2019年2月14日 (木)

2019年3月9日(土)『港のショーコ・クリハマ・ヨコスカ』御予約受付中です♪。

_aze9393small

『港のショーコ・クリハマ・ヨコスカ』

日時;2019年3月9日(土)

於;横須賀・ヤンガーザンイエスタデイhttp://www.yty-jp.com/

open;16:00

start;17:00

入場料 

¥8200(+1drink/1food)

Img_1656

大変お待たせいたしました。横須賀ヤンガーザンイエスタデイ/リベンジ編、

御予約を受付いたしております!

1.御名前

2.御住所

3.参加人数(2名さままで)

をお書きになり、タイトルを

「3/9横須賀」として

eachbearsmusicservice72821@gmail.com

までお寄せくださいませ。追って詳細のメールをお送りいたします。

最強の布陣によるロックンロール・ラブレター2U,THIS COULD BE THE NIGHT WE'VE WAITED FOR,ROCK'N'ROLL IS

HERE TO STAY...IN YOKOSUKA,ON

3/9!!!

members;

鈴木祥子 Lead Vocals,Drums

Img_1653


菅原弘明 Guitars

Img_1654


名村武 Bass

Img_1655


矢部浩志 Drums




Img_1652


Dr.kyOn Keyboards,Guitars

 

2019年2月13日 (水)

Got my hair cut and I like it,

若い美容師さんに"今流行ってる髪型にしてください!"
と御願いしたらじゃァこれにしましょう!と”シースルーバング”にしてくれました。
薄くした前髪。。。というと中尊寺ゆつこさんの漫画に出て来る女性、を思い浮かべてしまう
バブル世代の私なのですが。。。違った。。。
わ~、こんなに短くしちゃうの?!と最初はおおいに戸惑ったのですが、
だんだん慣れてきてあ、これもいいなァ~と思えてきました。
年を取ると何についても自分の好みやこだわり、を持ってしまいがちですが、
そればかり押し通さず時には人の感覚に委ねてみる。。。っていうのも
大事なことなんですネ!
Img_1955_3
ずっと重い前髪がスキだったので何か新鮮です♪。

2019年2月11日 (月)

キャ~!!

先日OTONANOのための動画を撮影していただくためにミッドタウンの
SMDRにお邪魔したら。。。鮎澤さんにこれを。。。
Img_1956
これをいただきました!!きゃ~!!『ESCAPE』のデラックス・エディション、
8インチEPサイズ豪華ブックレット、来日時のパンフレットのレプリカに来日公演チケット、
来日時フライヤの再現、『ESCAPE』からのシングル・カット全曲のジャケットも。。。
鮎澤さん本当に本当にありがとうございます!!嬉しいうれしい嬉し過ぎ、
このアルバムをリアルタイムで新譜として買った初夏を想い出します。
あたし高1だったヨ~あの一年間は本当に楽しかったナ~、
バンドがあってドラムがあってドラム教室の仲間がいて、
彼氏(当時)とCBSソニー公認・JOURNEYオフィシャル・ファンクラブに入ってコンサートに行って。。。
市ヶ谷のソニー(当時)で行われたファンクラブ限定フィルム・コンサート、にも行きました。ちなみに会員番号は324(若っ)。
当時は“動いてる外国のアーティスト“なんて来日公演か、フィルムコンサートじゃなきゃ
見ることが出来なかった。いや~私、STEVE PERRYにもう、死ぬほど憧れましてですね。。。
とにかく青春、って言葉はあの1年のために在るんだと思えるナインティーンエイティワン、1981年。
音楽ってそういうPrecious Timeをすべて含んでいるからいつまでも
色褪せないのですよネ。今でも戻れるとしたら16に戻りたい、
でもそれ、あの頃は良かった。。。って意味とは違うのです。
あの1年を憶い出すと強くなれる、想い出すことでそれが今を生きる力になる。。。
そういう1年。ノスタルジーってそんな、前を向くためのものじゃないでしょうか。
回顧して懐かしむものじゃなく。
DON’T STOP BELIEVIN’,HOLD ON TO YOUR FEELING,
あなたの歌が私の力。あのときも今もこれからも。

2019年2月 3日 (日)

30周年twitterに、

30周年twitter読んでくださって、コメントをくださってどうもありがとうございます!
ayayaさま、文通懐かしい~!ペンフレンド募集コーナー、ってどの雑誌にも
ありましたよネ!キッスとクイーンとBCRが好きな中1です。同い年の人と音楽のことを
話せたらうれしいです、な~んて。あと駅の掲示板にチョークで先に行きます、
とかどこどこに居ます、とか書いたのも憶い出されてきました。。。って、
さすがに古いでしょうか?!
ちろりあんぬさま、大丈夫です!私あきる野にあと2年は住んでいますので。。。やっと
自宅にインターネットが来たと思ったら、翌日にwifiがつながらなくなりました。やっぱ
裏手が山だからでしょうか。東京の秘境、あきる野でいつかばったりとお逢いできたらよいですネ!
(牛浜とか日ノ出町とかで。。。あ、それは西多摩郡だ。)
半田俊彦さま、3/9楽しみにしてらしてくださいませ!この後しばらくライブはないので
私もがつん、と弾けたいです~!
シャインさま、みんなの白米さま、kiyoshi itohさま、
そうなのですよネ~何かそういうことが出来たら楽しいナ~と思っておりまして、
実は最近私、メールというものが非常に苦手になってきまして。。。
でもみなさんFAXで送ってー!と言うとFAXはもう撤去した、壊れてて使えない、
って仰るのです。忘れてらっしゃるかもしれないのですが、FAXって凄く
確実で便利!なのですヨ~。BACK TO MONOじゃないですがBACK TO FAX!
推奨したいと思います。手書き、っていうところがヨイのです。
どのあたりが良いポイントなのか。。。と考えておりますので、
いいアイデアが思いついたらまたこちらでお知らせいたしますネ♪。

2019年1月31日 (木)

1/26試聴室その3,

 
1/26にひとりシンポジウム&ライブにいらしてくださってどうもありがとうございます!
試聴室の三沢洋紀さま、3回シリーズを試聴室その3でやらせていただけて幸せでした。
 
トークゲストにいらしてくださったソニーミュージック・ダイレクトの鮎澤裕之さま、
録音時の思い出からはじまって「男女別・プログレの聴き方楽しみかた」、
「ポップスにおけるジェンダー」問題?まで、お話できてすごく楽しかったです!本当に
ありがとうございました。
 
鮎澤さんからの嬉しい御提案に、ヨ~シ今年は最高な新曲を書きまくるゾ!
と盛り上がっております♪。
 
先日は私が京都で出逢って影響を受けたウーマン・リブやフェミニズムのお話が
できてよかったです。それを除いて『SWEET SERENITY』というアルバムは語れないから。。。
田中美津さんの『いのちの女たちへ』とか、1970年代に書かれてるのに
なんで2005年(当時)の私にわかるのか、わかりまくるのか。それどころか
いま、2019年の自分にも響くのですから言葉、って凄いです。
 
笙野頼子さんの最新作『ウラミズモ奴隷選挙』も凄かった。やはり言葉に宿る
力、を感じるとき、自分の生きる力、もまた喚びもどされ純化される。。。ような
気がするのです。
 
音楽も同じだけれど言葉はよりダイレクト。twitterに初挑戦?して、
伝えたいことと伝えなくて良いこと、について深くかんがえさせられました。
 
 
何かに言及するって本当に難しいです。言葉を扱うことに覚悟が無いと、
思いつきの軽い言葉になってしまう。さらにそれを拡げてしまうということには、
どうしても抵抗があります。
 
私はやっぱりそういうことを全部音楽で表現したいんだナーってことが
よくわかりました。とにかく30周年度末(笑)3月はヨコスカ・クリハマで、
皆で弾けまくりましょう!!
 

2019年1月17日 (木)

昭和・平成・AND THEN...?

198217


大掃除をしたらこんな写真も出てきました。1982年17さい。昭和!って感じですネ。

これは→平成。1990年でしょうか。

199024_4


いろいろな時代があった気がしますが、

今思うのは自分を自分に巻き戻すことが、

これからは重要になるだろうナということ。

そういう私も今年は自分らしい、と思えることだけをやっていきたいナーと思います。

やっていく、と同時に、

やらなくなる、こともあるだろうと思います。

それもすべて時間の流れ、いまはすべてボタンひとつ、ワンクリック、速いほうへ、巨きいほうへと流れていっているように視えますが、

私は「テープを巻き戻すための時間」を生活のなかに、

音楽のなかにもっともっと取り戻したい、と思っています。

そう、『SWEET SERENITY』にまつわる想い出、

いま思うこと、を心のこもった言葉で書いてくださってほんとうにありがとうございます!

1/26に出来るかぎりご紹介してゆけたら、と

思います。

そのなかの1通のメールは私的で、重いものを含む内容でしたが

個人的にとても、とても共感してしまいました。

いま、twitterなどで女性を攻撃したり、

女性に偏見を持った内容の書き込みが溢れている、ということは

笙野頼子さんの小説などを読んで知っていました。個人的にそういう書き込みには

普段まったく触れない生活をしているのですが、時代の空気、その

空気のなかにある何か、はひしひしと感じることがあります。

そして思うことは、女性には男性ではなく女性のやりかたがあり、幸せになるなり方があり、

それは所謂世間で言われているところのものとは大きくズレるときもある、

ということです。

だから世間の言うことは聞かない。ちょっと前に『星のまばたき』という曲で

「この世の中の掟は守れないけど、」

ってフレーズを書いたのはそういうことだったのです。

女性が100人居れば、そのやり方、幸せになるなりかたは100通りある。

その人固有のやりかたを、なりかたをそれぞれが探せばいいのだと思います。

それが「世の中基準」とズレてたって合わなくたって、

そんなことはあたしの知ったことじゃないのです。

今、心からそんなふうに感じています。

2018年12月15日 (土)

『Syk30/721』♥️『THE COMPLETE WARNER RECORDINGS』♥️一般発売を開始いたしました!

スズキ初!フル・ライブアルバム『Syk30/721』、御好評をいただいている『THE COMPLETE WARNER RECORDINGS』、クリスマスの定番!『Merry Christmas from BEARFOREST
RECORDS』の一般発売が始まりました!

Syk30721

取り扱ってくださるお店は

■パイドパイパーハウスさま(タワーレコード渋谷・5F)
https://twitter.com/PiedPiperHouse

■武蔵小山ペットサウンズレコードさま(店舗及び通販)
http://www.petsounds.co.jp/

■disk unionさま(各店舗様及び通販)
「Syk30/721」
https://diskunion.net/jp/ct/detail/1007819692
「THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000」
https://diskunion.net/jp/ct/detail/DF181025-012
「Merry Christmas From BEARFOREST RECORDS」 https://diskunion.net/jp/ct/detail/1007531120

■galaboxさま(通販)
「Syk30/721」
http://www.galabox.jp/product/508
「THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000」
http://www.galabox.jp/product/507
「Merry Christmas From BEARFOREST RECORDS」
http://www.galabox.jp/product/486

■amazon(通販)
「Syk30/721」
https://www.amazon.co.jp/dp/B07L4HW2J9/
「THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000」
https://www.amazon.co.jp/dp/B07H384VHN/
「Merry Christmas From BEARFOREST RECORDS」
https://www.amazon.co.jp//dp/B077SZ3YXF/

また「THE COMPLETE WARNER RECORDINGS 1998→2000」は、
一般発売に伴いイーチベアーズ・ミュージックサーヴィスでの
販売を締切らせていただきました。たくさんのお申し込み、
まことにありがとうございました!

 

2018年12月11日 (火)

1/26(土)シンポジウム&ライブ、予約を開始いたしました。


1/26(土)横浜日の出町・試聴室その3で行われる
「シンポジウム&ライブ/アルバム『SWEET SERENITY』を考える」
予約を開始いたしました!こちら👇の試聴室その3のメールフォームから
御申し込みくださいませ❣️

http://shicho.org/2019/01/3event190126/


2018年12月 9日 (日)

2019年1月26日(土)「シンポジウム&ライブ/アルバム『SWEET SERENITY』を考える」

もう来年のお話をする季節になってまいりました!2019年1月22日、

Serenitysweet
鈴木祥子の2008年作品『SWEET SERENITY』がニュージャケット、

ニュー曲順、ニュー音源を2曲収録、充実の2018年アナログ作品として

発売になります♪。

1月26日(土)、横浜試聴室その2にてシンポジウム&ライブの最終回が決定いたしました。

鈴木祥子デビュー30周年記念シンポジウム&ライブ第3回・「アルバム『SWEET SERENITY』を考える」

日時:2019年1月26日(土)
於:横浜日の出町 試聴室その2

開場:17:00
開演:18:00

参加料

¥4000

Img_1094_4
デビュー30周年記念シンポジウム&ライブもいよいよラスト、第3回目は2008年作品、
2019年1月22日にGREAT TRACKSよりアナログ盤の発売が決定している『SWEET SERENITY』を取り上げます。

2008年、それはあのリーマン・ショックの年。スズキ・デビュー20周年の年は
波乱また波乱、の1年でした。その中で生まれたこのアルバム、外見はタイトルどおり
穏やかでSWEET、中身は。。。聴いてくださった方にいろいろな御意見を
うかがいたく、ぜひこのアルバムの第一印象や10年後のいま感じること、を
教えていただければ幸いです。

10年という月日は私たちにとって、音楽にとって、どんな意味があったのでしょうか。10年前(2008)と現在(2018)で変わったことは、また変わらないことは何なのでしょうか。

当日は討論?必至、ラストにして波乱の?!シンポジウム&ライブ第3回『SWEET SERENITYを考える』、アルバム全曲演奏とともにお送りいたします。

こちらはBEARFOREST RECORDS lnあきる野、あたし、あの頃より、
成長したのかな?

SONYMUSICのサイトに、

「SWEET SERENITY」発売日含め追加情報が公開されました!

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=DQJL000000733

  ☆更新情報☆(2018/12/6)


Img_1094_7
●発売日が決定しました。

122()発売.。

●ジャケット写真が変わりました。

鈴木祥子本人の希望によりジャケットの絵柄がCDとは変わり、よりアナログ盤らしいデザインになりました。

カメラマンの舞山秀一さんの写真をオリジナル・デザイナーの平野文子さんが新たにデザイン。

●曲順が変更されました。

アナログ盤は収録時間で音質が左右されるため、なるべくA面とB面が同じ長さになるよう曲順を変更しました。

●セルフライナーノートが掲載されます。

CD発売から10年後の2018年、鈴木祥子が全曲を振り返って解説を書きました。

セルフライナーノート「10years,/...STILL IN LOVE.」

●カッティングはSony Music Studios Tokyo

カッティングは鈴木祥子立ち合いのもと、オリジナル・トラックダウンマスターを再マスタリングし行われました。

http://eachandeveryday.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/sweetserenity-6.html

«11/11横須賀YTYの振替公演が決定いたしました!

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ