2017年3月 9日 (木)

3/4『LIVE CANDY APPLE RED1997→2017』

3/4(土)銀座・音響ハウスで行われた『LIVE CANDY APPLE RED1997→2017』にいらしてくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました!
Img_0037



音響ハウス第一スタジオでやらせていただいた3回のレコーディング・ライブ、これでひと区切りになります。音響ハウスの吉川浩司さま、エンジニアの中内茂治さま、高柳欽也さま、内野太亮さま、石井亘さま、映像を撮ってくださった上本英史さま、


Img_0153_2


惜しみなくお力を貸してくださったこと、その才能を分け与えてくださったことに心から、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。


Img_0110_2

私も演奏をコントロール・ルームで聴いてみたいです。





菅原弘明さま、名村武さま、Kyonさま、楠均さま、


2_2

最高のミュージシャン、最高のバンドに恵まれて、ほんとうに身に余る幸せです(ミュージシャンは自分より凄い人、自分より上手い人と演らないとダメだと19の時に教えてくれた人に言いたい、私、あなたの教えをちゃんと守ってますヨ)!どうか30周年も一緒に演奏させてくださいませね!(既に前のめってワクワクする私)。
Img_0202


Img_0105_5


まきこさま、たかこさま、うめこさま、そして孝雄さま、いつもいつも御世話をおかけして申し訳ありません(涙)!御協力ほんとうにありがとうございました。

そして参加証の作成と発送を全面的に助けてくださったK・Kさまの存在無しには、このシリーズは絶対に完走出来ませんでした。本当に、本当にありがとうございました。
そもそもこのライブはソニーミュージック・ダイレクトの椿洋也さんがアルバムの配信、
そしてDSD配信を提案・快諾してくださらなければ実現しませんでした。どうもありがとうございました。心から感謝いたします(お写真は椿さんが撮ってくださいました)!



次はどこでお目にかかれるかわからないのですが、「音楽のある場所」を共に作ることが出来たなら、その日、その場所にしか生まれない音と空気を分かちあうことが出来たなら、それ以上の幸せはありません。
Img_0208_5
YOU ARE VERY  BEAUTIFUL AUDIENCE THANK  YOU  AGAIN  FOR CELEBRATING 20TH
MARCH  WITH US!!!


setlist


3月のせい

Sulky cat strut

苦しい恋

午後の坂道で

きみの赤いシャツが

恋のショットガン(スズキ/Drums)

I NEED YOU(KINKS)

Shelter

ぼくたちの旅

Angel


en.

lko lko(Dixie Cups)

NOT FADE AWAY(Buddy Holly)

新曲
(Don't wanna be) SAVED

GOIN' HOME
Flowers1_4


ご本は現在熟読中。春らしいお花はフロートさせてみました♪。

2017年3月 4日 (土)

新曲配信開始♪1/7のインタビュー&レポートも。

新曲配信開始されました♪。e-onkyo-musicさんのwebsiteでは1/7のレコーディング・

ライブのレポート&インタビューも掲載していただきました。こちらの音源も

ちかくお聴きいただけるよう準備中ですのでどうか、すこしお待ちくださいませ。

◆NEWS: 鈴木祥子が贈る前代未聞のスタジオ・ライヴ第2弾『しょうことスタインウェイのお正月』の模様をDSD 11.2MHzで!
http://www.e-onkyo.com/news/618/

◆(Don't wanna be)SAVED
http://www.e-onkyo.com/music/album/besg06/

Dpp_8_originalsmall



2017年3月 3日 (金)

LIVE CANDY APPLE RED 1997⇒2017.

明日はマンスリー・レコーディング・ライブのラスト、

リアルタイムで録音はされていますが緊張感よりライブ感を

前面に出してゆきたいと思います!

SEE U TOMORROW EVENING at ONKIO HAUS,

Dpp_230_original

最高のバンドに恵まれて幸せ者です。30周年もいっしょに

やる約束しちゃった♪。ROCK'N'ROLL IS HERE TO STAY♪.

2017年2月28日 (火)

3/4に新曲を配信いたします。

3/4にe-onkyo musicさんから新曲をDSD/通常配信いたします。

作詞/作曲、ピアノとドラムスはスズキ、録音は銀座・音響ハウス。アレンジは菅原弘明さん。ゲスト・ミュージシャンは山本拓夫さんと金子飛鳥さん。


タイトルは『(Don't wanna be)SAVED』、2014年に坂本真綾さんに提供した『SAVED.』と(自分の中で)対になっている曲です。



『SAVED.』がシンプルにあなたの存在が私を救ってくれた、という想いだとすると、

あなたにも、神様にも「救われなくてかまわない」といういささかヤサグレた、

でも「あなたがそこに居なくても、愛は消えない」、あなたと私は何よりも一体で、ひとつで、そのことが私を救ってくれるんだと云う。。。何でしょう、裏『SAVED.』のような、

レコードで云うとB面のような感じなのです(もしくは両A面??)。


DSDと通常配信開始、ゆくゆくはミックス違いでCD収録も計画中♪。まずは3/4からの配信、ぜひお聴きいただけたら幸せです!

配信中!




12月21日(水)より『鈴木祥子EPICアーカイブ1988→1997』として

EPIC SONY在籍時の9作品の通常配信、そして

『CANDY APPLE RED』のDSDハイレゾ配信がはじまりました。

_dpp_612_originalsmall


同時にe-onkyo musicさんから、今年7月2日に音響ハウス第一スタジオで

行われたレコーディング・ライブから5曲がDSDハイレゾ配信されております!

PLEASE CHECK IT!!

600x600_shoko_suzuki3_2

レコーディング・ライブ『しょうことスタインウェイの夕べ』より

http://www.e-onkyo.com/music/album/bfr0001/

 

Candy Apple Red (flac version)

http://www.e-onkyo.com/music/album/smj4560427432601/

 

Candy Apple Red (DSD version)

http://www.e-onkyo.com/music/album/smj4560427432618/

 

今日は新曲のマスタリングでした。こちらも来年早々、

e-onkyo musicさんからDSDハイレゾ配信されますので、

どうか今すこしお待ちくださいませ!

_dpp_696_originalsmall_3


ソニーミュージック・ダイレクト『OTONANO』ウェブには特設ページが開かれております。12/21の記事にPLEASE STAY TUNED!!

moraさんのサイトでもご紹介いただきました。

http://mora.jp/topics/news/shokosuzuki/

 

(DSDハイレゾ配信について書いた過去の記事を

下記に再度アップいたしました。DSDはDIRECT STREAM DEGITALの略で、

CD=デジタル信号が取りこぼしていた音の帯域をすべて

カバーすることができる技術です。実は配信にはずっと抵抗があったのですが、

DSDで「配信」と「音質」がついに等価になる、と未来を感じております!)

2017年2月25日 (土)

リハーサル快調♪♪!

Dpp_41_originaljpgsmall_2

Dpp_204_originaljpgsmall

Dpp_28_originaljpgsmall2_2

Dpp_229_originaljpgsmall

2017年2月12日 (日)

3/4レコーディング・ライブの参加証は

来週2/16~2/17にお手元に届くようお届けいたします!お待たせしておりますがどうか、今しばらくお待ちくださいませ。

(美しく優しき助っ人・Kさん、心から感謝いたします!)

☆本日2/12にて申し込みを締め切らせていただきました。たくさんのお申込み、

ほんとうにありがとうございました!

谷津干潟自然観察センターに、

Yjimagea11b8ge9


山本拓夫さんの木管六重奏グループ・Haloclineの演奏会を

谷津干潟自然観察センターに聴きにゆく。

木管楽器のアンサンブルに惹きつけられたきっかけは忘れもしない、

モーツァルトの『フリーメイソンのためのレクイエムK.477』と、

『グラン・パルティータK.331』だった。

ひそやかでひめやかで、それでいて心の奥に入り込んでくる深い音色。

弦ともちがう、声ともちがう独特の重層感。

木管楽器=WOODWINDというように、風の音、水の流れ、空気の揺れ、

自然のなかに在る「音」(あるいは「無音」)にいちばん近い気がする。

パウル・クレーが「音楽の構造や秩序を絵画で表現する」ことを目指した、

Haloclineの音を聴いているといつもそのことを想い出す。

「自然の構造と秩序を音で表現した」なら、それはHaloclineの音楽になる。

演奏会が終わってセンターの門を出たら、

恒星みたいな満月が干潟のうえに浮かんでいた。

170211_205501

谷津商店街で素敵な喫茶店をみつけて、テーブルの真横の

大きなアンティークの本棚を開けてみたら、まさにちょうど目のまえに

アマデさんの評伝(高橋英夫さん著『モーツァルト』)!1時間かけて

完読。シンクロしちゃうんだなァこういう時って。。。

アマデさんの音楽に間違いようもないくらい強くあらわれている

歓喜と絶望の理由がわかった。ほかならぬアマデさん自身が歓喜と絶望のなかで、

命の際で生きていたからだ。

なんだか言葉にならない畏れのようなものを感じながら、

ト短調シンフォニーを口ずさんで京成谷津駅に向かった。

2017年2月 7日 (火)

(ほぼ)全曲演奏レコーディング・ライブが決定いたしました。

DSD配信記念・(ほぼ)全曲演奏レコーディング・ライブが決定いたしました。

2017年3月4日(土)

『LIVE CANDY APPLE RED1997→2017』


at 銀座・音響ハウス第一スタジオ 

Open 16:00

Start 16:30      

 

Suzuki9small_3
OnDrums,Lead Vocal
     鈴木祥子

OnGuitar,Vocal
     菅原弘明

On Bass
     名村武

Suzuki1small_4


Guest Musicians

楠均(Drums)

Dr.KYON(Keyboard)










音響ハウス第一スタジオでのマンスリー・レコーディング・ライブ、ファイナルは久々のバンド・セット。


アルバム『キャンディ・アップル・レッド』の20周年とDSD配信記念!をミックスしたスペシャル・エディションです。



レコーディング・メンバーである菅原弘明/名村武/鈴木祥子に加え、キーボードにはDr.KYON、ドラムスには楠均。スズキがロックに目覚めた?1995年/新宿リキッド・ルームでのライブのメンバーが揃いました。

あれから20年。リアルな「ロックンロール」に目覚めたスズキがお送りする20年目の『キャンディ・アップル・レッド』はどんな変貌を遂げているのか?



Suzuki8small


ドラマー・鈴木祥子の華麗な??復活とともに未来を占う一夜に乞う御期待!


(当日の演奏はリアルタイムでレコーディングされております。最高の技術を誇る音響ハウスのサウンドを、ライブの熱気とともにぜひお持ち帰りくださいませ。)

入場料

¥13000(スタジオシート・コントロールルームシート)

¥11000(スタンディング・中2Fテラス席)

参加を希望される方は、

①御名前

②御住所

③シート/スタンディングの御希望

④シートが満席の場合スタンディングでもかまわない/スタンディングはNG

をお選びになり

eachbearsmusicservice72821@gmail.com

までメールにてお知らせくださいませ!追って詳細のメールを

お送りいたします。(メールの到着まで2~3日お待ちくださいませ。)

☆シートが満席になりました場合、スタンディング/NGと書かれた方にはその旨

メールにてお知らせいたしますので、こちらもどうかすこしだけお待ちくださいませ。

2/3ロックンロールの日、

駒澤大学エムズカンティーナにいらしてくださってありがとうございました!

16491289_1231880640222639_236297464

ほんとうに久しぶりの菅原弘明さんとのデュオ、安心感と緊張感が交差して

すごく充実しておりました。思いがけず種ともこさんと窪田晴男さんが

16522056_1231881406889229_798262125


いらしてくださって、ライブ後も「リアル・ロックンロール論」で

盛り上がってしまいました。もう、楽しいやら触発されるやら、ロックンロールの日はやはり

ロックンロールの日だったのでした。16523523_1231880703555966_1668757_6

3/4はこのイキオイでもっと盛り上がりたいと思います。音響ハウス第一スタジオを

ロックンロール・パラダイスにするのだ~!!

16523495_1231880786889291_2031647_2

«イーチベアーズ・ミュージックサーヴィスより御連絡です。

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ