« 手を使う作業。 | トップページ | 雨だれこぞうさん。 »

2015年4月18日 (土)

with your hands.




手を使うって大事。このトシになってあらためてそう思います。

頭と手が同時に動いて、身近ですぐ出来ると云う点においては、料理することと文字を書くことが双璧なのじゃないでしょうか。


パソコンやスマホの操作は主に頭の方に刺激が行くので、チョト身体が物足りないかもしれません(関係無いけどわたし、未だにガラケー)。


楽器を弾くのも手を使う作業ですネ。パソコンで音楽を作ったことが無いのでわからないのですが、手で演奏することがメロディを呼んだり音のイメージを呼んだりすることはよくあります。


オルガンとピアノとチェンバロの感触がちがうように、楽器によって鍵盤を押したときの圧力がちがうのは殆ど身体的な喜びです。演奏そのものと同じくらい(もしかしたらもっと)指にかかる圧を楽しんでいるようなところがあります。


料理の手順を追うだけで、あるいは画数の多い漢字を練習したりするだけで(薔薇とか躊躇とかネ、)使ってる頭の部位が凄く多いと感じるのは私だけ。。じゃないですよね?!老化防止どころか小学生並み、なんて言わないでください。


手をつかうと云うのは何か気持ちの充実や満足につながる気がするのですね。思いのほか深いところに浸透すると云うのでしょうか。


きっと頭と身体は同じだけ使用(止揚?)するのが良いのでしょう。音楽と関係ないみたいだけどやっぱりチョット、すごく似ているな。手で何かを作ることはみんな似ている。そんな気がします。

Syokonogizaka_2

« 手を使う作業。 | トップページ | 雨だれこぞうさん。 »

コメント

のら様。

本当ですねェ。最近欲しいDVDなんか、映画会社に直接注文したり、本や日用品がお店にないときは注文したりメーカーさんに直接電話しちゃいます。
反AMAZONという訳でもないのですが、敢えて手間と時間をかけたい気がして。。。

はまもとかずひこ様。

わー、深く読んでくださり感謝です!なんか近年の音楽を耳にしたりすると、ココロとカラダがはなれてるような、スースーした気持ちになるときがあるのです。
何とかしてこれを一緒に出来ないかナア、なんて老婆心ながら思ってしまって。。もちろん自分自身の課題ではあるのですが。

とどまつ様。

そうなんですよ!なんか手書き文字ってひととなりと云うか体温があるんですよネ。私も手紙なんか書こうとするとタイヘンです、書き損じの山が出来ちゃう(笑)。

そんなに喜んでいただけて嬉しい!acoさんの言葉こそ素敵です。
何だか本当に叶う気がしてきました!

ゴルトベルク様。

ITデトックスなんて言葉があるのですってね。デトックス中は思いっきり手を使うと良いのかも。。。
固定電話、公衆電話、素晴らしい!私も本当はそこまで行きたいのです。

アナログ好き(ガラケー)様。

老化防止、って言葉がいつしか身近なものに(笑)。。。でも遊ぶって良いですよね。
絵を描いたり字を書いたり、楽器なんか最高ですね。

らんなー様。

20数年!どうも有り難うございます(涙)。ガラケー仲間がいてくださるとココロ強いですネ。これからも
ガラケーで行こう!HDDって何?って思ってしまった私を許して!

手で演奏することがメロディを呼ぶって感覚、とてもよくわかります。(僕は曲書けませんが)

未だにガラケーって一文も気になりました。「周りに流されない感」が伝わってきます(笑)←いい意味で

少し話がそれますが、最近国内外でアナログレコード人気が高まってますね。国内売上も10年前の7倍になったそうです。
針を落とす感じがいい、手間がかかるのがいい、と20代が話してました。
手で文字を書くような感覚に似てるのかもしれませんね。

しかし、最大のレコード販売店がAmazonというのが何とも皮肉です。

「頭と体は同じだけ使用(止揚)すること」
実は,今回のブログのようなことに関する講義を持っており研究をしている者です。
この文章には,事の本質を簡潔にズバリと言い当てているところがあって,ドキッとしました。
そして,「止揚」という言葉。
今回,初めてこの言葉を知りましたが,その意味を知って,再びドキッと,今度は心の奥底で感じました。
頭と体は,「一体」だったのに,いつの頃からか矛盾・相反する存在になったのですね,そして,それを再統一しなければならないという。。
深いです,祥子さん。
また,思いを巡らせてみますね。
ありがとうございます。

はじめまして。広島在住の者です。
学生の頃、リアルタイムでHarvestを買って、なんとなく気に入って、Harvestだけをずっと聴いていたのですが、一年前にひょんなことからHarvest以外の、特にHarvest以降の祥子さんの歌を聴いて、「これはいい!」と、遅ればせながらファンになってしまいました。
リアルタイムで聴けばよかったと後悔しつつ、広島中の中古CD屋さんを回って、祥子さんのアルバムを買いあさっています(もちろん新譜で売っているものは新譜で)。これからよろしくお願いします。
さて、今日の祥子さんの投稿を読んで思ったのですが、パソコンで作る文書は見栄えはとてもよいのですが、やはり自分で書いたメモの方が伝わるものもありますよね。部下が書いた文書を推敲するときも、その文書をデータでもらって、パソコンで直したほうが早いのかもしれませんが、あえて手であーでもないこーでもないと考えながら直しています。僕は字は決してきれいではないのですが、ときどき、僕の書いたこの不揃いの字が妙にいとおしく思える時があります。でも直筆で年賀状を書くと、やっぱりみすぼらしくって、パソコンで作ろ、と思ってしまうのですが。

夢の遠い存在だと思っていた祥子さんにお返事を頂き、目を疑いながら涙が溢れました。祥子さんの心身に染み渡る音楽は聴くたび、心を癒され、楽しく弾み、時に悟られ共感して下さっているかのような20年でした。祥子さんの描く大きな夢が叶いますよう、この先もずっと応援させて下さい。そして何よりも、ミュージシャンになってくださり本当にありがとうございます。目覚ましい発展をする世の中、職人技にはやはり熱い心意気と、作品の温もりを感じます。私は、音楽も職人技と思ってしまいます。オルガン、職人同士が奏でる音色は絶対に素敵ですね。

楽器や料理、字などと違ってパソコンなどは基本手や指の微妙なアーティキュレーションが必要ないですから確かに物足りないですね(ちなみに僕は固定電話、公衆電話です!)
具合が悪いところを手でさすったり、握手したり、繋いだり、震えたり、祈る時も手を合わせたり組んだりして、きっと手や指先は想いが伝わりやすい所なんでしょうね。

なにかしらの作業するには手・指の動き加減ですね。でもノリの良さは身体全体で特に背中に出たりしますよね。
うちらの仲間ではホントの老後のボケ防止にギターで遊んでます(笑)

遅ればせながら、活動再開おめでとう&ありがとうございます。
学生時代に祥子さんの声と出逢い、かれこれ20数年・・・
カーステもテープからHDDに変わってしまいましたが、
車の中で祥子さんの音楽を聴く生活は変わってないな~
祥子さんが音楽を作り続けてるって事だけで大丈夫です。
そして、関係ないけど私もガラケーです。(この機種、もう7年使ってるな~。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: with your hands.:

« 手を使う作業。 | トップページ | 雨だれこぞうさん。 »

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ