2017年7月21日 (金)

7月17日(月・祝)『Syoko With Klavier vol,1』

7月17日(月・祝)、暑いなかをアルテリオ小劇場『Syoko With Kkavier vol,1』にいらしてくださって本当にありがとうございました。


連日朝から本当に暑くて、でも翌18日の東京はお昼過ぎから夕方まで雷雨!お天気が1日ズレなくてホントによかった、と思ったのでした。


やっぱり自分のピアノを弾くことにして良かったです。なんだかいちばんの味方がそばに居てくれたような感じ。サスガは永年の親友でパートナーだなァと、ライブで演奏して再認識いたしました。ナーンダ、もっと早くそうすれば良かった。これからはずっとそうしよう!決めた、決めた、おまえ~と道連れに~♪。。。と、思わず遠藤実先生メロディを口ずさみたくなっちゃいます。

レッド&ブラックの鮮やかなチェンバロは「鈴木祥子最新録音集」のジャケットにも写っているのですが、黒い服に赤い口紅とネイルをしたのはチェンバロに合わせたんじゃないのです。なんかその日の気分で赤いリップとネイルをして黒い服で行ったらチェンバロがレッド&ブラックだったのです!


17日、アルテリオ小劇場の赤いシートと真っ赤なチェンバロが何とも似合っているのを見たとき、今日はうまくいく!と確信?しました。ギタルラ社(東京古典楽器センター)さま所蔵のフレンチ・スタイル、二段鍵盤のチェンバロをお借りしました。



そういうシンクロってほんとうに面白い。これだからやめられないゼ、と思ってしまうのです。

ホーナーのクラヴィネットのオモチャっぽいような、シンセサイザーみたいな生楽器みたいな不思議な音も、やっぱり大好きだナーと再確認。

弾きかたしだいでリリカルにもドライにも、ユーモラスにも格好良くもなる。リズムを出せるしアルペジオも綺麗。もっと奏法を工夫して、またクラヴィネットを使って録音やライヴをやってみたいです。

本編さいごに新曲をやるというチャレンジングなココロミでしたが「好き!」「新曲良かった!」と言ってくださる方が多くてホッ。。とひと安心しております。別名「シャボン玉ホリデー・7月の歌」(←に勝手に決めました)本タイトルは「星のまばたき」です!


いつだったかのブログの記事のまるで“書かされた”みたいにアッというまに出来た、というのはこの曲のことで、


本棚を開けたら突然サビの部分が出来て、夜中にパッと目が覚めて残りの部分が出来て、また寝て朝方起きたら完成、みたいな、


自動書記のようなかんじで何の苦もなく出来てしまったので、何か自分にとって意味がある曲になりそうな気がしています。



秋には録音してあらためて聴いていただきたいナーと思いますので、どうか楽しみにしていてくださいませね。サーテ、どんなふうに録るかなァ(←ここからが長いんですよネ、いつも。反省して短縮を計りたいと思います!)


アルテリオ小劇場の池田健児館長、船岡優花さま、技術の堀内敬さま、照明の森下恵子さま、

東京音響通信研究所の大野泰伸さま、石金慎太郎さま、

ギタルラ社(東京古典楽器センター)の吉田忠則さま、

舞台監督の志村典隆さま、プレルーディオの寺部和貴さま、

小学生のころからピアノの調律をしてくださっていて、今回「自分のピアノを使ったら?」と背中を押してくださったピアノサウンドの印南さま、

サウンドクルーの藤井孝志さま、

孝雄さま真紀子さま梅子さま、本当に、本当にありがとうございました。「舞台」を作る楽しさと大変さをあらためて実感し、よりよいものを作ってゆこうとあらたな気持ちになれたのはお力をお貸しくださったおかげです。もういちど、本当にどうもありがとうございました。



美味しいお菓子やお花をいつもありがとうございます!ハンドクラップもリクエストもとてもうれしかったです。しかし久しぶりの舞台空間に緊張し、MCが堅くてスミマセン(涙)。これも反省して改善することを誓います!



vol.1は独りだけど独りじゃない、私とピアノ、そしてチェンバロとクラヴィネットの演奏をお送りいたしましたが、これからもいろんな時代のKlavierたちと共演してゆけたら、豊かで楽しい「音」をお届け出来たら。。。と希っております。どうか御期待くださいませ!!

170715_182501cembalo

先日ピアノが一足さきに行ってしまって、広くなったけどなんだかサビシイ音楽室で孤塁を守る?チェンバロ。

170721_132801piano

ウエルカム・ホーム、やっぱりきみはThere’s No Other.♪。

170718_131102himawari
いただいたひまわり、夏らしくてきれい!

本番直前、顔が硬い(笑)。→170717_162201cyokuzen

2017年7月20日 (木)

SARAVAH東京での誕生日eve×2ライブが決まりました♪。

『鈴木祥子最新録音集』発売記念誕生日eve×2ライブ「いろいろあったよ、いろいろね」

2017年8月19日(土)
於:渋谷・サラヴァ東京

開場18:00
開演19:00

adv, ¥6,100(w/1drink)
Dor, ¥6,600(w/1drink)

出演:鈴木祥子



Saravah_2
5年ぶりにサラヴァ東京に出させていただくことが出来てとても盛り上がっております。この日は来年2018年=デビュー30周年記念アルバムの中身を大胆予想!をコンセプトに、比較的新しい曲や提供曲のセルフ・カバー、そして夏といえばこの曲!という洋楽&邦楽リクエストも受付けておりますのでぜひメールにてお知らせくださいませ(サザンとTUBEはベタ過ぎるので禁止)!スズキ@あと2日で52のサタデー・ナイトをハッピー・トゥギャザーにレッツセレブレイト♪(昔の曲もやるよ!)。

*チケットの販売は7月3日(月)16:00から店頭販売、web受付開始いたします。

*サラヴァ東京の予約フォームをご利用ください。

7/3(月)より、サラヴァ東京にてメール予約を開始いたします。参加ご希望の方はこちらのURLより

「予約フォーム」

にお入りになり御予約くださいませ!

久しぶりの京都でのライブが決まりました!

From東京To京都、久しぶりのライブのお知らせです!


Photo
『しょうこの《帰ってきたAbsolutely alone in京都拾得》』

10月9日(月・祝・ジョン・レノンの誕生日。)

於:京都拾得
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/

開場17:30
開演18:30

¥5500(drink別)
2007年いらい何と10年ぶり!に京都に演奏しに参ります。10年何をしていたかというと。。。


生きておりました、いやマジで。アブソルートリーアローン、と銘打って?独りでライブをやるようになったのは、そしてその楽しさに気づいたのは2005年の、京都拾得のライブがいちばん最初だったのです。


いいえ、拾得の良い音を吸い込んだステージが、京都の町が私にそれを教えてくれた、
というのがただしく、その拾得でちょうど10年ぶり(2007→2017)に演奏出来るのが
嬉しくてたまりません。東京で生まれた女が京都に戻って参ります。
あなたに逢える時を待っていたのです。


京都拾得にてメール予約を受付中です。参加を希望される方は、7月17日午前零時より、拾得のメールフォームよりお申し込みくださいませ!

DSD配信中です!

Dpp_140_originalsmall_2




http://www.e-onkyo.com/music/album/beep027/

6/10より、1月7日レコーディング・ライブ『しょうことスタインウエイのお正月』

より4曲、e-onkyo musicよりDSD配信中です!

Audio_2


発売中のNet Audio 7月号、ハイレゾ・レビューのコーナーでも

取り上げていただきました。

1.そしてなお永遠に

2.旅立つことを決めれば

3.この世のどこかに

4.両手いっぱい

DSDネイティブならではの透明感と臨場感。。。低音から高音までを

美しく再現する音を、あなたの耳でぜひ体感してみてくださいませ!

☆1/7レコーディング・ライブの模様をこちらで紹介していただいております♪。

◆NEWS: 鈴木祥子が贈る前代未聞のスタジオ・ライヴ第2弾『しょうことスタインウェイのお正月』の模様をDSD 11.2MHzで!
http://www.e-onkyo.com/news/618/

2017年7月17日(月・祝)アルテリオ小劇場『Syoko With Klavier vol,1』セットリストです。




2017年7月17日(月・祝)『Syoko With Klavier vol,1』アルテリオ小劇場

☆演奏楽器:PIANO/CEMBALO/KLAVINET

1,遠く去るもの(ファーラウエイ・ソング) Piano

2,(Don't wanna be)SAVED               Piano

3,契約(スペルバインド)                    Cembalo

4,サヨナラの朗読                            Cembalo

5,Father Figure                              Klavinet

Dpp_22_originalsmall

6,I say a little prayer(Burt Bacharach/Hal David)Dionnne Warwick       Piano

7,涙の乗車券(Lennon/McCartney)Carpenters                                   Piano

8,Different Drum(Michael Nesmith)Stone Ponies                                Cembalo

()内Songwriter,()外Artist

Dpp_21_originalsmall

☆Mozart Klavier sonata A-Dur K.331より~                          Cembalo,Piano

Klavier(鍵盤楽器)の変遷について~

Dpp_26_originalsmall

9,北鎌倉駅                                                                        Piano

10,(元ネタ織り込みメドレー)

Sweet Drops(Cembalo) ~Love will keep us together(Cembalo)~

Cum on feel the noize(Piano,Cembalo,Piano)~Saturday night(Piano)~

Sweet Drops(Piano) ~I fought the law(Piano,A cappella)

Dpp_20_originalsmall_2

11.星のまばたき(新曲)                                        Piano




en,

モノクロームの夏(リクエスト)                               Cembalo

夏のまぼろし(リクエスト)                                    Klavinet

Do you still remember me?(リクエスト)                  Piano

旅立つことを決めれば                                        Piano

逆プロポーズ(仮。)                                           Piano~Cembalo~Klavinet



Dpp_111_originalsmall_5

ENDING~

Mozart  Concerto for piano C-Dur K.467
andante より。           

2017年7月 3日 (月)

『鈴木祥子最新録音集~北鎌倉駅/遠く去るもの(ファーラウェイ・ソング)』7月3日発売です。

18_xlargemoziiri2
『鈴木祥子最新録音集~北鎌倉駅/遠く去るもの(ファーラウェイ・ソング)』


1.北鎌倉駅

piano,vocal,chorus
鈴木祥子

Recorded at ソニー・ミュージック乃木坂スタジオ


P4023339
2.遠く去るもの(ファーラウェイ・ソング)P4023338_2


piano,vocal
鈴木祥子


Recorded at 相模湖交流センター


3.(Don't wanna be)SAVED

drums,cembalo,piano,vocal,chorus
鈴木祥子

Dpp_674_original_small


Recorded at 音響ハウス


4.Sweet Drops(2011Demo,w/o Iyrics)

drums,vocal,chorus
鈴木祥子

Recorded at Subtarranean Studio

All Songs Written&Produced&Performed By 鈴木祥子

4Pブックレット・歌詞付き/2Pセルフ・ライナーノート封入/送料含

¥1,800

BEARFOREST RECORDS

(本CDにはデモテープ音源が収録されております。遜色なくお聴きいただけるとの判断で収録しておりますが、ご購入にあたってどうかその旨、御了承くださいませ。)





北鎌倉駅もファーラウェイ・ソングも、ライブで何回か披露してご好評をいただいていたのですがCD化ははじめて。『北鎌倉駅』は2014年7月にスタインウェイD型フルコンで、『ファーラウェイ・ソング』は2016年3月にベーゼンドルファー257でそれぞれ録音しました。ピアノの音色にこだわった、ナンテ格好良すぎですがそう言ってもいいかと思います。



『(Don't wanna be) SAVED』は3/4にDSD配信されたヴァージョンの別テイク。4曲めはPUFFYへの提供曲のデモ。ドラムスはスズキで大変気に入っていましたのでぜひ聴いていただきたく収録いたしました。一聴してニヤッ、としていただけたら幸いです。

☆6/18(日)よりお申し込みを受付いたします!CDを希望される方は、タイトルを

CD希望

として、

①御名前
②御住所


をお書きになり
eachbearsmusicservice72821@gmail.com

イーチベアーズ・ミュージックサーヴィス


までメールにてお知らせくださいませ。追って詳細のメールを送らせていただきます。


☆本CDは8/19(土)SARAVAH東京でも販売いたします♪。

_

ベアフォレスト・レコーズのロゴマークに女の子ヴァージョン・⦅くまこさん⦆登場♪。

どうぞよろしくおねがいします!

本日発売、発送いたしました!

18_xlargemoziiri2


『鈴木祥子最新録音集~北鎌倉駅/遠く去るもの(ファーラウェイ・ソング)』本日発送いたしました!


お手元に届くまでどうか、いま少しお待ちくださいませ。


☆あなたの声が何よりの勇気♪!お聴きになった感想など教えていただければスズキ・スタッフともどもとてもうれしいです。ブログやhp、フライヤーにてご紹介させていただきます。ぜひ

eachbearsmusicservice72821@gmail.com

イーチベアーズミュージック・サーヴィス


までお気軽にお寄せくださいませ!

2017年6月25日 (日)

聴けば聴くほど面白い!

音楽はたくさん聴けば聴くほど面白い。何故ってその音楽の背後に在るもの、

その音楽に溶け込んでいるものが何なのか解ってくるから。ひとつの音楽が二倍にも三倍にも膨らみをもって聴こえるようになる。


Toto20170109


TOTOだって非常に洗練されてるみたいだけれど背後にちゃんとロックンロールやR&Bを持っている。いちばん聴こえてくるのはコードのテンションに表れたジャズの影響で、それが洗練された印象に繋がっている。

(←このオリジナルメンバーが私のTOTO!(デヴィッド・)ハンゲイトと(ジェフ・)ポーカロのリズム隊に(ボビー・)キンボールのハイトーン・ヴォイスの無いTOTOはTOTOじゃない、ってのが私見デス。)

キャロル・キングの作曲スタイルにだってジャズが物凄く影響を及ぼしている。彼女の作品の驚くべき長命=普遍性はそれに負うところが大きいとさえ思うくらいだ。Photo_3


超有名な『タペストリー』だけれど、このアルバムは作家の一要素でしかない、と今は思える。’60年代にアルドン・ミュージックのスタッフライターとしてヒットを量産していた頃の作風は本当にバラエティに富んでいる。ライターとしてのC・Kのベストはマキシーン・ブラウンに書いた『Oh no,not my baby』スティーヴ・ローレンスに提供した『Go away,little girl』ジーン・マクダニエルズへの『A point of no return』(←これは私のベスト3!)など、本当に枚挙にいとまが無い(クリケッツに書いた『Don't ever change』も超名曲。。。私はこの曲でC・Kのソングライトにおけるジャズの影響、に気がつきました)。

何を飛ばしても抜かしてもその音になっていない、良い音楽は絶対にたくさんの要素を持っているし、良い音楽家は創作者であると共に継承者でもある。だから聴くのをやめられない、まさに「深みにハマって」しまうのだ。

TOTOで引っ張っております♪、

Photo

高校2年のときTOTOの4枚目をレコード屋さんで買って、翌日誇らしげにレコード袋のまま学校に持っていったら昼休みに盗られてた(涙)!それ以降も聴きまくっていたところを見るともう一枚買い直したのだと思うけどあまり記憶がない。


それにしても私のティーンエイジ・ハートの大部分は(ベイ・シティ・ローラーズにマイ・ティーンエイジ・ハートって曲があるんです、邦題は「ひとりぼっちの十代」。)レコードと共にあり、あの楽しいワクワクする記憶無しに音楽を考えることもやることも難しい。Photo_2





しかしいまアナログ・レコードを出す、ということには何故か気持ちが向かわない。音楽をやる=あの記憶を繰り返し再現することで、それが再現性を持つ限りやり方は何でもいい。だって自分の頭とココロに在るものだから。

2017年6月21日 (水)

アルテリオ小劇場にて

アルテリオ小劇場にて劇場の音響の方と、東京音響研究所の大野さんと打ち合わせ。

大野さんとヒップホップのお話、TOTOの話と東欧の話で盛り上がる!

最近スラヴ音楽に惹かれて仕方無い。勇壮さと哀調と、なんともいえない素朴さと憂愁さと。。。

アイリッシュ・フォークなどに似たものがあるが、もっともっと複雑な何かを感じる。

そして起き抜けのBGMはTOTOの4枚め♪。

そしたら大野さんが東欧好きでTOTO好きだということがわかって、

思わぬシンクロニシティーにすごく嬉しくなっちゃった!

HIPHOP派の大野さんのお薦めはDJ・プレミア、HIPHOPあんまり知らない派の

私のお薦めはチャンス・ザ・ラッパー。日本にはよいものがたくさんあるけれど、

外国にも面白いものがたくさんある。。。いつも好奇心いっぱいに探していられたら

いいナ、と思う。

いまDJプレミアを検索したら出身地がテキサス州ヒューストン!

わ~、私ヒューストンに住んでたよ!これは本腰を入れて聴かなくっちゃ、

今日のシンクロ率はすごい!

Photo


アルテリオ小劇場の舞台から下手を見る。あぁ、「舞台」だなァと気持ちが

引き締まります!

«京都でのライブが決まりました♪!

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ