« 「無い」と「ある」の話3。 | トップページ | ライブ会場。 »

2015年4月15日 (水)

紅椿。

吾が名呼ぶ甘き余韻や紅椿

=しょうこ=

と言ってみたものの甘くない、椿って意外に生々しいです。

女っぽいな、本当に。

Tsubaki

« 「無い」と「ある」の話3。 | トップページ | ライブ会場。 »

鈴木祥子」カテゴリの記事

コメント

祥子さん、こんにちは。
コメント、とても嬉しかったです。
ありがとうございます。
ひとつ間違えていました。
8年前のライブは、難波ベアーズでした。ごめんなさい。
『Weaver of Love』の逸話、興味深々で拝読しました。
ありがとうございます。
そしてまた一句・・・
まあそんなこともあるさと朧月
=ようじ=
p.s.読み流して下さったら幸甚でございます。

我が家の庭ではチューリップが咲き始めています。でも、毎年のように、この時期風が吹き荒れるんですよね。

首を傾けながら風に耐えてるチューリップ…もう少しの辛抱だよ、って励ましてます。

そして「風に折れない花」を思い出す時でもあります。

(会場忘れたけど)観客の数人をステージに呼んで、一緒に「風に折れない花」を歌ったライブを思い出すなぁ…ステラボールだったかな。
祥子さんのチェックのワンピースでギターを弾く姿にも衝撃をうけた記憶。

by獅子座の男

ようじ@岡山様。

ウワ~、素敵な、でも切ない句ですね。。。想いの轍。
この曲、八丈島で作ったのです。
空港に降り立ったら係員の方に、台風が直撃するかもしれません、次の便で羽田に戻りますか?と訊かれ、
いいえ!と嵐の島に居座ってその夜に出来ました。何を考えていたのか。。。東京に戻ってすぐ録音したのでした。
人を想うって苦しい、でも幸せですね。
また岡山にぜひ行きたいです。

水無月 波さま。

ありがとうございます!花って、どれをみても「女」だナア。。。と思えるのです。

こういう形では初めまして、祥子さん。
最後にお会いしたのが8年前・・・
『SHO-CO-JOURNEY』(2007年?)、なんばHatch です。
お恥ずかしいことに、初めての祥子さんのライブでした。
電光(lightning)と雷鳴(thunder)に打たれたような感動でした。
「I wanna see you move !!!」
ああ、祥子さんは一方向的なコンサートをなさる方ではない。
会場の全員で「音」と「心」を紡いでいかれる方なんだ、と思ったことが昨日のことのようです。
去年から繁く拝聴するのは、『Weaver of Love』です。
あの歌詞と全く同じことが、私の身に起こりました。
そこで私も一句。
遠ざかる想いの轍桜散る
=ようじ=
ブログの開設、おめでとうございます。

椿
女っぽい…

この表現がなんか好きです。

ありがとう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅椿。:

« 「無い」と「ある」の話3。 | トップページ | ライブ会場。 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ