2018年1月19日 (金)

強く思うこと。

音楽日誌、というタイトルなので主に日常ではなく音楽のことを書いていて、

あまり時事のこと?は書かないようにしているのですが。。。

小室哲哉さんの音楽とその仕事は、手がけられたアーティストの歌唱とともに、

リズム・ビートというものの身体性を時代に刻んだ、という意味で非常に

重要なものだと思います。たとえば1990年代のグランジ・ブームというものが

ある世代に重要な影響を残したとすれば、それはカート・コバーンの「悲劇」ではなく、

その優れたソングライターとしての功績でもってまず語られるべきだと個人的に

強く思うのとまったく同じ意味で。

その時流行った、ブームになった、社会現象になった、ということは

「音楽」そのものにとっては深い意味をもたないと思います。永く残ってゆくものは

ただその「本質」だけだと思うのです。

夏にバンドでheading west♪な予感が。。。

すご~く久しぶりにバンドで西のほうにゆけそうな予感がしてまいりました。。。

30周年の東京でのコンサートと一緒にお知らせ出来るかと思いますので、

どうかいましばらくお待ちくださいませ!♪And We're heading west~,♪(←すっかりその気。)

2018年1月16日 (火)

言語以前の場所で。

笙野頼子『未闘病記ー膠原病、「混合性結合組織病」の』を読む。

Photo


私の名「祥子」は本当は「笙子」になる筈だったので(昭和40年の時点では当用漢字に無かったらしい)、何だか勝手な親近感?を感じてしまう。

笙野頼子の文章を読んでいると自分が「生きていること」がわかる、よ。生きる根本の何か動機のようなもの、理由とかそういうことではない、もっと原始的で言語以前のなにか、それを純化=purifyしてくれる。

文学というものが人間に及ぼす作用の中で、というか、してくれることの中で最も。。。 凄いことなんじゃなかろうか、それって?一人の人間が生きている/生きてゆく動機を純化すること。言語というものの力で、言語以前の場所で。

京都拾得でのライブが決まりました!

『まだ30周年の女は~鈴木祥子ソロライブin京都拾得』

於:京都拾得

日時:2018年3月4日

開場:17:30

開演;18:30

¥5500(+1drink)

12/21午前0時から

Photo
京都拾得

jittoku@hotmail.co.jp

にて予約受付いたします。

2017109日に京都拾得で行われた『帰ってきたabsolutely alone in京都拾得』、

御好評につきはやばやとアンコール。201834日に決まりました。

 

おかえりー!という呼びかけがあんなにうれしかったことはありません。京都に住んでいた24か月は人生の中の不思議な貴重な時間、

いま私は東京(のはずれ)に居るけれど、故郷が無いようでちゃんとある、ほんとうの故郷よりも故郷。そんな気持ちでもういちど京都に「帰りたい」と思います。

来年はデビュー30周年の年、平成も30年ときくとあ~、昭和に生まれ平成と共に歩んだ私。。。と感慨深いものが(笑)あります。何せいつも

いつでも時代と合ってない、派手派手バブル期のデビューだったものですから暗い、地味、と言われつづけてハッ!と気づけば30年。。。私個人は「暗くて」「地味な」音楽を作ったつもりはなく、そのつもりがない、ってところがまさしく時代と合ってない。

 

ん~でも時代って何ですかね?今生きてるこのいまが「時代」なんだとすれば、皆まごうかたなき「時代」を生きてるわけで。。。むしろ時代に左右されない、いつ聴いても「いま」であるものを作りたいと思ってきたし今もそう思ってやまない私ではあるのです。

 

おお何かライブのお知らせが「語り」モードに。。。どうか34日京都拾得でお目にかかれることを。共に時間を過ごせることを。共に歌えることを心から、心から希ってやまないのであります!

 

マゾビアに行きたいっ。

180105_031701_2

30周年記念ライブのお知らせをもうすぐ出来そうな予感。。。今少しお待ちくださいませね!(以下近況であります。)

『英雄ポロネーズ』を弾いててなんか楽しくて仕方無く、ミスタッチしてもガハハと笑ってよし、次行こう!みたいになってきた。以前はミスタッチを恐れて戦々恐々としながら弾いていたもんだったが。。。


デビュー30周年も感慨があるけれど、『英雄』を普通に弾いてる自分、が本当~に感慨深い(なんで14の時はザセツしてしまったんだろう?まぁ地道なクラシックの練習よりロックやポップに夢中になってしまったんだな要するに。。)。しかもポロネーズのリズムというものは。。。だの、


ポーランド=母国の誇りそのものの古い舞曲のリズムにショパン様が込めた想いとは、だの、


いや~フランスのピアニストの『英雄』はみんな綺麗だけどナンカもの足らない、綺麗に粋に弾きすぎててつまんない、それに日本の人はまるでベエトオヴェン(←表記は森茉莉先生の真似)の曲かのように勇猛果敢な『英雄』、にしてしまっている場合が多くてそれもちょっと違う気がする、



フランスとポーランド、父の国と母の国に引き裂かれたショパン様の、母なる大地への想いと2度とそこに戻ることが出来ないという矛盾、その激しい揺らぎはスラヴ系、あるいはヨーロッパ圏ではないラテン系のピアニストじゃないと表現出来ないのかもしれない、やっぱアルゲリッチの『英雄』やポーランドのウィトールド・マルクジンスキーの『英雄』が何といっても上手いと思う、


皆ラン・ランの悪口言うけどあの人の『英雄』はその「揺れ」を表現し得ていると思う、アジア系でありながらヨーロッパで生まれた音楽を演奏するという矛盾が、政情不安定なポーランドを追われてフランスに亡命したショパン様の精神の「揺れ」と響きあうのかもしれない、


とすると、民族と民族の血に、大地と大地に、国と国とに引き裂かれた経験の無い日本人がポロネーズやマズルカを「真に表現する」のは不可能、とは言えないまでも非常に、非常。。に難しいのではなかろうか?



優美なワルツやノクターン、パリの「サロン受け」を狙って書いた作品を皆んな(私も)好むけど、そのせいかショパン様、と言えばあま~く少女趣味、みたいなイメージさえあるけど、あれは所謂フランス語を喋る「表ショパン様」であって、


祖国のポーランド語を話すショパン様の真骨頂、であるところのポロネーズやマズルカ、民族に根差したリズムの、あの熱情と憂鬱の激しい揺れを、日本人は、私はどんなふうに表現すればいいのか?。。。


だのと、専門家が聞いたら吹き出しかねないようなゴタクを並べているのだから我ながらびっくりする。しかし幾分かは当たっていなくもないような気がするのである、そして私はポーランドのマゾビア地方(ショパン様の故郷、ワルシャワ中東部)に行きたくて、その空気を風土を感じたくて仕方が無いのである。

2018年1月 9日 (火)

「俵星玄蕃」とセダカの「ポップ」。

Photo_4
「おお、蕎麦屋かーッ!!」

お正月にテレビで三波春夫先生(面識あるワケ無いのにど~しても《先生》と呼びたくなってしまう人がいる、小林秀雄とか森茉莉とか堀文子とか)の『元禄名槍譜・俵星玄蕃』を初めてフルコーラス聴いて凄過ぎて圧倒された。あの身体がカーッ、となってドキドキしてくる感じ。。。まるでロックンロールじゃないか!と思った。


要は「声」と「リズム」なのだ、この興奮の震源地は。。。浪曲師から出発して「浪曲」と「歌謡」を結び付けてしまった、ということで言えば廣澤寅造よりある意味凄い。伝統文化とあらたな文化を接続させた、声とリズムという原始的/構造的な力で。


浪曲のなかでも歌謡の世界でも「迎合、異端」と言われることを恐れない、ところがまさにロックンロールだと私は思う。三波春夫先生のことを考えているとニール・セダカが浮かんで来て仕方無い。

Neilsedakaaliceinwonderland196313

非常に知的なソングライターにして、あの押し出しの強い華やかなヴォーカル。ジャズのコード進行をベースに'60年代のポップスにとって決定的な「アルドン転調」のスタイルを作り上げた豊かな学術性は「オールディーズ」の「歌手」、という名に隠れてともすれば見えなくなりそうだ。

そうそう、フィル・スペクターの評伝にも「ニール・セダカの健全で退屈な青春ポップス」みたいな描写があってがっかりしてしまう。アルドン・ミュージック時代の曲はどれもメロディックでリズミック、そして夢見るようにスウィート。後追い世代の私にとっては退屈どころか「ポップ」ってこういうことか!!と目を見張らされるような発見のある曲ばかりだ(この評伝じたいはすごく興味深い本であるが)。


ニール・セダカのどうにもこうにも華のあり過ぎる声と歌唱力は三波春夫先生のそれとダブる。世間に広く流布された「流行歌手」という仮面の向こうの、きわめて上質な知性と音楽性も。

あけましておめでとうございます!!

Dpp_41_originalsmall

。。。というごあいさつがちょと遅く感じるあきる野ニューイヤー、

スズキ@30周年を本年も、どうぞよろしくおねがいいたします!!

昨年末、パイドパイパー・ハウスにごあいさつ&お買い物をしにゆき、

長門さんがタワー・レコード最上階で開催されていたジョン・レノン展に誘ってくださいました。

171230_210701

171230_210702_2

ジョン・レノンって思想家ですよね、もちろん大スターで、ミュージシャンでもあるけど

その枠を超えてしまったというか。。。

存在としてはキング牧師とか、そういう方に近いんじゃないでしょうか。

そしてヨーコという人に出逢えてよかった、ほかの誰でもなくこの人だった。

いつも思うけれどあらためてそう感じました。

長門さん、どうもありがとうございました。

今年もどうぞよろしくおねがいいたします!

昨年のクリスマス・アルバム、大変御好評をいただき喜んでおります!

お聴きくださってほんとうにありがとうございました。さ~て今年は
どんなアイテムをお届けしようかとワクワクしております、が。そこに待つのは。。。

妥協はゆるされない大瀧さんのカバー&10年ぶりのオリジナルアルバム。。。

エルヴィスのGOD GIVE ME A MOUNTAINを歌いたくなるハードルの高さ!!

あれらしいですね、婚活とかでも(いきなりでスミマセン)、

年齢を経るごとに、現実に目覚めるどころか寧ろ理想は高くなる一方。。。

らしいですネ。大丈夫か?自分。。。オー、ゴッドギブミーマウンテン。。。

いや、今までもそんな自問自答は何度もあった気がする。でも

乗り越え(たのか?)乗り越え(られるのか??)やってきたではないか。。。と自分を励ます。いや楽しいしワクワクしてるんですけどね、いつも恐いんですよネ、

ライブも毎回そう。でも高~い山を設定しないと萌えない。。。いや燃えないのも

私のサガなのでがんばります、いやでも考え過ぎず行こうと思います、

全体を考えちゃうとウワ~無理。。。ってなるので、まず。。。1曲1曲の音像をかんがえるところから!

180107_170901_3


実はもう音像はわかっている、弦楽5重奏。ヴィオラが1本多い5重奏。軽やかさじゃなく重さを出したいのです。なんの曲かってまだひみつです!

2017年12月24日 (日)

12/16、そして12/20に

『ベアフォレストのクリスマス~in横浜日ノ出町』

於:試聴室その3

『Syoko Sings Laura Nyro&Christmas Favorites』

於:渋谷タワーレコード5F・パイドパイパーハウス

16日のセットリスト、最初に考えていたのはその場で結構変えてしまった上、リクエスト曲が錯綜して順番がわからない(涙)。。。

リクエストいただいたのは

あたらしい愛の詩

区役所に行こう

名前を呼んで

すべてはO・K

雪の夜に


う~ん、バラエティーに富んでいる上に年代もいろいろ、グッド・タイミング&素敵なリクエスト、本当にありがとうございました!一緒にライブを作っていただいたという感じ、


ライブっていつでも何処でも絶対そういう感じがあるけれど、この日は楽器の手違いがあった上に会場にゆくのが遅れてピアノのご機嫌も充分掴めなくて。。。


いつもだったら無いようなこと、でもやってしまったからにはそのまま行くしかない、そんな自分を助けてくれたのはほかの誰でもなく聴いてくださっている方なんですね。


この日斎藤哲夫さんの「悩み多き者よ」を初めて歌いました。1970年代前半に書かれた歌なのにまったく古くないどころか、まさに「いま」を歌っているとしか思えない。


「暗い歴史の影に埋もれてはいけない。/飾り気の世の中に埋もれてはいけない。」


この部分を歌うときまるで自分に言われているようでもあり言い聞かせているようでもあり。。。とにかく凄い曲です。宗教感なき国、と言われる日本にもこんなプロテスト・ソングがある。。それを歌えるだけで勇気が出るような気がします。



そしてこの3月に亡くなられたヴァレリー・カーターさんの「ウー・チャイルド」、すべてが良くなる日がくる、美しい太陽の光のなかを歩いて、わたしたちはたどり着く、出来なかったことが出来るようになる、ウー・チャイルド、わたしの頭がもっと軽くなった時。。。


これは希望の歌、希みの歌、美しく強いヴァレリーさんそのもののような歌だった。声やたたずまいのどこかにフラジルな脆さがかいまみえて、でもそれも大きな魅力だった。



リンキンパークのチェスター・ベニントン、サウンドガーデンのクリス・コーネル、トム・ペティ。。。アメリカって国で何か創造的なことをして生きるのは、弱さ脆さを当たり前に持っている人間にはタフ過ぎることだったのかもしれないとも思う、ジェームズ・テイラーが「ネヴァー・ダイ・ヤング」で歌っているように。。。


あの曲が大好きで最後のところでいつも泣いてしまうのだけど、


ーそうさ、彼らの心は砕かれ、夢は枯れ果ててしまったけれど、

その黄金の夢がいま船出する、船出してゆく


未だ見ぬ国の、未だ見ぬ空のもとへ。


ピーター・ゴールウェイさんもその素晴らしい新作で歌っている、

「芸術と商業、負けるのはいつも芸術。」


生きているニューヨークの空気を感じさせてくれる成熟した音の中の、いかにもアメリカの人らしい述懐。。。


今思うと私、ヒューストンでバイリンガル、になっていなくて本当に良かった。こんなタフ過ぎる思想を半分持って、英語っていう言語を使いこなして、同時に日本語喋る日本人であることの水圧よ。。。


5歳や6歳じゃなく14歳にもなっていた私には無理だった、両方を自分のものに出来る望みは殆ど無かった。たぶん音楽をやっていなかっただろう、もしふたつの母語を持つようになっていたら。



バイリンガルなんて凄~い、自分の中にふたつの文化があるなんて素敵っ♪。そんなイメージほど楽なことでは全然、まったく無い。文化の水圧に耐えうるタフさは誰しもが持っているものではない。




半年で帰ってきたのは正解だったのだと38年経って確信しました。「誰に、何に勝つつもりなんだ。人間は、決して勝ちません。ただ、負けないのだ。」



坂口安吾はそう書いた。私はアメリカの人じゃないから、芸術と商業、負けるのは芸術だと思っていない。生意気にも安吾の言葉を借りるなら「芸術は、決して勝ちません。ただ、負けないのだ。」



ピーターさんは曲の最後に繰り返している、「憧れは終わることが無い、希いは消えることが無い。」


ローラ・ニーロの「ニューヨーク・テンダベリー」の歌詞「あなた(ニューヨーク)は街みたいに見えるけれど、私にはまるで宗教のように感じられる。」


から取った「フィールズ・ライク・レリジョン」というタイトル通り、アルバムには祈りのような感情が流れている。あの国で生まれてあの国に暮らす人の音、私は半年しか暮らさなかったその国で生まれた音楽に説明出来ない深い深い愛着を感じる。エルヴィスのゴスペルやバディ・ホリーのロックンロール、リーバー&ストラーやフィル・スペクターのポップ、ロバート・ジョンソンのブルーズ。アメリカにおけるすべての芸事の起点は黒人にあり、黒人的なしるしをもっている、と誰かが書いていた、その刻印を自分の生理と官能を通して表現したローラ・ニーロは音楽「に」憧れた人ではない、音楽「が」彼女に憧れた。


それらアメリカの音楽は私のものではないのと同時に何よりも私のものであり、音楽と言うよりは空気の記憶と感触、10代の、まだ固まり切っていない耳に毎日入ってきた、聴こえてきた言葉であり音なのだ。


Piedcampusbagbadge2

アレッ??何を言いたかったんだっけか。。。12/16と、12/20に感じたことが一緒になってしまった!16日、そして20日にいらしてくださって本当にありがとうございました。どちらの日もライブをいっしょに「作って」くださったこと、本当に、本当にうれしかったです。

(←パイドパイパー・ハウスで購入した、レコードが入るサイズのキャンパス・バッグにすかさずベアフォレスト・レコーズのくまこ&くま吉バッジを装着♪。)

Piedcampusbagcd1_2


そして初心に帰って?はっぴぃえんどのファースト・通称「ゆでめん」とピーターさんの新作「Feels Like Religion/フィールズ・ライク・レリジョン」を購入、あぁ良い音楽ばっかりで嬉しい!!空気みたいに食物みたいにそれを摂取しないと生きてゆけない。






パイドパイパー・ハウスの長門芳郎さま、ベアフォレスト・フェアのチャンスを与えてくださって本当に、本当にありがとうございました。Small





ローラ・ニーロの曲を歌うという鬼の指令をいただかなかったら、シンコペーションについてこんなに深く考えることも、理解のとば口に立つことも絶。。。対にありませんでした。大事なことを教えてくださって感謝しきれない気持ちです。Small_2






リズムってものは生理であり同時に「構造」なのだということ。。。それは「新しい発見以上の」大きな発見でした。「解る」ってこんなに嬉しいことかと思う、だってずっと「リズム」の根幹にあるものが解らなかったから。。。





Misawasansyoko1small222_2


試聴室その3の三沢洋紀さま、時間に遅れてご迷惑おかけしてすみませんでした。本当にありがとうございました!4月にまた試聴室にゆけるのが楽しみです。おイヤでなければ三沢さんとまた歌わせてくださいませ!

えりさま、谷さま、平澤さま、いつもどうもありがとうございます。時間を間違えたり忘れものをしたり。。。いろいろと御迷惑をおかけしてしまう私ですが、どうかこれに呆れず、来年も何とぞよろしくおねがいいたします!


一年間本当にどうもありがとうございました!

May I wish YOU...



The very merriest of christmases&the happiest of new years,

AND THANK  YOU SO VERY MUCH for letting me spend this

CHRISTMAS WITH U!!!

Merry_christmas_from_bearforest_r_2

2017年12月19日 (火)

明日12/20,

明日12/20、渋谷タワーレコード5Fパイドパイパー・ハウスにて

『Syoko Sings Laura Nyro&Christmas Favorites』

19:30からはじまります!入場無料です♪。

クリスマスも近い渋谷、混雑していると思いますがどうか、

お気をつけていらしてくださいませね。See You There♪!

Img_0034

2017年12月17日 (日)

12/16試聴室その3!

Photo


『鈴木祥子最新録音集~北鎌倉駅/遠く去るもの(ファーラウェイ・ソング)』おかげさまでソールドアウトいたしました。

ほんとうにありがとうございました!!

再々プレスの予定はないのですが、収録曲はリミックスやバージョン違いで来年のオリジナル・アルバムに収録予定です。どうか楽しみになさっていてくださいませ。




12/16「ベアフォレストのクリスマス~in 横浜日ノ出町」にお越しいただき

ほんとうにありがとうございました!!曲書きと練習の日々を乗り切って、

セットリストなどまたアップいたしますネ。昨日はアガった(いつものことですが。。。)、

でも楽しかった。。。フェンダー・ローズのこと本当にごめんなさい、

雪辱戦?で4月くらいにまた試聴室その3に登場したいナ~などと

思っております。その時は横浜という場所柄、チャイナ服なんか着て

平野愛子や李香蘭を歌えたら。。。ナ~ンテ既に夢が拡がっているのです♪。

Misawasansyoko5small_4

«12/16㈯試聴室その3!

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ