« amade,天の手。 | トップページ | スペクターの低音。2 »

2015年7月29日 (水)

進捗状況。

ん~やっぱアナログは良い、テープの音は良いナとあらためて思う。


久保田彰さんのチェンバロ(いつ見てもいつ弾かせていただいても、姿も音も美しい!)と、音響ハウスのスタインウェイを三番(秋のコンサートのタイトルにもなっているキルンベルガー第三調律法。専門家の方は三番、と言うのだそう。)に調律していただいたのですが、これが大正解でした。


やはり古典調律の響きは自然、そして美しい。チェンバロの調律をしてくださったのは久保田さんのお嬢さんである久保田みずきさん。ピアノの調律は久保田さんに御紹介いただいた栗田夏子さん。おふたりに「三番」についていろいろと教わることが出来て(専門的なお話なのに女子トークのようでもあって)とっても楽しかった!


そうか、古典調律は平均律では出せない「純正の五度」が出るから自然に、うつくしく感じるんだなぁ。なんというか、無理が無い。


たとえば自分はまだまだ出来る、ナンテ頑張ってみたり、ミョ~に悲観的になったりということが無い。出来るときに出来ることをやって、それが普通という感じ(ヒト科の精神状態に喩えて話しております。)でもまだまだ秘密がたくさんありそう。


音をデータ化してパソコン上でやりとりする時代に、アナログのレコーダーとテープを使ったまさに亀のような歩みですが、


このように↑ちゃくじつに進んではいますので、どうか長い目で見守っていてくださいませね!え~と次回はドラムかな。


Syokoyunnkyuu


今日はコントラバスを演奏していただきました。マイクロフォンは1949年生まれの49(ヨンキュウ)。佇まいに歴史あり!

Syokoyonnkyuu2

« amade,天の手。 | トップページ | スペクターの低音。2 »

鈴木祥子」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ