるかもしれないけど)。


アクセントをズラシたって同じだ。ドラムセットじたいがいろんな楽器のいろんなリズムを効率的に同時に出来るようにしたものだから、それが当たり前の時代に生まれたことにハンディキャップを感じる時がある。何てったって高度経済成長期、カラーテレビもあった、コカコーラもあった、お誕生日ケーキも全自動洗濯機もジューサー&ミキサーもあった。でも残念乍らリズムに貪欲さが足りない。


後天的に自分のリズムを身体で感じようとするともう音楽とか楽器とかバンド以前の問題になってくる、生きるとか生活とか好きとか気持ちいいとかをとことんやるしかないのだ、あらかじめ与えられたものなんて意味が無い。人にどう思われようが関係無い。


豊田さんの新しいアルバムでフォーリズムがロックンロールしているのはだから物凄く貴重で重要なことだと言わざるを得ない。『I LIKE YOU』とかゴキゲン、まるでバディ・ホリーが天国から降りて来ちゃったみたいじゃないか。


一番好きなのは『愛したから』『ともしび商店街』。歪んだエレキ・ギターはこんなにもリリカルで哀しいのかと思う。『どうして男は』も好き。『どうして女は』ってアンサーソングを作りたくなる。


聴いていてディランの『Bringing it all back home』を想い出してたら何とセルフライナーノートにそのアルバムのことが書いてあった。ヤッパリネ♪。と思いながらええっ?!と驚いた。

2016年1月20日 (水)

しょうこのリスニング・ダイアリー。

Mina2


『池袋の夜~青江三奈のすべて~』





作家陣が凄い!吉田正先生、浜口庫之助先生、『おふくろさん』問題がまだ記憶にあたらしい川内康範先生も。。。


いや~歌手って、歌い手って本当に歌が旨いですね。この、低音から高音まで何の無理も無い感じ。


低音でもくぐもらない、高音でも痩せない。「ピッチが安定してる」とかもまァ大事だけど、やっぱり歌は一にリズム二にリズム、三・四が無くて五にリズムなんですネ。



この恋なくしてしまったらあたしはとても生きてゆけない、とか女の命は恋だから、とか、青江三奈の歌う女は本当に古い女だけど、一面普遍的な真実を語ってもいる。女ってマジで惚れたらど~仕様も無い生きものなんだナ、これが。私は女なのでそれがよくわかる。しかし本当に旨い。仮にも歌をうたうと言うのなら、このレベルを目指さなきゃ嘘だ。


あ、もうA面終わっちゃった、引っくり返さなきゃ。しかしこの咽び泣くサックスのエコー感格好良いな~。ドラムの音がすっっっごくオフなのもイカシテる。

30年前!マジっスか?

Syokohatachi1_2 


♪何となく二十歳です、何となく変ですね?

春風がちょっと気になります。

(バイ・キャンディーズ『二十歳の頃』)

基本はだいじ。

ウワ~美味しい。かぼちゃの煮物大成功。最初に胡麻油で炒めたその胡麻油(「四日市九鬼香味芳醇胡麻油」)が良かったみたい。基本の油やお塩、お醤油やお味噌は大事だなァ。出来上がりが全然違うもんだなァ。


かぼちゃ煮てモオツァルト弾く小正月


=しょうこ=

klaviersonata A-Dur K.331/じゅういちばん。。。

アマデさんの『ピアノ・ソナタ第11番K.331』55歳までに弾けるようになりたいと思ったけれど、練習の甲斐あってかあとちょっとで完走というところまで来た。


アマデさんの曲って何だか「天使が遊んでいる」みたい。そして真剣になって弾いているのを、悪戯っぽい目をしてからかっているみたい。


例によってイメージ・トレーニングと称して上手い人の演奏を聴いてみる。リリー(・クラウス)女王の11番はやはり本当に綺麗。テンポは速めでタッチの緩急が美しい。心も時間も奪われてしまう。


しかし上手い人でも教科書通りでつまんないナって演奏はあるもんだ。特にこの曲って一歩まちがえると「音楽の時間にじ~っと我慢して聴かされてる」って感じになる。


そういう意味でやっぱりグールドの11番は本当に面白い。何てクリエイティブな人なんだろうか。ゆ~~~。。。っくり始まってどんどんテンポが上がってゆく(戻ってゆく?)ので大興奮させられてしまう。


特に最後のヴァリエーションはグールドの弾きかたが理想。トリルや分散和音が異常に力強く美しい。疾走するような生命感!


グールドとリリー女王を混ぜたみたいにこの曲が弾けたらなァ~。。。な~んて畏れ多くて怒られちゃうけど、理想はあくまでも高い方が良いノダ。ハコバンの時のバンマスも言ってた、「とにかく凄い人の演奏を聴け、自分より上手い人と演れ。」



最後のヴァリエーションの中盤に出てくる両手の16分音符が私にとっては超・難関。譜面は正確さと軽やかさとしっかりしたタッチを要求している。簡単そうに見えてあちこちにトリックがある。ンだけど何かもう、とろけそうに美しい。煮物が噴いてるのも無視して弾かずにはいられない(いや、それはマズイ。焦げちゃう前に火を止めに行った。)

2016年1月13日 (水)

歌ってたのしい、かもしれない。

Syokomatsumotokinenn2_6


先日の演奏会で人生で初めて、「歌」ってたのしい、と思いました。何を今さら!って笑わないでくださいませ(涙)。




自分のことは歌手じゃなくミュージシャンだと思っていてそれはその通りなのですが、




歌うことはたのしいこと、というよりオケや曲を完成させるためにやらないといけないこと、

だと思ってました。メジャーレーベルに居た頃11回くらいリテイクさせられたのがトラウマとなっていた(笑&涙)のかもしれません。




そうか、歌はたのしいのか。『梁塵秘抄』のなかの「”歌”は”声のわざ”である」という言葉になんだか異様に惹きつけられて、あ、そうだ、マイクロフォン無しで歌ってみよう、と思いついたのでしたが、本当にやってみたら思わぬ発見をしてしまいました。

いや~50年生きてみるもんです。人生は発見と驚きに満ちている、のですネ。4月には相


模湖交流センターでピアノと歌を録音して参ります。ベーゼンドルファーと対等になれるように歌って来たい、と俄然ファイトがわいてきてしまいました。

この録音の成果は初夏~夏にかけて聴いていただけると思います、定期演奏会の第二回もその頃を予定しておりますので、どうか楽しみにしていてくださいませね。

美しいお花や美味しいお菓子を本当にどうも有り難うございます。甘いものってどうしてこうシアワセになっちゃうのでしょうネ。オレンジやピンクや黄色の花びら、部屋のなかにひと足先に春がきたみたいです!

鈴木祥子定期演奏会『No Microphone,PLEASE』セットリスト

鈴木祥子定期演奏会『No Microphone,PLEASE.』

第一回「歌を自由にする」

Matsumotokinenn14


setlist
(()内は調性)

1.超・強気な女(Cis-Dur)

2.子供の時間 (D-Dur)

3.フェアウェル・フェアウェル(Sandy Denny)(G-Dur)

4.空の休暇(B-Dur)~

5.名前を呼んで(As-Dur)

6.ガラス壜の中の船(大滝詠一) (Es-Dur)

7.恋のナックルボール(大滝詠一) (Fis-Dur→G-Dur)

8.花(瀧廉太郎)(F-Dur)

9.45minutes(Es-Dur)

10.天国への階段(Led Zeppelin)(A-moll)

11.旅立つことを決めれば(新曲)(C-Dur)

12.光の駅 (A-Dur)

13.どこにもかえらない~SUKIYAKI~どこにもかえらない (D-Dur→E-Dur)

♪encore 1.好きにならずにいられない(Elvis Presley)(D-Dur)

 

♪♪encore2(1/9)

1.逆プロポーズ(仮。)(C-Dur)

2.あたらしい愛の詩(C-Dur)

♪♪encore2(1/10)

1.帰郷(A-moll)

2.プリヴェ(D-Dur)

3.ラジオのように(As-Dur→F-Dur)

2016年1月11日 (月)

1月9日/10日・松本記念音楽迎賓館

『NoMicrophone,Please』第一回~歌を自由にする~にいらしてくださって本当に有り難うございました!

はじめてのアンマイクロフォンド(そんな言葉ないから!)の演奏会、

わたしはとても解放された気持ちになりました。もし同じ気持ちになってくださったとしたら

本当に幸せです。

キャンセル待ちをしてくださったかた、せっかく申し込んでくださったのにお会いすることができなくて本当にごめんなさい。いま、「自分が良いと思える音楽の環境をつくること」、「聴きたいと思ってくださる方、いらしてくださる方にとっての良い環境をつくること」、それを「両立させること」に頭を悩ませつつちょっとずつ進んでいるところです。(なんだか古典的な「家庭と仕事の両立問題」みたいなのですが(笑)。。。)

考えて立ち止まってしまう時間もあるかもしれませんが、どうかこれに呆れず期待していてくださったら。。。と希わずにいられません。

Syokomatsumotokinenn1





セットリストなど追って掲載いたしますね。


                                                                 

2016年1月 7日 (木)

鈴木祥子定期演奏会『No Miorphone,Please』につきまして

2016年1月9日/10日 松本記念音楽迎賓館での定期演奏会『No Microphone,Please』につきまして、

 

☆会場にご到着されましたら、どうか2F視聴覚室にてしばらくお待ちくださいませ。参加受付順に御名前をお呼びしてご案内させていただきます。(その際、受付にて料金をお支払いくださいませ。)

☆ 3日以内のキャンセルの場合は御連絡をいただければ有り難いのですが、公演当日など緊急の御都合の場合はこの限りではございません。

☆ 参加証の表記がわかりづらいとの御指摘をいただきました。今後改善してゆければと存じます!また、HP上の掲載が遅くなりましたことを心よりお詫びいたします。

BEARFOREST RECORDS執務室より。

定期演奏会のお知らせです。

鈴木祥子定期演奏会


Syokosyuuseikacyounomiya


『No Microphone,Please.』

      第一回

   「歌を自由にする」

  於:松本記念音楽迎賓館

   開場 15:00 開演 15:30  ¥5500

ーースズキ史上初(おおげさ!)・マイクロフォンを通さない生の声と楽器の定期演奏会です。

以前はチラッ、と心に浮かんでも恐くて実行に移せませんでした。マイクロフォンはやはり歌い手にとって最大の拠りどころであるからです。


マイクロフォンという「力」から「歌」を解放したらどうなるのか。歌=声のわざ、という言葉に惹かれるのは何故だろう?それはどんな響きで、どんな表情をしているのだろう?たくさんの問いが浮かんで来ました。


不定期にテーマを変え、曲目を変えつつ第三回までを予定しております。第一回目のテーマは「歌を自由にする」。“初めてのライブで”それってどういうことなのかな?とぜひいっしょに考えていただけたら楽しいナ、と思います。

今回はチェンバロとチェレスタを使い、ピアノとはまた違った鍵盤と生の声の響きを楽しんでいただけたらとても幸せです。

☆御申込みはタイトルを

「鈴木祥子定期演奏会」

として、

①御住所
②御名前
③電話番号
④希望日
⑤希望人数(二名様まで)


をお書きの上

takashi_yokota@post.pioneer.co.jp

までメールにて御予約くださいませ。

折り返し参加証をお送りさせていただきますので、当日必ず御持参ください。

お問い合わせ:03-3709-5951 松本記念音楽迎賓館

(11月30日にて御予約をしめきらせていただきました。どうも有り難うございました!)

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

お正月恒例の発熱に見舞われてご挨拶が遅くなってしまいました(今年の場合は知恵熱でしょうか??)。 演奏会の詳細情報の掲載が遅くなりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

昨年は二年ぶりに演奏会をすることが出来て、いろいろな意味でとても意義深い一年になりました。

アマデさんことモーツァルトの音楽に心酔・惑溺した一年でもありました。40年間手元に持ってたのにほとんど聴いていなかったモーツァルト名曲集の二枚組のレコード(←これ名盤、演者が凄い人ばっかり&編集が挑戦的)と『COMPLETE MASONIC』を聴きまくり、会う人会う人に「ねーねー最近モーツァルトにドハマりしてるんだけどこの人って才能あるねェ凄いねェ、」などと言っては失笑を買っておりました。



そのイキオイで『トルコ行進曲』を弾いてみたら全然指がうごかなくなっていてショック!を受け、毎日毎日練習したらものすごく楽しく弾けるようになり、昔は気づかなかった曲の意図や美しさ、演奏する喜びにも気づかされ、あれもこれもといろいろな曲が弾きたくなって今は『ピアノ・ソナタ第11番K.331』・地獄の特訓真っ最中です。



「音楽」を教えてくれた凄過ぎる先人、先人たちがそこから学んだものに少しでも恩返しをするために音楽をやってゆきたい。そんな思いでおります。

9日・10日の演奏会は「歌の自由さ」を共に感じていただけるよう、気を引き締めて頑張ります。

マイクロフォン無で人前で歌うって掛け値無しに初めて、自分でやると言っておいて正直、恐くもあるのですが自由になれる予感もある。どうか一緒に「うた」に参加していただけたら嬉しいです、実際声には出さなかったとしても心のなかで。。。ネッ!

昨年一年間本当に有り難うございました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


鈴木祥子。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ